100%天然素材の"竹ストロー"|環境にもお子さんにもやさしいエコストローでおいしいドリンクを | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ピックアップアイテム

100%天然素材の"竹ストロー"|環境にもお子さんにもやさしいエコストローでおいしいドリンクを
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
卸業者とつながる

ピックアップアイテム

20.09.25

100%天然素材の"竹ストロー"|環境にもお子さんにもやさしいエコストローでおいしいドリンクを

近年、サスティナブルな社会(持続可能な社会)を目指す取り組みが世界中で広がっています。 サスティナブルな社会とは、人間の社会活動や経済活動によって「地球環境を壊すことなく」、「環境資源を使い切ることのないように配慮して」、現在の地球環境を維持して未来に向けて継続・発展していこうという考え方です。 身近な所では、レジ袋の有料化や飲食店で使用するストローを紙製のものにすることで、プラスチックごみを削減しようという取り組みがあります。 今回は、プラスチック製のストローに比べて環境に優しくエコな竹ストローについてご紹介します。

CONTENTS

社会課題化するプラスチックごみ。その背景とは

環境に優しい竹ストローを使いたくなる理由

試してみたいおすすめの竹ストロー

実はたくさんある、竹以外の素材で作られたエコストローの種類とは

社会課題化するプラスチックごみ。その背景とは

社会課題化するプラスチックごみ。その背景とは

プラスチック製品の海洋ごみによる海洋汚染が、地球規模で広がっており深刻な問題となっています。海洋ごみは、生態系を含めた海の環境への影響や、航行への障害、漁業や観光などへの影響などさまざまな被害が予想されます。

海に流出するプラスチックごみは、毎年約800万トンになるという試算もあり、このペースで増えていくと、2050年には海に住む魚よりプラスチックごみの方が多くなると推測されています。また、実際に日本への漂着ごみを調べたところ、プラスチック類が最も多かったという調査結果もあります。

海外では、鼻にプラスチック製のストローが刺さったウミガメが発見され、研究者らがストローを取り出す動画がインターネットの動画サイトに投稿され話題となったのは、皆さんの記憶にもあるかと思います。

このようなプラスチックによる海洋汚染問題に、さまざまな企業が動き始めました。コーヒーチェーン大手の「スターバックス」では、2020年までに全世界のお店でプラスチック製のストローを廃止すると発表、またガストなど運営する「すかいらーく」でも、全店での使用中止を決定したことを発表しました。
この動きから、多くの個人の飲食店でも、ストローの見直しは進んでいるようです。

 

 

環境に優しい竹ストローを使いたくなる理由

環境に優しい竹ストローを使いたくなる理由

外食産業の企業が、プラスチックストローの廃止を進める中で、環境問題に対して意識の高い飲食店関係者や一般のお客様から、注目されているのが竹で作られたストローです。
ここでは、プラスチックストローから竹ストローへ変えるメリットについてご紹介します。

天然素材で環境に優しく衛生的

竹には抗菌性があると言われているため、古くから日本では竹を、器やザル、箸、串など、料理や食事の際に使われるものに利用してきました。
そのため、直接口を着けて飲み物を飲むストローも竹製にすることで、安心感を得ることもできます。 お子さんがドリンクを飲むときにも安心ですね。

また、天然素材の竹で作られたストローは、燃えるごみとして廃棄することができ、燃やす際に有害物質を発生しません。また土壌環境にもよりますが、生分解するため土に埋めると分解して土に返ります。

 

耐水性、耐熱性の両方を兼ね備えている

大手企業のスターバックスやすかいらーくなどでは、プラスチック製に代わって紙製のストローを使用しています。紙ストローのデメリットとしては、長時間使用すると紙が柔らかくなりストローとしての機能が弱まります。

竹ストローは紙ストローに比べ耐水性が高いため、長時間使用することができます。カフェなどでご使用いただければ、ゆっくりしたいカフェタイムやディナータイムでもお客様に安心してご利用いただけます。
また、耐熱性もありますので、アイスドリンクはもちろん、冬場でホットドリンクで使用することがあれば安心してご利用いただくことが出来ます。

 

繰り返し使える竹ストローとそのお手入れ方法

竹ストローは、抗菌性があり耐水性もあることから繰り返し使えることもメリットとしてあります。ただし、使用後は長時間水に浸けて置かず、なるべく早く水で洗うようにすることが長持ちさせる秘訣です。

Sample detail

お手入れ方法としては、ストローの内部は、エコストロー洗浄用のワイヤーブラシがインターネット通販などで販売されているので、それを使って洗うようにします。汚れが気になる時には、沸騰したお湯に入れて洗浄します。

洗浄後は、風通しの良い日陰でしっかりと乾燥させます。乾燥が不十分だったり、湿度の高いところに保管するとカビが生える原因となります。
頻繁に使用しない時には、竹ストローを紙に包んでからビニール袋に入れて保管すると、湿度によるカビの発生を防ぐことができます。使用方法やお手入れがよければ6か月~1年は繰り返し使用することができます。

 

 

試してみたいおすすめの竹ストロー

【エコ商品】竹ストローφ6mm 平口 / エル・パッケージ株式会社

Sample detail

100%天然素材の地球に優しい竹ストロー。可燃物として廃棄が可能で、燃焼時の有害物質が出ないためとてもエコです。また、土壌関係にも寄りますが、土に埋めると分解します。

タピオカドリンク用などの太いタイプとして、12mmもご用意しています。
エル・パッケージ株式会社は、環境に配慮したエコ容器を探している方や、種類や量に合ったサイズの容器が欲しい方に向けて、より安全で高品質なテイクアウト用食品容器をご提案しています。

 

竹ストロー / 子供竹ストロー

Sample detail

竹本来の抗菌効果をそのままに。青森県産のスズタケで、農薬や人の手が入らない環境で育った竹を加工して作られて竹ストロー。

子供竹ストローは、「子供のためのストロー」として制作したのがはじまり。そのため、お子様の手と口を基準にした安心・安全で違和感のない口あたりが特徴です。もちろん、大人サイズの展開もございます。
また注文する際には、3ヶ月保証(無料メンテナンス・交換)、豚毛の洗浄ブラシをプレゼントの特典がついております。

 

 

実はたくさんある、竹以外の素材で作られたエコストローの種類とは

錫(すず)ストロー

Sample detail

洗って繰り返し使えるエコなストローとして、ステンレスやアルミなどの金属でできたストローが、100円ショップなどでも販売されています。金属製のストローは、熱伝導率が高いため冷たい飲み物は、より冷たく感じることができます。また、紙製のストローと比べると口当たりがなめらかなのも特徴です。

金属の中でも「錫(すず)」は、手の力でも曲げられるほど柔らかな金属で、その柔らかさからどことなく優しい雰囲気を醸し出します。また、酸化しにくく錆にくい安定した性質で、長期間に渡って美しい輝きを保つため、古くから装飾品や酒器などに利用されています。

金属製の錫ストローは、半永久的に使用することができ、不要になれば溶かして再利用することができるので、環境に優しくエコなストロー。錫には、抗菌作用があると言われているので、衛生面でも安心です。

錫製のストロー「錫(すず)straw」の製造販売を手がけるのは、富山県高岡市に本社をおく鋳物関連メーカーの「株式会社ホクリン」。三代目社長がサーフィンなどマリンスポーツを趣味とすることから、海洋汚染問題に関心があり商品を開発しました。

 

サトウキビストロー

Sample detail

植物由来の素材で作ったストローには、サトウキビストローもあります。サトウキビから砂糖を精製した後の副産物をリサイクルしたとても環境に優しいストローです。

サトウキビストローは、生分解性が高いため、土の中に埋めることで素早く分解します。また、そもそも砂糖を精製する時に出る自然の素材を使っているため、口の中に入れても安全。

紙ストローと比較すると耐久性が高く長時間使用でき、口に入れると甘い香りが楽しめます。

サトウキビストローを提供している「株式会社4Nature」では、使用後のストローを回収して堆肥にする取り組みも行っています。そして出来上がった堆肥は、提携する農家さんで野菜や果物を栽培する際の肥料として使用されています。

 

草ストロー

Sample detail

紙や竹以外にも植物由来の素材を使ったストローがあります。それが草ストローで、紙ストローに比べて耐久性が高いことから長時間使用でき、また竹や木のストローに比べるとコストが低いのが特徴です。

草ストローの素材となる草は、完全製生分解性を持つため、数か月で自然に還ります。また、家畜の飼料や畑の肥料として使用することもできます。

草ストローのブランド「HAYAMI」を立ち上げたのは、東京農業大学国際農業開発学科の2年生。ベトナム産カヤツリグサ科の植物レピロニアを使ったストローを輸入販売しています。

製造過程で保存料や化学物質を一切使用しておらず、抗菌殺菌・UV殺菌を行っているので安心して使用できます。さらに、安全性を証明するため日本食品分析センターで衛生規格検査も受けています。

 

 

 

プラスチックごみによる海洋汚染は、地球規模の大きな問題で、飲食店などを中心とする企業や、個人の方も含め、プラスチック削減には多くの協力が必要です。

インターネットを通して広まった、プラスチックストローが刺さったウミガメのニュースは、多くの方に環境問題を考えるきっかけを与えました。
今では、多くの飲食店でプラスチックストローの廃止活動が進み始めています。

竹のストローは、繰り返し使えて環境に優しい商品です。他にもさまざまなエコなストローがあるので、それぞれの特徴やコストを比較して、使ってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ