Icon alertGoogle ChromeのアップデートによるAndroid端末の不具合について

コーヒー/ 103 POST

top_bg_img03

ピックアップ

|

19.11.19

「カップ・オブ・エクセレンス」チャンピオンが生産する、ロースペシャルティという新しい選択肢

コーヒービジネスにおける第3の波「サードウェーブ」の到来以降、スペシャルティコーヒーがより一般的になってきました。「美味しいコーヒーを飲めること」が、カフェや飲食店への来店の目的であり他店舗と差別化するポイントにもなりうる存在感を持ち始めた今、カフェやコーヒーショップのような「コーヒーのプロ」がいない飲食店にとってもコーヒーのクオリティは無視できないものとなっています。そんな中、この日本でロースペシャルティグレードを扱うブランドが新しく生まれました。ブランド名は「CHAMPION'S STANDARD」。スペシャルティコーヒーの中でも世界最高峰の品評会「カップ・オブ・エクセレンス(COE)」に入賞する(87点以上)レベルはトップスペシャルティ、90点以上はトップオブトップスペシャルティと呼ばれ単にスペシャルティと言えどその品質は更に細分化することができます。「CHAMPION’S STANDARD」は84点程のスペシャルティコーヒーを扱うブランドです。今回はこの「CHAMPION'S STANDARD」について、ブランドを立ち上げられた能城さん、菊池さんにお話をお聞きしました。

top_bg_img03

お店紹介

|

19.07.12

バスケがあって、あの日があって、AERUがある。 -前編-

「夫婦のお店」百人百様のストーリー。夫婦で営むお店には、その夫婦ならではの空気や味わいがある。同じ家で目を覚まし、同じお店で働き、同じ家に帰る。そんな風に人生を共に歩んでいる二人だからなのかもしれない。いろんな夫婦のカタチがあって、個々の性格も、二人の始まりも、向かう場所も、それぞれ違う。その違いがお店にじんわり沁みて、その夫婦にしかだせない色になる。そんな夫婦のお店っていいよね。今回は、コーヒーショップ・AERU COFFEE STOP(アエルコーヒーストップ)さん。赤羽岩淵の静かな住宅地にあり、地域の方々が明るく柔らかな空気が漂う店内でゆっくりとした時間を過ごしています。コーヒーだけでなく、自家製のホットサンドや焼き菓子も楽しめるついつい通いたくなるお店。お二人の出会いはワーキングホリデー。お金が底をつきかけながらも、休むことなくバリスタの勉強に明け暮れる日々を乗り越えてきた二人だからこそつくり上げることができた夫婦のお店について、前編と後編に分けてお届けします。<a href="https://kitchenbrothers.jp/articles/523132" target="_blank">後編はこちら</a>