ピックアップアイテム

料理を華やかに彩る「食べられる花」。エディブルフラワーの魅力やアレンジ方法をご紹介
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
有限会社トム

ピックアップアイテム

20.08.27

料理を華やかに彩る「食べられる花」。エディブルフラワーの魅力やアレンジ方法をご紹介

“花を食べる”というと少し違和感を覚える方がいるかもしれませんが、中国をはじめ世界各国では昔から花は食用とされていました。日本で菊を食べるようになったのは江戸時代と言われています。 最近では、食用の花を「エディブルフラワー」と呼ぶようになり、食材として花を使った料理やスイーツを提供するレストランやカフェが増えてきています。 食卓を華やかに彩ってくれるエディブルフラワーは、飾りつけとしての役割だけでなく、食べても美味しくポリフェノールなどの栄養が豊富で、美と健康を気にする女性に人気の食材です。 今回は、食べられる花「エディブルフラワー」の基礎知識から料理へのアレンジ方法、仕入れのコツなどを詳しくご紹介します。

CONTENTS

食用花「エディブルフラワー」とは?

華やかさだけでなく、高い栄養価も誇るエディブルフラワー

料理に彩りを添える、おすすめのエディブルフラワーをご紹介

エディブルフラワーを仕入れる際のコツ

食用花「エディブルフラワー」とは?

エディブルフラワー(edible flower)とは、食べることができるお花=食用花を指します。

 

 

花を食べるというと、不思議な感じがするかもしれませんが、実はカリフラワーやブロッコリー、みょうが、菜の花、食用菊など、花やつぼみの部分を食べる野菜は意外に身近にたくさんあります。

一般的にエディブルフラワーと呼ばれているのは、観賞用としても馴染みが深いバラやナデシコ、マリーゴールド、パンジーなどの色鮮やかな花で、料理やデザートを華やかに演出してくれます。

 

観賞用の花とエディブルフラワーでは何が違うのか

 

 

花は種類によっては害虫がつきやすく、葉やつぼみが食害にあうことがあります。観賞用として流通する花は、花弁やつぼみはもちろん、葉も美しい状態であることが求められます。

そのため、観賞用の花には、食用としては認められていない種類や量の農薬が使用されています。また、切り花には鮮度を保つための薬剤が使われていることも。
農薬は、農薬取締法という法律によって、それぞれの製品ごとに使用することができる作物が定められています。

例えば同じパンジーであっても、食用とするエディブルフラワーと観賞用では別の作物として扱われるため、使用が認められている農薬が異なるのです。
エディブルフラワーで使用されている農薬は、食用とすることを前提として、安全性の試験が行われているものです。

また、エディブルフラワーの中には、農薬を使用せずに栽培したものや、使用量を定められた量より少ない農薬で栽培しているものも。

このような違いがあって、エディブルフラワーは食べられるお花として販売することができるのです。

 

食べられない花に注意

上記のように、同じ花の品種でも観賞用として流通しているものが食べることができません。また、植物の中には、毒性を持つものも多くあります。

エディブルフラワーによく似た花弁や葉をもつ植物もあるので、食用とする場合には、エディブルフラワーとして流通している、品質が確かなものだけを使うようにすることが大切。

農林水産省のホームページで、食べられない花として紹介されているものには次の花があります。キキョウ、スイセン、彼岸花、クリスマスローズ、シャクナゲ、クレマチス、アジサイなど。
(参考:農林水産省「特集2 食材まるかじり 花を食べる。(1)」

 

 

華やかさだけでなく、高い栄養価も誇るエディブルフラワー

華やかさだけでなく、高い栄養価も誇るエディブルフラワー

野菜として一般的に食べられているカリフラワーやブロッコリーも花のつぼみの部分を食用としますが、ビタミンが豊富な食材として知られています。植物は、種を作って子孫を残すために花に栄養を十分に送り込みます。そのため花には栄養が豊富なのです。

エディブルフラワーも同様に、料理を華やかに演出するだけでなく、実は栄養価が豊富でビタミンやミネラルが多く含まれています。
特に、カレンジュラやナスタチウムはビタミンA(βカロテン)、キンギョソウ(スナップドラゴン)やプリムラにはビタミンCが豊富。

 

エディブルフラワーの保存方法

エディブルフラワーには、生の状態のものと乾燥させたドライエディブルフラワーの種類があります。

生花の場合、保存できる期間は種類によっても異なりますが、摘み取ってから3日~7日程度です。

保存方法は、野菜と同様に乾燥させないように冷蔵庫の野菜室で保存します。萎れてきたら霧吹きなどで水をかけて湿度を与えるのがポイント。
ただし、なるべくお早めに使用することをおすすめします。

乾燥させたドライエディブルフラワーの場合は、湿度避けて保存します。 また、紫外線にあたると、花の色があせてしまうため直射日光があたらないように保存を。
乾燥させているため長期保存が可能で、半年から1年は使用することができます。

長期間保存できる特性をいかして、クッキーやキャンディー、チョコレートなどのスイーツの食材として使ったり、ハーブティーにするのがおすすめ。

 

 

料理に彩りを添える、おすすめのエディブルフラワーをご紹介

料理に彩りを添える、おすすめのエディブルフラワーをご紹介

西洋では、エディブルフラワーを料理の彩りや香りを楽しむために添えるのはもちろん、ビタミンが豊富な食材として、野菜と同じようにサラダなどで食べられています。

エディブルフラワーの味や香りは、品種によって異なりますが、ほとんどは淡白です。そのため味わうというよりは、料理に添えて彩を楽しむといった用途が基本的。
現在では、約70種類のエディブルフラワーが市場で販売されています。

今回は、料理を彩るのにオススメなエディブルフラワーをご紹介します。

 

色鮮やかな種類をもつ「バーベナ」

Sample detail

バーベナは、ビジョザクラ(美女桜)などの名前でも呼ばれる花です。開花時期は5月中旬から11月中旬で、白、赤、ピンク、紫などの色の花をつけます。

花にはあまり香りはありません。また味も淡白ですが優しい甘みを感じます。葉はハーブティーなどとして利用されるハーブで、ヴェルヴェーヌ(VERVEINE)と呼ばれます。

Sample detail

バーベナは様々な色で花をつけるので、料理を華やかにします。メインの料理や、サラダにいくつかの色をトッピングしてあげれば、見た目も一段と変わるはずです。

エディブルフラワーを仕入れる際のコツ

エディブルフラワーを仕入れる際のコツ

最近、身近になってきたエディブルフラワーですが、まだまだ一般のスーパーマーケットや食材店などで取り扱っている所は多くはありません。
飲食店などでエディブルフラワーを仕入れるには、インターネット通販を利用しているケースが多いようです。

ただしインターネット通販で、生花のエディブルフラワーを仕入れる際には、商品発送から到着までの日数を注意する必要も。
また、花がつぶれないように梱包するための荷物のサイズがおおきくなるために送料が高くなってしまうこともあるので要注意です。

今回、ご紹介している「有限会社トム」さんの商品は、こちらから卸価格で購入することができます。
また直接のやりとりが出来るので安心です。気になる方は、商品ページからご覧ください。

 


 

エディブルフラワーは、安全に食べられるように栽培された花です。料理やスイーツにちょっと添えるだけでも、彩が豊かになります。

エディブルフラワーには、さまざまな朱里の花があるので、工夫しだいで料理の幅がぐっと広がります。ぜひ、気軽に食材としてエディブルフラワーを使ってみてください。

有限会社トム

有限会社トム

弊社は、島根県東部の山間に位置する奥出雲町という限界集落と呼ばれている町で、食べられる押し花(ドライエディブルフラワー)の製造・販売をしています。 ドライエディブルフラワーは地域のおばちゃん達が作っています。 限界集落と呼ばれる土地だからこそ、おばちゃん達が元気に働け、そして丹精込めた素晴らしい商品ができます。 弊社の商品、ドライエディブルフラワーは食べる事のできる押花です。 食材として料理を彩ります。 調理する人も、召し上がる人も沢山の人達を笑顔にする事のできる最高の引き立て役です。 いつも作られているお菓子や料理に添えることで「特別」を演出する。 色とりどりの食用花が、いつもとひとあじ違うものに変えてくれます。 近年増えてきた食用花を使用したデザートや料理。 このドライエディブルフラワーは生のお花と違い、乾燥しているため長期保管が可能なので手軽にご使用いただけます。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ