飲料を取り扱う卸業者一覧 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

飲料カテゴリの卸業者・商品

卸業者
商品

並び替え:

こだわり条件:

Kia Ora Organicsのオーナー画像

Kia Ora Organics

飲料

Kia Ora!! Kia Ora (キアオラ)は、ニュージーランドの先住民マオリ族が挨拶に使う言葉で、日本語では「やぁ」、英語では「Hi」の意です。 Kia Ora Organicsは、ニュージーランドなどから天然・有機素材にこだわった商品との「出会い」をお手伝いし、皆様にオーガニック商品をより身近に感じていただけるよう、取組んで参ります。 さぁ、Kia Ora Organicsとオーガニック生活をはじめませんか。 【クラフトソーダ・ツイストキャップご説明】 ① 冷やしていただくとより一層おいしく召し上がっていただけます。 ② 果汁分が沈殿しておりますので、お召し上がり直前にボトルを逆さにしていただくなどして撹拌してください。 ③ 開栓は、反時計まわりに回して手で開ける、ツイストキャップになっております。栓抜きは不要です。 ④王冠ですが、手で開栓出来るので、お客様の前でのパフォーマンスにもなります。 ⑤ボトルもオシャレですので、そのままストローをさしてお飲みください。 オーガニッククラフトソーダ各種は、ボトルのポップさに目が行きますが、テイストにこそ特徴があります。 有機栽培果実の濃厚で爽やかなテイストを女性にも飲みやすい微炭酸で仕上げています。

サンプル請求
全国配送
モークチョコレート株式会社のオーナー画像

モークチョコレート株式会社

飲料

私達「Mörk Chocolate(モークチョコレート)」は、From Bean To CupをテーマとしたALL NATURALのスペシャルティホットチョコレートブランドです。製品のベースとして、シングルオリジンのカカオパウダーとGIの低いココナッツブロッサムシュガーを使用しております。オリジナルダークでは、100%カカオマスを加えることでストーンフルーツやアーモンドのようなテイストを感じていただけます。オーストラリア・メルボルンで、ショコラティエとバリスタのオーナーが、スペシャルティコーヒーが広がりトレサビリティについても理解されてきているなか、スペシャルティのホットチョコレートが無いことに驚き、エシカルなホットチョコレート産業を築きたいという思いで2012年に創業しました。 「Mörk」とはスウェーデン語であり、「Dark」という意味です。創業当時は、オーストラリアでは、ホットチョコレートは子供のドリンクと認知されており、カカオ30%〜40%の甘い風味が主流でしたが、私達は70%のカカオブレンドを商品化しました。本製品は、ほんの少しの甘みとシングルオリジンのカカオの風味だけです。 従来のイメージとは異なり甘くないチョコレートですが、スペシャルティコーヒーを理解されているバリスタ達により、チョコレートも同様であると認識され、モークホットチョコレートは、カフェのドリンクメニューとして浸透されていきました。 そして、現在ではオーストラリアだけなくイギリス、アメリカそして日本へと展開して成長しています。 日本でもスペシャルティホットチョコレートを楽しんでいただけたら幸いです。 ※初回購入をご検討されている企業様へ※ 弊社製品はエシカルを目指しております。ご賛同いただけます企業様をお待ちしております。 場合によっては、お取引をお断りさせていただくことがございますことご了承ください。 下記の3つ内容をチャットページからご連絡お願いいたします。 ■新規ビジネスでしょうか。 ■どのようなビジネスでしょうか。(HP・SNSがありましたらリンクをお願いします。) ■どちらのコーヒー事業者様のコーヒー豆をお取り扱いでしょうか。

全国配送
翌日出荷
小ロット対応
サンプル請求
SIZEN TO OZENのオーナー画像

SIZEN TO OZEN

飲料 / / 紅茶 / チョコレート

〈 カカオの“これから”を育むおいしいカカオプロダクトをお届けいたします! 〉 【私たちのパーパス】 “豊かな食の未来を創造すること”をパーパスとし、 食材の新たな一面を見出して新しい「おいしい」を生み出す、 カカオのアップサイクルをはじめとするプロジェクトを推進しています! 【カカオのアップサイクルとは?】 “もったいない”をなくすため、原料を余すことなく使うものづくりをしたい という思いから、カカオのハスク(外皮)やニブを使ったおいしい食品作りを しています。カカオハスクとお茶をブレンドしたカカオティー、クラフトコーラの他、 現在も新しい商品を開発中です! 【カカオについて】 ショコラティエ自らコスタリカ農園に出向き、栽培から乾燥・発酵方法までを監修した、 オリジナル「ファインカカオ」を使用。薫り高いチョコレートを思わす香味が特徴です。 幸せホルモンと呼ばれるポリフェノールの1種エピカテキンが豊富で、美容と健康にも貢献。 ●味がおいしい ●体にうれしい ●環境にやさしい 可能性に満ちた素材で、新しい“おいしい!”を生み出し、お届けいたします。 ※カカオニブをカカオ生コーラ、カカオハスクをカカオティーに使用しています。

サンプル請求
全国配送
小ロット対応
オリジナル商品開発
TOBA TOBA COLAのオーナー画像

TOBA TOBA COLA

飲料

シンガポールで出会った夫婦が脱サラし、サンゴ礁の島・喜界島にて無添加クラフトコーラを限定製造しています。 喜界島出身のわたしと、福岡出身の夫。 外資系の旅行会社でウェブデザイナー・営業マネージャーとして出会いました。 6年間シンガポールで生活をし、旅行で東南アジアを巡るうちに、人々の生活に多彩なスパイスが息づいていることに驚き、次第に魅了されていきました。 東南アジアでは、小さな商店などで自家製ハーバルドリンクが売られています。 様々な色の乾物が並び、軒先からはスパイスの香りがぷんと漂っていました。 身体が弱く、何種類もの薬を飲んでいたわたし。 不調時にはそのハーバルドリンクにお世話になりました。 そのドリンクを真似て、夫がシロップを作ってくれたことがコーラ作りのきっかけです。 その後、シンガポールから結婚報告で故郷、喜界島に帰った時のこと。 静かに熟れて腐っていく島みかんの樹々を見て、お義父さんがポツリと「この島みかん、もったいないなあ。」と呟きました。 「喜界島にはこんな宝があるのに、なんで使わないの?」と。 その時、自分が「島みかんが収穫されないこと」に慣れてしまっていたことに、ハッと気づかされました。 故郷の喜界島を、今までじっくりと見つめていなかったのでは、と。 故郷に帰る度に、「帰ってくる場所」を支えている人々がいたことにどんなにホッとしていたか。 人口がじわじわと減り高齢化の進む中、島を元気にしようと活動している人々がいます。 わたしもいつかは「離島活性のために何かをしたい」という想いが胸の奥にありました。 「なんで今行動できないの?」と、ふと吹っ切れる瞬間が訪れました。 そうして夫婦で話し合いを重ね、クラフトコーラ製造は始まりました。 「コーラで離島活性化」という思いから、フードロスになっていた無農薬の在来種島みかんと喜界島産きび糖、13種のスパイスを抽出しエイジング。 島の方言で(消滅危機言語指定)「うきうき」という意味のTOBA TOBA COLA。 離島の消えゆく文化を運び、活性化に繋げていけたら。 南のちいさな島から、海を越え世界に向けてものづくりに挑んでいます。

全国配送
小ロット対応
オリジナル商品開発
加計呂麻島 タイケイ製糖のオーナー画像

加計呂麻島 タイケイ製糖

調味料 / 飲料 / 菓子 / 製菓材料 / ソース・シロップ

【今では希少になった「在来さとうきび」を栽培】 在来種さとうきび「太茎種(タイケイ種)」は、品種改良後のものに比べて台風や虫に弱く、今ではほとんど栽培されていません。 しかし味はピカイチ!実際に太茎種からつくる黒糖やきび酢を食べ比べると、味が違います。 「美味しい黒糖やきび酢をみんなに味わってもらいたい」という一心で栽培に励んでいます。   【さとうきびの栽培から加工まで全て「手作業」】 ハーベスターでは取り除けない雑草や不純物を丁寧に取り除いています。 そのため、「黒糖」は大きな工場が1日で作る量を、1年かけて製造しています。 また、そもそも総生産量が少ないと言われている「きび酢」でも、最大手の1/25しか製造できません。 日々こつこつと、ヒューマンスケールに畑に向き合っています。   【在来さとうきびを自然発酵・6年以上熟成させた「本格きび酢」】 「きび酢」は、日本の中でも奄美地方でしか生産されていない、全国的にも希少なさとうきびの発酵食品です。 その高い栄養価から鹿児島県の奄美の長寿食材として調査対象になったり、近年はTVで全国放送されるなど、徐々に注目を浴びつつあります。 中でもタイケイ製糖のきび酢は、酢酸菌無添加、非加熱製造。 在来さとうきび・太茎種の表皮にのみ存在する酢酸菌が自然の力だけで発酵・長期熟成した「本格きび酢」です。   【在来さとうきびを独自の割合でブレンドした「純黒糖」】   在来さとうきび「太茎種」には、緑色の茎のものと、赤色の茎のものの2種類があります。 優しい味わいの緑色のものと、コクのある味わいの赤色のものを、独自の「美味しくなる割合」でブレンド。 日持ちやコストの面で、本土で流通する黒糖の多くが水飴等の他の糖類を添加した「加工黒糖」ですが、こちらはさとうきび搾汁のみで作った「純黒糖」です!

サンプル請求
全国配送
小ロット対応
オリジナル商品開発
しまんと百笑かんぱにのオーナー画像

しまんと百笑かんぱに

調味料 / ソース・シロップ / 菓子 / 米・雑穀 / / 飲料

皆様に高知・四万十のイイモノをお届けします。 自然にさからわず旬の食材に手をかけることを惜しまずに作られた昔ながらの「食」。 おいしくて、安心できる自然のもの。自然に優しくここ四万十をより豊かにするもの。 日本最後の清流四万十川の豊かな自然に育まれた[天然食]をご紹介させて頂きます。 四万十は日本最後の清流と呼ばれる四万十川が流れる緑豊かな地で、 四万十川は豊富な川の幸や青のりの産地としても知られている。 日本でも数少ない天然のウナギや鮎、テナガエビなどが獲れ、いずれも味や食感がたまらない。 グルメが濃厚に楽しめる、実に“おいしい地域”なのです。 そんな地で「地域の情報を集め、商品を作り、販売する。 地域の人たちの思いと地域の商品をつなぐ『田舎商社』」として誕生した 「しまんと百笑(どめき)かんぱに株式会社」。 これぞニッポンの味!を実現した他にはない味と香りの豊かなだし醤油やだし酢、 振り掛けるだけの鰹だしパウダー、粉状のドレッシングなど、どこにも無い自慢の調味料や 山奥でのみ収穫可能な、しまんとのお米 ヒノヒカリ等をお届けいたします。

小ロット対応
オリジナル商品開発
フーズカカオ(Whosecacao)のオーナー画像

フーズカカオ(Whosecacao)

菓子 / チョコレート / 飲料

私たちフーズカカオはインドネシアのエンレカン県と東京をベースに、スペシャルティカカオ(※)の生産・加工や、カカオのお菓子の開発を行うベンチャー企業です。 ※細部にこだわり、高い品質で作られた風味や香りが豊かなカカオ カカオは産地や栽培の方法だけでなく、収穫後の「発酵」や「焙煎」といった工程で品質や風味が大きく変わります。私たちはその栽培から加工までの全工程を一貫して行うだけでなく、常により高い品質の素材やお菓子を提供できるよう、日々各工程における技術やノウハウの研究・開発を行っています。 2020年には創業から3年にして、開発する素材が世界的なチョコレートのコンクールである「International Chocolate Awards 2020」において、銀賞を受賞しました。 ▼素材について 私たちの素材は、国内のクラフトチョコレートブランドやカフェやレストランといった飲食店を中心にご使用いただいています。用途はチョコレートやチョコレート菓子の材料に加えて、カカオニブをアイスクリームにトッピングしたり、ココアやホットチョコレートの原材料としてご使用いただいています。ぜひ、スペシャルティカカオの風味や香りを生かした商品開発にお役立てください。 ▼自社ブランド「CROKKA」のお菓子について CROKKAはスペシャルティカカオを素材に使用していることを特徴とするお菓子のブランドです。カカオニブをふんだんに使用したブラウニーや、ナッツ感覚で楽しめるローストカカオ豆など、スペシャルティカカオの個性を楽しめるような商品を展開しています。 ▼オリジナル素材・オリジナルお菓子の開発について 2020年11月、東京都内に「カカオ加工ラボ」という素材とお菓子を開発・製造するための工房を開設いたしました。この工房ではお客様のニーズに合わせた商品の開発から製造までをサポートしています。また、カカオ加工ラボで対応できない範囲でも、弊社が持つ工場や工房とのネットワークを生かすことで対応可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

サンプル請求
全国配送
小ロット対応
オリジナル商品開発

1

2 page

こちらの記事もおすすめ