出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

サスティナブル/ 5 POST

top_bg_img03

ピックアップ

|

19.09.24

廃棄するパンの耳から生まれたクラフトビール“breadbeer”

日本ならではのクラフトビールカルチャーが盛り上がりを見せる昨今、業種を越えた様々なコラボレーションが生まれていることも魅力のひとつではないでしょうか。ブルワリー同士はもちろん、コーヒーや紅茶といったビールと同じように農産物から生まれるもの、また最近ではファッションブランドとのコラボレーションも増えてきています。そんな中、食品ロス削減というサステナブルなテーマからまた新しいビールが生まれました。その名も「bread beer」。製造元は長野県野沢温泉に醸造所をかまえる「AJBブルワリー(Anglo Japanese Brewing Company)」(以下 AJB)で、廃棄するはずだったパンの耳を原料にしてつくられているとのこと。パンの耳を提供しているのは六本木「ブリコラージュ」。フレンチの名店「レフェルヴェソンス」のオーナーシェフ・生江史伸さんがオーナーを務めるベーカリーカフェです。今回のプロジェクトは、そのブリコラージュとAJB、そしてゴミを出さない循環経済を提案する「530week」代表の中村元気さんという三者による共同プロジェクトとなっています。この環境にやさしいコラボレーションが一体どのような想いから生まれたのか、AJBでアシスタントブルワーを務める佐藤孝洋さんにお話をお聞きました。