"廃鶏"という言葉をなくしたい。白身までおいしい卵を届けるワタナベファームの想いとは | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ブランドストーリー

"廃鶏"という言葉をなくしたい。白身までおいしい卵を届けるワタナベファームの想いとは
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
卸業者とつながる
ワタナベファーム

ブランドストーリー

20.10.19

"廃鶏"という言葉をなくしたい。白身までおいしい卵を届けるワタナベファームの想いとは

わたしたちの暮らしに欠かすことのできない食材、卵。好みに合わせていろいろな食べ方ができ、ジャンルを問わずさまざまな料理にも使えるため、日常的に消費する食材のひとつですよね。 そんな卵を届ける養鶏業を、栃木県にて80年以上続けているのが、今回ご紹介する「ワタナベファーム」。 三代目である渡辺茂さんのお祖父さんの代に始まり、「ひよこを死なせることなく鶏まで育てる」ことを大切に、独自の養鶏ノウハウを構築。鶏の育成率の高さが評価され、これまでに3度の日本一を受賞した歴史と実績のある養鶏場です。 「白身まで美味しい」と評判のワタナベファームの卵は、食材にこだわった料理を提供するさまざまな飲食店で使用されています。 今回は、家庭や飲食業界から長年愛されているワタナベファームの卵の魅力と、彼らの養鶏へのこだわりや想いについてご紹介します。

CONTENTS

ワタナベファームがこだわる"平飼い"。健康な鶏にこだわるその理由とは

ワタナベファームの想いを伝える直営店「Daisy」を北千住にオープン

ワタナベファームが送る、白身までおいしい3種類の卵

ワタナベファームの卵を取り扱う飲食店 をご紹介

ワタナベファームがこだわる"平飼い"。健康な鶏にこだわるその理由とは

ワタナベファームがこだわる"平飼い"。健康な鶏にこだわるその理由とは

「ワタナベファーム」は、栃木県の矢板市にあります。1932年、創業者である現在の代表のお祖父さんが、鶏ができるだけ衛生的に生きられ、死なせないことを考えて開発した「渡辺式バタリー育雛器」の特許を取得。
それ以来、80年以上にわたり養鶏業を営み、独自のノウハウと経験をもとに健康な鶏を育て続けてきました。

創業以来、食用の鶏からその親鶏となる鶏、採卵鶏の育成と、幅広く養鶏業に携わってきたワタナベファーム。その飼育方法は昔から一貫して「平飼い」です。

「平飼い」とは、広い鶏舎で鶏を自由に行動させ、できるだけ自然に近い環境で育てる方法。鶏たちは広々とした空間でたくさん動くことができるため、とても健康に育ちます。

また、鶏たちに飲ませる水は地下70メートルから無菌状態で汲み上げた地元の天然水。そして、トウモロコシや飼料米を中心に栄養価の高い食材だけをブレンドした、こだわりのご飯が与えられます。

このようなワタナベファームの養鶏は、今世界で注目されている「アニマルウェルフェア(家畜福祉)」の理念に則ったもの。

性格も個性も異なるという鶏たちと多くの時間を共に過ごし、一羽一羽とても大切に育てているワタナベファームの人々。
彼らにとって鶏は商品ではなく仲間のような存在で、常に愛情と敬意を持って接しているのだそうです。

 

 

ワタナベファームの想いを伝える直営店「Daisy」を北千住にオープン

ワタナベファームの想いを伝える直営店「Daisy」を北千住にオープン

2018年、ワタナベファームは東京・北千住に直営店「Daisy」をオープンしました。ファームが直営店を開こうと考えた理由は、2つ。

ひとつは「廃鶏」という言葉を無くしたいという想いから。
歳をとって卵が産めなくなってしまった鶏が工場で「処理」され、その後どこへ行くのか分からないというそれまでの流れに疑問を感じていたそうです。

実は、卵が産めなくなってしまった鶏でも、最後はお肉として美味しくいただくことができます。また、たくさん運動して育ったワタナベファームの鶏は、味が凝縮していて美味しい出汁がとれるのです。

大切な仲間だった鶏を「廃棄」するのではなく、その命に敬意を払って大切にいただく。それを実現するため、店内にキッチンを設けてお客様に美味しく調理して提供しています。

2つ目は、「食品ロス問題」への取り組み。
農家の方たちが一生懸命育てた美味しい野菜や果物も、マルシェの突然の中止や売れ残りによって大量に廃棄しなければならないことがあります。
まだ食べられるのに捨てられてしまう生鮮食品を少しでも減らすため、Daisyではそういった野菜や果物の販売も行っています。

他にもDaisyでは、卵に合う調味料や、お味噌や梅干しなどの加工食品、靴下やコスメといった雑貨も販売。さらに、ワタナベファームの卵を使ったパンやどらやきなどの商品も取り揃えた、バラエティ豊かな店内です。

直営店を開いて良かったのは、お客様との距離が近くなり、養鶏や卵、鶏についてゆっくり話すことができるようになったことだと言います。

お客様の好みの食べ方に合わせて選ぶ卵のアドバイスをしたり、「卵ソムリエ」の資格の知識を活かして卵について説明したりすることができるため、ワタナベファームの卵をもっと美味しく食べてもらうきっかけづくりができているそうです。

また、子供連れで来店するお客様も多く、お店がちょっとした食育の場にもなっているのだとか。

 

 

ワタナベファームが送る、白身までおいしい3種類の卵

ではここで、ワタナベファームが届ける白身までおいしい3種類の卵、「平飼い3姉妹」についてご紹介しましょう。

平飼い有精卵あかり

Sample detail

ワタナベファームから最初に誕生した3姉妹の長女、「あかり」。
黄身が濃厚で、卵の味がしっかりしている赤玉です。

卵かけご飯にするなら、お醤油はほんの少しがオススメ。
また、強い出汁などにも卵の味が負けないので、出汁巻き卵や茶碗蒸しなどの料理に全卵で使うのに向いています。

 

国産鶏平飼い卵こはる

Sample detail

次女の「こはる」は、「白身の強さ」と「甘さ」が3姉妹の中でダントツ。
白身は弾力があるので、割ったときダレることがありません。ゆで卵や煮たまごなど、白身を固める調理方法が向いています。

黄身は口当たりももたつかず、優しい味わい。料理の味を邪魔しないので、さまざまな食材と合わせられます。
卵かけご飯にするなら、ちょっとお塩をかけるとより甘さが際立ちオススメです。

 

国産鶏平飼い有精卵ひより

Sample detail

3姉妹の三女「ひより」は、黄身が甘く、白身が少し塩っぱい、全卵のバランスの良さが特徴です。

目玉焼きがお好きなら、ダントツでひよりがオススメ。甘さと塩みのバランスがいいので、どんな食べ方にも向いています。
卵かけご飯にするなら出汁しょうゆやお塩をかけて、もしくはあえて調味料なしでも美味しく召し上がれます。

 

 

ワタナベファームの卵を取り扱う飲食店 をご紹介

ワタナベファームの卵を取り扱う飲食店	をご紹介

平飼いでのびのびと、愛情たっぷりに育てられた鶏たちから産まれる、ワタナベファームの卵。その美味しさに魅了され、さまざまなジャンルの飲食店が料理に使用しています。ここでは、ワタナベファームの卵を取り扱っている飲食店を4店舗ご紹介します。

 

銀座こびき

銀座・木挽町にお店を構え、70年以上愛され続けている老舗日本料理店「銀座こびき」。旬の食材や生産者直送の食材を使用したこだわりの料理を提供しています。

卵は、ワタナベファームの「あかり」と「こはる」を使用。
時間がゆっくりと流れる居心地のいい店内で、一品一品丁寧に作られる料理とお酒の美味しさに浸ることができるお店です。
【店舗情報】
https://hitosara.com/0006117157/

 

南青山Essence

薬膳中華と広東料理のお店「南青山Essence」では、新鮮で安全な食材をふんだんに使用した心にも身体にも優しい薬膳料理が楽しめます。
料理には旨味調味料や化学調味料は一切使用していません。

野菜は栃木県にある自家農園から直送したものを、卵はワタナベファームの「あかり」「こはる」を使用しています。
それぞれの素材の持ち味を活かした調理で、自然由来の本当の「旨味」を味わえるお店です。
【店舗情報】
http://essence.tokyo/

 

せたがやブレッドマーケット

茨城県に工房を構え、一度の食事で食べ切れる「毎日サイズ」のパンを販売しているパン屋さん。小麦の味わいと楽しい食感が魅力の、素材にこだわった美味しいパンを作っています。

ワタナベファームの「こはる」のメレンゲを使用したシフォンケーキや、黄身を使ったカスタードクリームを入れたクリームパンも販売。
こはるの優しい味わいが存分に活かされたパンやお菓子は、栃木県真岡市役所での定期販売や各地のイベント出店時に購入することが可能です。
【店舗情報】
http://setagayabreadmarket.jp/

 

CHICKEN COUNTRY

東京・月島に店舗を構える鶏料理専門店、「CHICKEN COUNTRY」。国産食材にこだわった多彩な鶏料理や野菜料理を楽しむことができるお店です。

こちらのお店ではワタナベファームの「あかり」を、玉子焼きや卵かけご飯、「ユッケあかりちゃん卵添え」など、さまざまな形で提供。
「あかり」の濃厚な卵の味を存分に味わうことができます。
【店舗情報】
https://chickencountry.gorp.jp/

 

※営業時間などは変更となっている可能性がございます。各店舗の詳細につきましては、各店舗様に直接お問合せください。

 

 

80年以上にわたり積み重ねてきた養鶏の経験と技術、そしてひとつひとつの命に対する尊敬と愛情。ワタナベファームの卵の美味しさは、そのどちらが欠けても作り出すことはできません。

日本の畜産業においてはまだまだ浸透していないアニマルウェルフェアの考え方をいち早く取り入れたワタナベファームの養鶏は、未来の畜産のモデルとしてますます注目されていくでしょう。

濃厚かつ優しい味わいのワタナベファームの卵は、お店の料理や日々の食卓を華やかに彩ってくれます。
いつもの卵かけご飯や目玉焼きも、絶品のごちそうになりますよ。

ワタナベファームの商品はKITCHEN BROTHERSで発注が可能です。
下記よりお気軽にお問い合わせください。

ワタナベファーム

ワタナベファーム

ワタナベファームは、80年以上養鶏に携わる様々な仕事をする中で、育成のノウハウや鶏に関する様々な知識を得ました。 その知識を生かした育成方法により、広い鶏舎で鶏を自由に行動させ、鶏舎内で自然に近い形を再現しています。また、地下70メートルから汲み上げた水を無菌状態で与えることで、鶏たちには、通年変わらず美味しい水を飲んでもらうことが出来ます。 鶏の健康を第一に考え育てた結果が美味しい卵に繋がります。 餌・水は同じでも、鶏の種類によって卵の特徴や味も変わって来ますので、この機会に是非お試しください!

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ