出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×
  • 最新の読みもの
  • 人気の読みもの
top_bg_img03

ピックアップ

|

19.11.19

「カップ・オブ・エクセレンス」チャンピオンが生産する、ロースペシャルティという新しい選択肢

コーヒービジネスにおける第3の波「サードウェーブ」の到来以降、スペシャルティコーヒーがより一般的になってきました。「美味しいコーヒーを飲めること」が、カフェや飲食店への来店の目的であり他店舗と差別化するポイントにもなりうる存在感を持ち始めた今、カフェやコーヒーショップのような「コーヒーのプロ」がいない飲食店にとってもコーヒーのクオリティは無視できないものとなっています。そんな中、この日本でロースペシャルティグレードを扱うブランドが新しく生まれました。ブランド名は「CHAMPION'S STANDARD」。スペシャルティコーヒーの中でも世界最高峰の品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」に入賞する(87点以上)レベルはトップスペシャルティ、90点以上はトップオブトップスペシャルティと呼ばれ単にスペシャルティと言えどその品質は更に細分化することができます。「CHAMPION’S STANDARD」は84点程のスペシャルティコーヒーを扱うブランドです。今回はこの「CHAMPION'S STANDARD」について、ブランドを立ち上げられた能城さん、菊池さんにお話をお聞きしました。

top_bg_img03

ピックアップ

|

19.11.19

「カップ・オブ・エクセレンス」チャンピオンが生産する、ロースペシャルティという新しい選択肢

コーヒービジネスにおける第3の波「サードウェーブ」の到来以降、スペシャルティコーヒーがより一般的になってきました。「美味しいコーヒーを飲めること」が、カフェや飲食店への来店の目的であり他店舗と差別化するポイントにもなりうる存在感を持ち始めた今、カフェやコーヒーショップのような「コーヒーのプロ」がいない飲食店にとってもコーヒーのクオリティは無視できないものとなっています。そんな中、この日本でロースペシャルティグレードを扱うブランドが新しく生まれました。ブランド名は「CHAMPION'S STANDARD」。スペシャルティコーヒーの中でも世界最高峰の品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」に入賞する(87点以上)レベルはトップスペシャルティ、90点以上はトップオブトップスペシャルティと呼ばれ単にスペシャルティと言えどその品質は更に細分化することができます。「CHAMPION’S STANDARD」は84点程のスペシャルティコーヒーを扱うブランドです。今回はこの「CHAMPION'S STANDARD」について、ブランドを立ち上げられた能城さん、菊池さんにお話をお聞きしました。

top_bg_img03

ピックアップ

|

19.09.24

廃棄するパンの耳から生まれたクラフトビール“breadbeer”

日本ならではのクラフトビールカルチャーが盛り上がりを見せる昨今、業種を越えた様々なコラボレーションが生まれていることも魅力のひとつではないでしょうか。ブルワリー同士はもちろん、コーヒーや紅茶といったビールと同じように農産物から生まれるもの、また最近ではファッションブランドとのコラボレーションも増えてきています。そんな中、食品ロス削減というサステナブルなテーマからまた新しいビールが生まれました。その名も「bread beer」。製造元は長野県野沢温泉に醸造所をかまえる「AJBブルワリー(Anglo Japanese Brewing Company)」(以下 AJB)で、廃棄するはずだったパンの耳を原料にしてつくられているとのこと。パンの耳を提供しているのは六本木「ブリコラージュ」。フレンチの名店「レフェルヴェソンス」のオーナーシェフ・生江史伸さんがオーナーを務めるベーカリーカフェです。今回のプロジェクトは、そのブリコラージュとAJB、そしてゴミを出さない循環経済を提案する「530week」代表の中村元気さんという三者による共同プロジェクトとなっています。この環境にやさしいコラボレーションが一体どのような想いから生まれたのか、AJBでアシスタントブルワーを務める佐藤孝洋さんにお話をお聞きました。