ピックアップアイテム

糸島の恵み「あまおう」で、料理に彩りとアクセントを|磯本農園
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
磯本農園

ピックアップアイテム

20.07.13

糸島の恵み「あまおう」で、料理に彩りとアクセントを|磯本農園

福岡市の中心部から車で30分ほどの距離にあり、豊かな自然が広がる「糸島」。暖かい気候で一年を通して新鮮な食べ物がたくさんあります。 そんな糸島の特産品であるブランドいちご「あまおう」。真っ赤で大きくて立派なのが特徴で、誰しもが一度は目にしたことがあると思います。 2011年4月から糸島にて農園を開業し、現在ではあまおうの栽培をしている「磯本農園」。大きさ・甘さ・酸味というあまおうのよさを知り尽くしているいちご農家だからこそできた、商品の製造・販売もしています。今回は、その磯本農園で作られている「あまおうコンポート」と「飲むあまおう酢」をご紹介いたします。

CONTENTS

有機肥料や微生物資材を用いて栽培した、健康的で張り艶のあるいちご。

生産者だからこそ実現。あまおうの大きさ、甘さ、酸味を活かした商品。

「あまおうコンポート」

「飲むあまおう酢」

有機肥料や微生物資材を用いて栽培した、健康的で張り艶のあるいちご。

有機肥料や微生物資材を用いて栽培した、健康的で張り艶のあるいちご。

糸島農園は、糸島半島の中程、秋には昔ながらの稲の掛け干し風景が見られる、志摩吉田という地区にあります。有機肥料や微生物資材を用いて善玉菌を増殖させ、病気の元となる菌の繁殖を抑えることにより、いちごが育ちやすい環境で栽培。そうすることで、化成肥料に頼って実ったいちごより健康的で張り艶のあるいちごになります。

Sample detail

 

 

生産者だからこそ実現。あまおうの大きさ、甘さ、酸味を活かした商品。

生産者だからこそ実現。あまおうの大きさ、甘さ、酸味を活かした商品。

育てたあまおうを使った加工品も製造している磯本農園。生産者だからこそ、あまおうのよさを活かした商品づくりが実現しました。加工することで保存性も高まるため、いちごの出荷がない時期の目玉商品となっているそうです。

Sample detail

あまおうコンポートは砂糖で煮込む際、あまおうの大きさが伝わるよう極力混ぜず煮込みすぎないことにこだわりって自社カフェで製造しています。また、甘すぎないように、生のレモンを加えて清涼感を出しているのがポイント。
飲むあまおう酢は、委託製造元のレシピよりいちごの果汁を20%増やし、よりいちごの甘さや酸味を感じられるよう磯本農園オリジナルのレシピで作成されているそうです。

 

 

「あまおうコンポート」

「あまおうコンポート」

あまおうコンポートは、いちごから出た水分のみで煮込んでいるので、味はもちろん色も風味も濃厚です。また、レモンを少量加えることで、爽やかな口当たりと後味に仕上げています。
プレーンのヨーグルトにかけると相性抜群。また、3倍程度を目安に炭酸水で割るのもオススメです。

「飲むあまおう酢」

「飲むあまおう酢」

福岡の老舗の酢醸造所で約半年かけて醸造したいちご酢に、はちみつや果汁等を加え飲みやすくしたお酢です。あまおうの贅沢な酸味と甘みをご堪能いただけます。
お好みで3倍~5倍の薄さに希釈し、水・炭酸水・お酒などお好きなもので割ってお楽しみください。また、オリーブオイルと塩、ブラックペッパーと合わせてドレッシングとしてもご利用いただけます。

 


 

健康的で張り艶のあるいちごを使用した「あまおうコンフォート」と「飲むあまおう酢」。料理に彩りを与えてくれるだけでなく、味わいのアクセントにもなってくれます。ぜひ、メニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

磯本農園

磯本農園

福岡県の最西部の糸島市で、海と山に囲まれた圃場で福岡県の特産品のあまおうとマンゴーを栽培しております。 農園の近くでカフェも運営しており、生産から加工、販売まで行っております。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ