インタビュー/ 49 POST

top_bg_img03

お店紹介

|

20.05.22

目指すは馬喰町のダイナー。街に寄り添い続けた10年 -前編-

隅田川と神田川に挟まれ古くから問屋街として賑わってきた街、日本橋馬喰町。ここ数年は街の特徴を活かした再開発が進み、古いビルをリノベーションしたお店が増えてきたことで知られています。その背景から東京の東側はニューヨークのソーホーになぞらえて“日本のブルックリン”と呼ばれ、最近ではタコスで有名な北出食堂や、パン屋のBEAVER BREAD、そしてゲストハウスのCITANなど、魅力的なお店が軒を連ねる場所へと変化を遂げました。そんな街で10年以上明かりを灯し続けてきたのが、フクモリ。お店のコンセプトは「一人でも立ち寄れるカフェ兼定食屋」。山形の3旅館「亀や」「滝の湯」「葉山舘」による和食のノウハウと山形の食材を使った日替わり定食をメインとし、カフェ使いや仕事終わりに飲みに行けるような幅広いメニューを提供しています。3年続けば良しとされている飲食業界で、そして再開発で大きく変化してきた街の中で10年以上も多くのお客さんに愛され続けるフクモリについて、今回は前後編に分けてお届したいと思います。前編は、当時まだ問屋街の色合いを強く残した馬喰町をなぜ開業の地に選んだのか、そこにどういった出会いがあったのかについて、オーナー・小松裕行さんにお話をお聞きしました。

top_bg_img03

お店紹介

|

19.07.12

バスケがあって、あの日があって、AERUがある。 -前編-

「夫婦のお店」百人百様のストーリー。夫婦で営むお店には、その夫婦ならではの空気や味わいがある。同じ家で目を覚まし、同じお店で働き、同じ家に帰る。そんな風に人生を共に歩んでいる二人だからなのかもしれない。いろんな夫婦のカタチがあって、個々の性格も、二人の始まりも、向かう場所も、それぞれ違う。その違いがお店にじんわり沁みて、その夫婦にしかだせない色になる。そんな夫婦のお店っていいよね。今回は、コーヒーショップ・AERU COFFEE STOP(アエルコーヒーストップ)さん。赤羽岩淵の静かな住宅地にあり、地域の方々が明るく柔らかな空気が漂う店内でゆっくりとした時間を過ごしています。コーヒーだけでなく、自家製のホットサンドや焼き菓子も楽しめるついつい通いたくなるお店。お二人の出会いはワーキングホリデー。お金が底をつきかけながらも、休むことなくバリスタの勉強に明け暮れる日々を乗り越えてきた二人だからこそつくり上げることができた夫婦のお店について、前編と後編に分けてお届けします。<a href="https://kitchenbrothers.jp/articles/523132" target="_blank">後編はこちら</a>