"飲料"

  • おすすめの商品(67)

飲料

モークチョコレート株式会社

私達「Mörk Chocolate(モークチョコレート)」は、From Bean To CupをテーマとしたALL NATURALのスペシャルティホットチョコレートブランドです。製品のベースとして、シングルオリジンのカカオパウダーとGIの低いココナッツブロッサムシュガーを使用しております。オリジナルダークでは、100%カカオマスを加えることでストーンフルーツやアーモンドのようなテイストを感じていただけます。オーストラリア・メルボルンで、ショコラティエとバリスタのオーナーが、スペシャルティコーヒーが広がりトレサビリティについても理解されてきているなか、スペシャルティのホットチョコレートが無いことに驚き、エシカルなホットチョコレート産業を築きたいという思いで2012年に創業しました。 「Mörk」とはスウェーデン語であり、「Dark」という意味です。創業当時は、オーストラリアでは、ホットチョコレートは子供のドリンクと認知されており、カカオ30%〜40%の甘い風味が主流でしたが、私達は70%のカカオブレンドを商品化しました。本製品は、ほんの少しの甘みとシングルオリジンのカカオの風味だけです。 従来のイメージとは異なり甘くないチョコレートですが、スペシャルティコーヒーを理解されているバリスタ達により、チョコレートも同様であると認識され、モークホットチョコレートは、カフェのドリンクメニューとして浸透されていきました。 そして、現在ではオーストラリアだけなくイギリス、アメリカそして日本へと展開して成長しています。 日本でもスペシャルティホットチョコレートを楽しんでいただけたら幸いです。 ※初回購入をご検討されている企業様へ※ お手数ですが、一度弊社へご連絡をお願いいたします。 ご使用方法についてご説明させていただきます。 ご了承いただいた上でのご購入をお願いいたします。 チャットページもしくはjapan@morkchocolate.jpまでお問合せください。

調味料 / 加工食品 / ソース・シロップ / 米・雑穀 / 菓子 / 卵 / 飲料

しまんと百笑かんぱに

皆様に高知・四万十のイイモノをお届けします。 自然にさからわず旬の食材に手をかけることを惜しまずに作られた昔ながらの「食」。 おいしくて、安心できる自然のもの。自然に優しくここ四万十をより豊かにするもの。 日本最後の清流四万十川の豊かな自然に育まれた[天然食]をご紹介させて頂きます。 四万十は日本最後の清流と呼ばれる四万十川が流れる緑豊かな地で、 四万十川は豊富な川の幸や青のりの産地としても知られている。 日本でも数少ない天然のウナギや鮎、テナガエビなどが獲れ、いずれも味や食感がたまらない。 グルメが濃厚に楽しめる、実に“おいしい地域”なのです。 そんな地で「地域の情報を集め、商品を作り、販売する。 地域の人たちの思いと地域の商品をつなぐ『田舎商社』」として誕生した 「しまんと百笑(どめき)かんぱに株式会社」。 これぞニッポンの味!を実現した他にはない味と香りの豊かなだし醤油やだし酢、 振り掛けるだけの鰹だしパウダー、粉状のドレッシングなど、どこにも無い自慢の調味料や 山奥でのみ収穫可能な、しまんとのお米 ヒノヒカリ等をお届けいたします。

飲料 / 茶

株式会社はなはな

5つのこだわり 1、沖縄県宮古島市の推奨を受け宮古島産あかばなぁを収穫して使用しております。 2、手摘みの花弁は丁寧に乾燥させ、美しい紅色のエキスを抽出します。 3、名護の銘水をブランドすることで口当たりのまろやかさを実現しております。 4、収穫できるお花の量が限られているため、大変希少なハーブエキス 5、着色料、保存料を使用しておりません。安全・安心してお飲みいただけます。 知られざる「あかばなぁ」の秘密 沖縄に咲く真紅の花ハイビスカスは、地元の人々に“あかばなぁ”と呼ばれ親しまれています。 しかしそのあかばなぁが、沖縄固有の希少種であることは、あまり知られていません。 そのあかばなぁの成分特性が、琉球大学農学部砂川勝徳教授の研究解析により明らかになりました。 それは、ポリフェノールの含有量がずば抜けて高い、という事実です。(100g中3.6gで、ブルーベリーの15倍以上) ポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、コレステロールを低下、高血圧を予防するといわれている機能性成分です。 あかばなぁはその他にも、βカロテンやビタミンA,E、必須アミノ酸のグルタミン酸、カルシュウムやマグネシュウムのミネラル成分などを豊富に含んでいることも解析結果に出ています。 沖縄の地、人々の身近に咲くハイビスカスあかばなぁは、健康維持増進に効果をもたらす、すばらしいポテンシャルを秘めていたのです。

飲料

山燕庵

山燕庵(さんえんあん)は、平成20年3月に設立された農業生産法人です。 自然循環型の農法で安全と美味しさを追求した農産物を生産しています。2005年から福島県南部の東白川郡鮫川村で農産物の生産を開始しました。現在では主な生産拠点を石川県能登半島にも設けています。 企業名:株式会社 山燕庵(さんえんあん) 設立:2008年 事業内容:野菜の生産、加工、販売事業 :鮫川村ファーム  本社所在地:福島県東白川郡鮫川村大字赤坂西の字寅卯平5-5 :能登半島ファーム:石川県羽咋郡志賀町末畷72 【経営理念】 〜アグリアートを世界に広める〜 アグリアートとは、自然と人の循環から生まれる愛のある食を取り入れたライフスタイルのこと。山燕庵は自然循環型の農法で人と自然が永続的に共存できるエシカルな生き方を提案します。 【役割】 〜都市生活と農村生活の融合〜 時代に即した農産物の消費方法を理解し、移り変わりの早い都市的な生き方に柔軟に対応した農産物の提案をし続けます。それこそがこれからの農業のもつ力を高めると考えています。 【目標】 〜都会と農村の人々が農業を通じたコミュニティを形成しお互いを永続的に発展させる社会を実現する〜 都会の人が、農産地に行く。農産地の人が、都会に行く。実際に人が行動する事をまず第一に大切にしたいと考えています。そのために、ネットメディアを十分に活用し、日常的に農家と都会の人々のコミュニケーションを適切な形で行うことを心がけています。 (株)山燕庵 杉原晋一

調味料 / 飲料 / 米・雑穀

たまな商店

私たちたまな商店は「人と大地をすこやかに」のスローガンの下、 ・食で日本を変えよう! ・食べもので人を健康にしよう! ・農家さんがやりがいを持って農業を続けられるようにしよう! という環境づくりに務めています。 私たちの会社は、和歌山県白浜町にあります。豊かな自然が広がり、数多くの農産物や魚介類の恩恵が受けられる恵まれた環境です。 白浜町だけでなく全国に素晴らしい場所は沢山あるのですが、残念ながらそのほとんどが産業が成り立たず過疎化してしまっています。 日本の家庭の食生活・環境も大きく変わりました。年々お米の消費量も減っています。 昔ながらの健やかな食生活から離れて、人の健康の礎である食事をないがしろにして、ジャンクフードを好み、薬やサプリメントに頼る食生活になっています。 私たちが目指すものは、もっと安心・安全な食材をきちんと食べよう。もう少し食事にお金をかけよう。と思う人を増やしたい。そう思う人が増えることで、 ・農作物に見合う正当な対価を、消費者が当たり前のように差し出せる社会 ・農家さんが、これからも胸を張ってまじめに農業を続けよう、と思える社会 に変えていくことができると考えています。 単なる「おいしい」の一歩先へ。 あなたの日々の一食一食が、日本のまじめな農家さんへの支援に繋がるように、私たちが間に立ち「すこやかな食」の提案をいたします。