"茶"

  • おすすめの商品(397)

紅茶 / 茶

Kericho Gold - 株式会社SKYAH

<<新型コロナの影響を受け、ケニアから日本への貨物輸送が滞っておりましたが、6月3日、再入荷いたしました!>> 【ケニア発プレミアムティーブランド“Kericho Gold”】 ケニア発プレミアムティーブランド”Kericho Gold”(ケリチョー・ゴールド)は、アフリカ各国の厳選素材を用いて、様々なフレーバーの紅茶・ハーブティーを生産しています。 植民地時代から、ケニアは茶葉を原材料として輸出してきましたが、メーカーのGold Crown社創業者の“ブレンディングからパッケージングまで最終商品化した、アフリカ発のティーブランドを育てたい”という想いから、Kericho Goldが誕生しました。 【深呼吸したくなる、白砂糖のような味わい】 Kericho Goldが一番最初に世に送り出した商品“ピュアケニアティー”は、ケニア産紅茶100%の贅沢な一品。飲みやすく心地よい渋みと芳醇なコクが楽しめる紅茶は、雑味のない透明感のある甘味で、まるで白砂糖のような味わいです。すぅーっと深呼吸したくなるような、濃厚な一杯。ティーテイスターが一つ一つ厳選したケニア産の茶葉は、自信をもって最高級と言える品質のものです。 【アフリカ各地の厳選素材が生み出すティー】 Kericho Goldは、アフリカ各地から厳選された素材を調達し、ケニアでブディング・パッケージングしています。紅茶の他にも、フレーバーティー、フルーツティー、ハーブティーなど各種取り揃えております。フェアトレード商品、カフェインフリーティーの扱いもございます。

チョコレート / コーヒー / 茶

MEILI COFFEE

「台湾産」コーヒー豆・カカオ・台湾茶などの台湾の厳選商品の販売。 ★★★台湾産原料の紹介を始めたきっかけ★★★ 初めて台湾に訪れたのは4年前です。初めての台湾は旅行ではなく、農業体験をするためでした。 台湾の第一産業は非常に発達しているという事を知り、実際にこの目で見て知りたいと思ったからです。 農家生活は初めての体験でした。 早朝5時に起床、昼の最も暑くなる時間まで外で農作業をし、1時間の休憩後、4時頃に仕事を終えるような生活でした。 3ヶ月間、真夏の暑さの中毎日農業をするのは非常に大変でしたが、 その中で気づいたのは、台湾では自然農法や有機農法で野菜や果物を育てている事が多く、オーガニックの徹底ぶりは感心するほどでした。 また台湾人の仕事ぶりも非常に真面目で素晴らしいと感じました。 輸出入の方法が分からなかったり、資金がなかったため、1度商社で働きノウハウを身につけようと決め帰国しました。 商社勤務しながら、連休になれば台湾に行きました。 そんな生活を繰り返しながら気づいたのは台湾産の農産物の品質の高さと台湾産原料の輸出量が非常に少ないということでした。 品質の高い台湾原料が市場に出回ることなく、衰退してしまうのは勿体ないと思い日本に台湾原料を広めようと決めました。 皆様に台湾産農産物の美味しさを知ってもらうため何とか価格を抑えて販売できる様にしたいと思います。 よろしくお願いいたします。

茶 / 雑貨 / 消耗品・包材

NODOKA

ニューヨークで創設された、オーガニック日本茶パウダー専門ブランドのNODOKA。 東京で生まれ育った洪 秀日(ホン スイル)の「本物の日本茶を海外へ伝えたい」という想いから生まれました。 NODOKA(ノドカ)はお茶をまるごと「食べる」ことが出来るオーガニック日本茶パウダーです。 安心して簡単にそして美味しく味わえるオーガニック日本茶パウダー。 一切の化学肥料をしようせず、無農薬有機栽培で育てられた100%国産茶葉をぜいたくまるごとパウダーにしました。粉末加工することで上質な茶葉本来の美味しさ、栄養成分を余すことなく楽しむことができます。 食べられるほど上質なこの日本茶パウダーには生産者のこだわりとNODOKAの技術がつまっています。 こだわり抜いて作られる茶葉は、目が覚めるような透き通る美味しさです。決して強く主張しすぎない、爽やかで優しい味。まるで体の細胞が喜んでいるような感覚を覚えます。 何度も試行錯誤を重ねて、独自のきめ細かな粉末に仕上げました。 のど越しが良く水に混ざりやすく沈殿しにくくなりました。 パウダー状なので飲んで楽しむだけでなく溶いて料理に使ったりお菓子に入れたり、自由な発想で楽しみ方は無限大です。レシピはホームページにて公開しています。 日本と海外、伝統と革新、そして消費者と作り手がつながることにより新しい喜び、可能性が生まれると信じています。 ぜひご一緒に伝統ある日本茶に新しい価値観をつけ、様々な楽しみ方や魅力を広めていければ嬉しいです。 2016年 米国・ラスベガスで開かれたWorld Tea ExpoにてNew Productファイナリストに選出。 2017年 GOOD DESIGN AWARD 受賞

紅茶 / 茶 / 消耗品・包材 / 器具・マシン / 雑貨 / 調味料 / ソース・シロップ

Artoftea(アートオブティー)

「五感で楽しむ本格派オーガニックプレミアムティー」 ART OF TEAは、世界をリードする斬新でヘルシーな食文化が広がるアメリカ西海岸ロサンゼルス発のブランドです。 世界中から厳選されたオーガニックの茶葉やボタニカルを中心にハンドブレンドして作られた最高級のお茶は、World Tea Expoにおいても数々の賞を受賞し、お洒落なカフェ、五つ星ホテルやSPAGO等有名レストラン等にて愛飲されています。またデザートティーというカテゴリーを初めてつくったことでも知られています。 有機JAS認証を取得しています。 創業者ステイーブシュワルツ ブレンドについて 「僕は才能が沢山あるわけではないけれど、一つ才能言えるものがあるんだ。それはアロマ、香りについての記憶がいいということ。楽器を演奏する人や作曲家が、与えられたイメージを、音符にして、曲を書き上げることができるように、僕は与えられたイメージから、様々な植物や茶葉を組みあわせて、香りを創り出すことができるんだ。シャターズオンザビーチの場合もホテルのテーマとなる香りを嗅いで、カモミール, オーツ麦、海草やその他の要素に分解して、それにマッチするものをいくつかの植物や茶葉でブレンドして、一回のトライアルで作り上げたんだ。デザートティーについても同様で、ロサンゼルスのクリエイティブなシェフ達と作り上げてきたんだ。ブレンドに誇りを持てるのは本当に素晴らしいことで嬉しく思っているよ。」

飲料 / 茶

株式会社はなはな

5つのこだわり 1、沖縄県宮古島市の推奨を受け宮古島産あかばなぁを収穫して使用しております。 2、手摘みの花弁は丁寧に乾燥させ、美しい紅色のエキスを抽出します。 3、名護の銘水をブランドすることで口当たりのまろやかさを実現しております。 4、収穫できるお花の量が限られているため、大変希少なハーブエキス 5、着色料、保存料を使用しておりません。安全・安心してお飲みいただけます。 知られざる「あかばなぁ」の秘密 沖縄に咲く真紅の花ハイビスカスは、地元の人々に“あかばなぁ”と呼ばれ親しまれています。 しかしそのあかばなぁが、沖縄固有の希少種であることは、あまり知られていません。 そのあかばなぁの成分特性が、琉球大学農学部砂川勝徳教授の研究解析により明らかになりました。 それは、ポリフェノールの含有量がずば抜けて高い、という事実です。(100g中3.6gで、ブルーベリーの15倍以上) ポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、コレステロールを低下、高血圧を予防するといわれている機能性成分です。 あかばなぁはその他にも、βカロテンやビタミンA,E、必須アミノ酸のグルタミン酸、カルシュウムやマグネシュウムのミネラル成分などを豊富に含んでいることも解析結果に出ています。 沖縄の地、人々の身近に咲くハイビスカスあかばなぁは、健康維持増進に効果をもたらす、すばらしいポテンシャルを秘めていたのです。

紅茶 / 茶

森内茶農園

森内茶農園は江戸時代から続く茶どころ静岡の9代目の茶農家です。 夫婦で管理をした茶畑の新芽を摘み取り、自宅の工場でお茶を作り栽培から製造まで手塩に掛けたわが子のようなお茶をお客様に直接お届しています。 混ぜることなく作られたお茶は、この地の風や土地、自然の恵みを受けたシングルオリジンとして香りや味をお楽しみいただけます。 ◆エコファーマーの認可を取得◆ 肥料は有機率80%以上の自家配合肥料を使用し、農薬散布は通常栽培の半分以下にとどめ、環境に配慮し持続可能な農業を実践しています。(一部農薬・化学肥料不使用茶園あり)自分の子供たちにも安心して飲ませることのできるお茶作りをしています。 ◆13以上の品種を栽培し、手揉み茶、手摘み煎茶、品種茶、烏龍茶、紅茶など品種の特性をいかした一般市場には出回らない多種多様なお茶をお届けしています。 各種品評会にも多数入賞し、し好品としてのお茶を楽しむ提案をしています。  世界銘茶品評会 金賞、世界緑茶コンテスト金賞他、O-CHAフロンティアコンテスト金賞他、全国茶品評会 入賞複数、全国茶手揉み技術競技会 優勝 その他   ◆掲載書籍:日本茶の基本、日本茶、日本茶の基礎知識、日本茶の事典、厳選日本茶手帖など多数   ◆資格:手揉師範、日本茶インストラクター、日本茶インストラクターリーダー、日本茶アドバイザー養成スクール講師、茶育指導士 ◆販売だけではなく、お茶のプロデュースや淹れ方、ペアリング、レシピの提案などもさせていただきます。

茶 / 雑貨

KiKi千住東の家

私たち暮らし方をデザインする夫婦ユニットKiKiは、食後、デスクワーク、晩酌など 暮らしの様々なシーンに合わせ、味わい・香り・淹れ方等を設計した「時をつくるお茶」を製造・販売しています。 お茶を飲むことで生まれる時間を楽しんで頂くための商品になっております。 【KiKi(キキ)とは】 暮らし方をデザインする夫婦ユニット。 高木と木皿、2つのKiからできています。 衣食住。ハレとケ。 暮らしの中の様々なことにまつわる違和感や欲求をひとつひとつ考え直し、自分たちの手で新しく作り直していくことを大事にしています。 東京・北千住の築90年物件をセルフリノベーションし、2018年より「KiKi千住東の家」として運営。 展示会、ポップアップストア、暮らしにまつわるワークショップ等を企画。 2020年には「KiKi千住東の家」内に日本茶喫茶&ノンアルバー「暮らしの茶寮」をオープン。 【時をつくるお茶とは】 今のライフスタイルに合うお茶って何だろう? お茶が大好きな「暮らし方デザインユニット KiKi」が注目したのは、お茶が作り出す豊かな時間です。 現代に生きる私たちの暮らしの中でも、お茶がもっと活躍してくれるはず! そんな想いから、生活のシーンにぴったり合うお茶の研究を始めました。 静岡県富士市で代々良質な茶作りを続けている茶師 五代目 本多茂兵衛さんとの共同開発により、FUU・SUISUI・GEKKOという個性的な3つの「時をつくるお茶」が完成しました。 さあ、あなたの暮らしにもお茶というパートナーを加えてみませんか?