ナッツ・ドライフルーツを取り扱う卸業者一覧 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ナッツ・ドライフルーツ

KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く

ナッツ・ドライフルーツカテゴリの卸業者・商品

卸業者
商品

並び替え:

こだわり条件:

ながさきミュージアムのオーナー画像

ながさきミュージアム

加工食品 / ソース・シロップ / / ナッツ・ドライフルーツ / 調味料 / 米・雑穀 / 紅茶

 私たちが目指すのは、畑の匂いや温もりのある貴店だけのメニュー作りのお手伝いです。  日本各地にある小さな生産者の小さな作物。そのどれもが、作り手の想いやストーリーが詰まった特別なものです。  その全部を集めることはできないけれど、自分達のふるさとである長崎県のものはたくさん集めることができました。  代表の江口は長年福岡市でカフェマネージャーとして勤めた後、「農家さんと直接関わり、本物を提供したい」「仕入れルートがないなら自分で作ろう」と考え2016年10月事業開始。  2018年12月にはショップ&カフェ『BORDERLESS LOUNGE』も開業し、今では80社(個人・団体含む)の作り手達から商品を託されております。  そうした中から選りすぐりのものを、今回こちらのKITCHEN BROTHERS様にご紹介させて頂いております。  長崎の風土や伝統で育まれた商品から、若手生産者による新しい挑戦まで。  産地・栽培方法・生産者名やそのお人柄のみならず業務用ロットの作成やメニュー提案にもご協力できればと考えております。  また掲載商品は料理やドリンクの材料としてでなく、店内販売商品としてもご検討ください。貴店のこだわりイメージ作りの一助となればと存じます。    ながさきミュージアムは、生産者と飲食店、そしてお客様をつなぎ「美味しいでしょ?」「美味しいね!」の笑顔の博物館になれればと思っています。

全国配送
翌日出荷
小ロット対応
オリジナル商品開発
NOOKS FOODSのオーナー画像

NOOKS FOODS

パン・シリアル / ナッツ・ドライフルーツ

私たちは、オーガニックの食材や安心して口にできる素材を使い、美味しい商品づくりを目指しています。 フレーバーナッツを中心にドライフルーツ、グラノーラなどをご用意しております。 ひとつひとつ丁寧に手作りしており、市販のナッツと比較してもロースト時間から全く異なります。ローストはその日の温度や湿度に神経を配り、こだわりの焼き方で仕上げています。 私たちは美味しいものを目指しています。その味は世界屈指のラグジュアリーホテルにも認められております。数人で運営している完全にインディペンデントの小さい会社でかつ、無名である私たちが、決して最新の設備とは言えないオーブン4台を駆使し、一流のサービスを提供している5つ星ホテルからオーダーを受けていることは私たちにとって自信となっています。 不器用なほど真面目に日々製造しています。小ロットからでも構いません、ノベルティでの使用など、ご関心のあられる企業様お気軽にご相談ください。 ※お取引にあたってのお願い。 以下の販売はご遠慮いただいております。 ・アマゾン、楽天、その他外部ECサイトによる販売。(自社ECでの販売は可能です) ・上代の変更。 ・弊社商品の詰め替えによる転売。 【これまでの主な取引実績】 ・東京日本橋の5つ星ホテルのオリジナルグラノーラ(現在オリジナルフレーバーOEMはお受けできかねます) ・東京赤坂5つ星ホテルのルームサービス商品(スモークナッツ)、朝食(きな粉グラノーラ他) ・2020年9月にオープンした東京虎ノ門のラグジュアリーホテル ・南青山に日本本社のあるドイツ発メンズブランドのノベルティ ・国内最大手航空会社のギフト掲載 ・伊勢丹新宿本店に常設店舗出店  雑誌掲載実績(すべて無償) ・VOGUE wedding  ・GINZA  ・FUDGE  ・CLUEL  ・ar magazine  ・Fine  ・25ans  ・MEN'S NON-NO ・CLASSY Wedding  ・ Dr. クロワッサン ・& Premium ・OZ magazine ・ぴあMOOK 東京ひとり散歩 ・メトロミニッツ ・イオン会報誌 mom ・ ウェブ ・WWD ・NIKKEI STYLE ・Time Out Tokyo 他

全国配送
小ロット対応
サンプル請求
Lepoのオーナー画像

Lepo

菓子 / パン・シリアル / ソース・シロップ / ナッツ・ドライフルーツ

はじめまして。 わたしたちは九州、熊本で、 大豆やナッツのおやつを製造、販売しております、レポと申します。 レポは、我が子の難病からはじまったおやつ工房です。 当時、医師に治らないと告知を受けた我が子でしたが、 添加物の摂取を極力抑え、自然のたべもの達の力を借り、 なんと、医師に「奇跡だ」といわれるまで回復することが出来ました。 その子は、今では他の人と同じように暮らせています。 つらい闘病生活の中でわたしたちが学んだこと。 それは薬の有難みでも、検査の有効性でもなく、 無添加の重要性、そして豆食の素晴らしさでした。 元来、日本人は、 この”豆”を暮らしにうまく取り入れ、役立ててきた民族です。 豆はタネであり、生命のみなもと。 そしてなにより、日本人のからだにとても合った食材です。 この生命力あふれるお豆でおいしいおやつをつくったら… そんな想いでわたしたちレポは始まりました。 レポのおやつは、 おいしくて笑顔になれる、そんなものをご提供したいと考えています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ∞『coronte』のご紹介∞ サクサクとした食感でありながら 膨張剤まで完全に無添加の coronte は、 2017年よりLepo独自で研究と開発を続け、 2019年完成したレポだけの商品です。 ここでは、職人がその日の気温や湿度に合わせて、 微妙な調整をしながら心を込めて焼き上げ、製造しています。 無添加だけどおいしい!を実現したcoronte みなさまに元気と、やさしい魔法をおとどけいたします。

サンプル請求
全国配送
小ロット対応
オリジナル商品開発
NATURE THINGのオーナー画像

NATURE THING

菓子 / 加工食品 / 飲料 / チョコレート / 調味料 / 野菜・果物 / ナッツ・ドライフルーツ

【NATURE THINGのコンセプト】 NATURE THINGは、自然の素材そのもの(=ホールフード)を、 いつでも、どこでも、美味しく食べられるナチュラルフードブランドです。 自然な食べ物を、自然のバランスで食べられるように、 私たちの使用する原材料は、もともとの素材のかたちがはっきりと目に浮かぶもの。 ホールフードで驚きを。ホールフードで喜びを。 あなたの好奇心を刺激する、ちょっと変わった面白い食をお届けします。 【NATURE THINGのポリシー】 ・原材料の姿かたちがはっきりと目に浮かぶものだけを使用します。 ・ホールフードをベースにした、極力加工や精製をしていないシンプルな素材を使用します。 ・添加物や砂糖は基本的には使用しません。使用する場合は最低限に。 ・自分のこどもに食べさせたいものだけを作ります。 ・日本、そして世界の食文化を尊重し、その価値や歴史を伝えていきます。 【私たちについて】 30代初めの頃に私たちが暮らしたメルボルンには数多くの自然食品店がありました。 売り場には彩り豊かなオーガニックの野菜や、個性溢れる小規模な食品メーカーの自然食品が並び、 一目惚れするようなパッケージや、面白いアイディアの食品を一つ一つ試していくことは本当に楽しいことでした。 そんなワクワクを、日本人が楽しめる素材や製法で、日本でも広めていきたい! そう思ったらあとは「行動あるのみ」で立ち上げたのが、NATURE THINGというブランドの始まりです。 私たちはまだ日本ではあまり知られていない素材や、 昔からある素材の意外な組み合わせでワクワクを生み出します。 小さなメーカーですから、できることは限られます。 だからこそ、創意工夫を凝らし、ブリコラージュの精神でものづくりをしています。 できるだけ素材そのものの形で、できるだけシンプルな製法で。 それは、温故知新ということなのかもしれません。

サンプル請求
全国配送
小ロット対応
オリジナル商品開発
藤野良品店のオーナー画像

藤野良品店

ナッツ・ドライフルーツ

神奈川県と山梨県の県境、旧藤野町(相模原市緑区)に移住した、 子育て中の母でもある代表者が立ち上げた小さなお店です。<br><br> 藤野良品店が扱うドライフルーツの製造元、Matoborwa(マトボルワ)社は、 代表の夫が従事していたJICA(国際協力機構)のプロジェクトが母体になって設立されました。<br><br> 同社のドライフルーツ販売を後押ししようと日本で立ち上げたのが藤野良品店です。ドライフルーツの現パッケージは、藤野良品店が企画し、藤野のアーティストによって形になりました。<br><br> 藤野良品店では、Matoborwa社のドライフルーツを輸入・販売するほか、タンザニアのKokoa Kamili(ココアカミリ)の有機カカオ豆で作ったbean to barチョコレートの製造・販売、キリマンジャロ山の麓で採取された希少な針なしミツバチのはちみつも販売しています。<br><br> 【Matoborwa社について】<br> Matoborwa社は、茨城の干しいもメーカー、照沼勝一商店などが出資して2014年にタンザニアで設立された日系企業です。工場があるドドマは、タンザニア各地に広がるドライフルーツ産地の中心。標高が高く(約1,100m)、気候は乾燥していて、ドライフルーツづくりに最適な場所です。<br><br> Matoborwa社のドドマ工場では、照沼勝一商店で修行した日本人工場長が衛星・品質管理を徹底。トレーニングを受けたタンザニア人スタッフが日本基準に沿った製品づくりをしています。<br><br> Matoborwa社のドライフルーツは日本市場に先立ち、タンザニア国内のスーパーや土産物店など約40店舗で販売されており、人気の定番商品になっています。<br><br> 現地には日本人が常駐していますので、商品仕様やパッケージなど、ご要望に応じて変更可能ですのでお気軽にお問い合わせください。<br><br> ※藤野良品店のHP<a href="https://www.fujinoryohinten.com/ <br> ※藤野良品店のフェイスブックページ<a href="https://www.facebook.com/fujinoryohinten/ <br>

サンプル請求
全国配送
オリジナル商品開発

1

2 page

こちらの記事もおすすめ