COFFEE FREAK PRODUCTSがONIBUS COFFEEとのオリジナルグッズを製作 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

戻る

ニュース

COFFEE FREAK PRODUCTSがONIBUS COFFEEとのオリジナルグッズを製作
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
COFFEE FREAK PRODUCTSがONIBUS COFFEEとのオリジナルグッズを製作
COFFEE FREAK PRODUCTS

ニュース

20.12.24

COFFEE FREAK PRODUCTSさんは、コーヒーが一杯提供されるたびに生まれるコーヒーカスを「コーヒーグランズ」という素材と考えて新たにキャンドルや石鹸をつくって販売し、売り上げの一部をコーヒー豆の生産者に還元しています。 お店から生まれるコーヒーカスを原材料として使用することで、そのお店ならではのキャンドルや石鹸が出来上がります。またデザインや仕様などを相談次第で変更することも可能。コーヒーショップやカフェなどコーヒーを提供する様々なお店とOEMを行うCOFFEE FREAK PRODUCTSさん。今回はONIBUS COFFEEさんとのオリジナルグッズ製作について少しだけお話をお伺いしました。

CONTENTS

COFFEE FREAK PRODUCTSがつくる商品

それぞれの想いを伝えるからこその自由度

OEMを通してつながる喜び

COFFEE FREAK PRODUCTSがつくる商品

COFFEE FREAK PRODUCTSがつくる商品

COFFEE FREAK PRODUCTSさんがつくる商品とは?

ご依頼いただいたお店のコーヒーカスを使用し、キャンドルと石鹸を製造。石鹸は3種類のラインナップがあり、そのすべてにコーヒーにちなんだ名前がついています。

Sample detail

貴重な蜜蝋を使用してつくるキャンドル

Sample detail

「エスプレッソ」石鹸素地にコーヒーグランズだけを混ぜたもの

Sample detail

「カフェラテ」エスプレッソをベースにヤギのミルクを混ぜたもの

Sample detail

「ハニーラテ」カフェラテをベースにはちみつを加えたもの

コーヒーの粒が入っているのでスクラブ効果があり、ミルクやはちみつが混ぜてあるものは保湿効果も高いです。また余計なものを入れていないので安心して全身に使える商品です。

それぞれの想いを伝えるからこその自由度

それぞれの想いを伝えるからこその自由度

コーヒーショップをはじめカフェなど様々なお店とOEMをされているかと思います。最近ではONIBUS COFFEEさんとつくられた石鹸が大好評だったようですね!

ONIBUS COFFEEさんのオンラインショップにて販売されていたようですが、すでに完売されたみたいです。

パッケージデザインもかわいかったです。

今回はONIBUS COFFEEさんが依頼されたデザイナーさんが手がけたものです。パッケージのデザインはこちら側で提案することもできますし、今回のようにお客さま側でデザイナーさんに依頼していただくかたちでも対応できますよ。

Sample detail

COFFEE FREAK PRODUCTS代表・青木さん

パッケージデザイン以外にも変更した点はありましたか?

石鹸の包み紙を変更しました。ONIBUS COFFEEさんから別の用途としてお持ちだった紙素材を使用できるかという相談をいただいたのがきっかけです。もともと使用していたクラフト紙とは素材からデザイン、色味、質感すべてが違うというのは初めての試みだったので結構チャレンジでしたね。試行錯誤して完成したものが、みんなの満足できるものになってよかったです。

まったく異なる紙での挑戦だったのですね。

そうですね。ただ工房の方がいつもの紙より薄く包装がしづらいということがあったので、今後は石鹸の包み紙を変更されたい場合はクラフト紙と同等の厚さでの対応となりそうです。

Sample detail

初めての試みでも可能な限りご対応いただけるのは依頼される方々から喜ばれそうです。

スケジュールさえ余裕があれば、かなり柔軟に対応はしていますね。キャンドル、石鹸、それぞれのサイズや仕様に関して希望を伺って、新たに何か香りをプラスしたり、新たな素材をプラスしたりするっていうのはよくお話していますね。今回で言うと、石鹸に使用するコーヒーグランズの量などもお話しました。もちろんベストな割合というのはあるので相談させていただきながらという感じです。

それぞれの想いを商品に落とし込むことができる幅があるのですね。

“サスティナブル”について様々な発信の仕方や伝え方があるなかで、その一つとしてCOFFEE FREAK PRODUCTSをいいように使ってもらえると、僕としてはうれしい限りですね。僕のつくる商品が、出されるコーヒーカスすべてを解決できるわけではないですが「こういう現実があるんだよ」ということを、押し付けがましくなく、さりげなく伝えることができるアイテムなのかなとは思います。

OEMを通してつながる喜び

OEMを通してつながる喜び

それでは最後に、青木さんにとってOEMでのやりがいや喜びはなんですか?

基本的に自分自身が楽しいんですよね。COFFEE FREAK PRODUCTSとしては、興味を持っていただいた時点でまずうれしい。それで一緒に取り組めたらもちろんうれしいですし、一緒につくった商品が好調に売れたらさらにうれしい。

いろんな苦労はあるんですけど、そういうのを目の当たりにしていくとやっぱりこれからもやっていきたいなと思いますね。様々なお店や人と関わるたびに刺激や得るものがあり、いつも喜びを感じています。

Sample detail

COFFEE FREAK PRODUCTS

COFFEE FREAK PRODUCTS

COFFEE FREAK PRODUCTSは日々カフェ店舗等で排出されているコーヒー粕を再利用しアイテムを製作、そのコーヒー粕が生まれた場所(カフェ店舗等)で販売して頂き、卸売りにて得た利益の一部を用いて生産者・生産地に恩返しするというプロジェクトです。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ