インドから届いた紅茶、マサラチャイとは|メニューに取り入れたいおすすめ商品6選 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

戻る

ピックアップアイテム

インドから届いた紅茶、マサラチャイとは|メニューに取り入れたいおすすめ商品6選
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
インドから届いた紅茶、マサラチャイとは|メニューに取り入れたいおすすめ商品6選

ピックアップアイテム

21.02.19

最近ではチャイティーやチャイラテなど、多くの飲食店でチャイを見かける機会が増えました。その中でも、甘くてスパイシーな味がクセになるインド発祥のマサラチャイをご存知でしょうか。 スパイスが決め手で、いろんな種類がブレンドされているマサラチャイ。そのため、体にもやさしくカフェなどで女性を中心に人気を集めています。 この記事では、そんなマサラチャイの効能やつくり方、そしてお店で提供するのにぴったりなおすすめの商品をご紹介します。

CONTENTS

インドで生まれたスパイシーな紅茶、マサラチャイとは?

マサラチャイの基本スパイスと作り方

美容効果もあるマサラチャイの効能とは?

味わい深いマサラチャイのおすすめ6選

インドで生まれたスパイシーな紅茶、マサラチャイとは?

健康志向の高い女性を中人に人気のマサラチャイは、どのような紅茶なのでしょうか。まずはマサラチャイの発祥や普通のお茶との違い、味の特徴をご紹介します。

マサラチャイはどうやって生まれたの?

チャイは、19世紀のインドで生まれたといわれています。当時インドはイギリスの植民地として支配されていたため、栽培した良質な茶葉は、ほとんどイギリスに提供していました。

そのため、残されたものはダストティーと呼ばれる質の良くない茶葉ばかり。ダストティーは、苦みが強くそのまま飲むことができないほどの味だったようです。

そこで、なんとかおいしく飲めるようにと考案されたのが、砂糖やミルクを大量に加えて煮出すチャイでした。そしてこのチャイに、インドでつくられていたカルダモンやシナモンなどのスパイスを入れたことがきっかけで、マサラチャイが生まれたのです。

普通のチャイとマサラチャイの違いとは

普通のチャイとマサラチャイの大きな違いは、スパイスが加えられているかどうかです。チャイは日本でいうところのミルクティーやロイヤルティー、マサラチャイはミルクティーにスパイスを足したもの、と考えるとイメージしやすいかもしれません。

ちなみに、チャイは中国語の「茶」が語源で、お茶という意味。マサラは「粉状のスパイス」という意味があります。

マサラチャイはスパイシーでクセになる味

マサラチャイはミルク・砂糖に加えてスパイスも入っているので、甘いのにスパイシーな風味があり、初めて飲む際は少し不思議な味わいを感じるかもしれません。

砂糖とスパイスの組み合わせは意外に思うかもしれませんが、甘さの中にあるスパイスがいいアクセントになっていて、クセになるおいしさです。

現在では、そのクセのある味わいが評判となり、多くのコーヒー専門店やカフェで定番メニューとなっています。

マサラチャイの基本スパイスと作り方

インド人によってつくられ、いまでは日本でも人気を集めているマサラチャイですが、スパイスはいったいどんなものを使っているのでしょうか。マサラチャイに使われているスパイスと、基本のつくり方をご紹介します。

マサラチャイに使われる基本スパイス5種

マサラチャイに使われる主なスパイスは、シナモン・コショウ・クローブ・ジンジャー・カルダモンの5種類です。

シナモン

日本でもスイーツの香り付けなどに使われるシナモンは、クスノキ科ニッケイ属の樹皮からできているスパイスです。甘い香りと、鼻に抜けるような独特な風味が特徴。マサラチャイでは、適度な甘さと香りを出すために使われています。

ジンジャー

日本でも多くの料理に使われているジンジャーは、マサラチャイに入れても爽やかな風味を出してくれます。体を温める効果があることでも知られるジンジャーは、ホットのマサラチャイをつくるときにもぴったりの香辛料です。

カルダモン

スパイスの女王とも呼ばれるカルダモンは、ショウガ科の多年草を原材料としています。清涼感のある香りとほろ苦さ、ピリッとした辛さがあり、エスニック料理などによく使われているスパイス。強い香りがあるので、マサラチャイには少量で使われることが多いです。

クローブ

クローブは、熱帯地方に生育している常緑樹の1種を原材料に使った香辛料です。インド料理のカレーや肉料理にはおなじみの存在。濃厚で独特な甘い香りの中に、ピリっとしびれるような辛さがあります。

ブラックペッパー(黒コショウ)

コショウ科に属するコショウの果実を原料にした、日本でもおなじみのスパイスです。インドの南西部にあるコショウの実を原材料として使うことが多く、刺激的な香りと辛みがあります。

マサラチャイの基本のつくり方

マサラチャイのつくり方をご紹介します。基本の材料は、茶葉・スパイス・牛乳・砂糖・水です。

まずはスパイスを準備します。シナモンパウダーなどそのまま使えるスパイスは特に準備をする必要はありませんが、ジンジャーやカルダモンなどは、あらかじめ切る・潰すといった下準備が必要です。

スパイスを揃えたら、鍋に茶葉とスパイスと水を入れ中火に。沸騰したら火を止め1~2分程待ちます。茶葉がしっかりと開くまで待つのがポイントです。

茶葉が開いたら牛乳と砂糖を加えて強火にし、沸騰直前まで温めて火を止めます。温めたカップの上に茶こしを置いて、注ぎ分けたら完成です。

美容効果もあるマサラチャイの効能とは?

クセになる不思議な味が魅力的なマサラチャイですが、実はおいしいだけでなく、健康や美容にうれしいさまざまな効果があります。

販売されている商品によって含まれるスパイスが異なることがありますので、原材料をしっかり確認してみてくださいね。

身体を芯から温めてくれる

マサラチャイのスパイスとして使われているジンジャーには、辛み成分であるジンゲロンやショウガオールなどが含まれています。これらの成分には身体を芯から温める効果があるので、冷え性でお悩みの方や、風邪を引きやすい人にはぴったりです。

また、ジンジャーには吐き気を抑えたり、免疫力を高めたりする効果もあるといわれています。そのため、吐き気や胃もたれを起こしやすい人にも、ジンジャーの入ったマサラチャイはおすすめです。

フラボノイドによるアンチエイジング効果で若々しく

マサラチャイに使われている紅茶やシナモンには、フラボノイドが多く含まれています。フラボノイドはポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、アンチエイジングにも効果的。お肌の老化や、生活習慣病などを防いでくれます。

抗菌作用があるので、健康的な身体を保つことができる

ジンジャーやシナモンには殺菌作用があるので、風邪の予防や免疫力の強化に効果的です。

また、クローブに含まれているオイゲノールという成分には、食中毒菌の増殖を防ぐという効果も。さらに抗真菌作用もあることから、ニキビなど皮膚の炎症緩和にも効果があるとされています。

味わい深いマサラチャイのおすすめ6選

ミルクと砂糖の甘さ、そして香辛料のスパイシーな風味も合わさり、深い味わいを楽しめるマサラチャイ。ここからは、お店で提供する際におすすめしたいチャイを6選ご紹介します。

モクシャチャイ 80gギフト缶 (26杯分)|モクシャチャイ

アッサム茶葉をベースに、ジンジャー・シナモン・カルダモン・ブラックペッパー・クローブなどのスパイスを加えています。スパイスのバランスがよく、深い味わいを楽しめるのが魅力。

ホットチャイとアイスチャイ、どちらにしてもおいしく飲むことのできるマサラチャイです。こちらは飲食店様、店舗様の物販用サイズの商品です。

オリジナルブレンド|PRANA CHAI JAPAN株式会社

100%セイロンティーとオーストラリア産蜂蜜をベースに、世界各地のスパイスをブレンドしたチャイティーです。

はちみつのまろやかな甘みのあとに、ピリっとしたスパイスが口の中に広がります。化学製品や砂糖は不使用なので、添加物や糖質が気になる方にもおすすめの商品です。

コルカタチャイ|Uf-fu (ウーフ)

アッサムティーをベースに、四万十川産特別栽培の乾燥粗挽ジンジャーを加え、カルダモン精油で香り付け。爽やかな甘みと程よいスパイスの後味を楽しめるマサラチャイです。

たっぷりと入ったジンジャーから、生姜特有の風味も存分に感じられます。冷え性でお悩みの方や、お腹の調子を調えたい時にもぴったりです。

チャイ|TeasBox(ティーズボックス)

インドの紅茶専門家が、チャイ用として特別にブレンドした茶葉です。ゴールデン・ティップスが贅沢に入っており、すっきりとした後味が楽しめます。

このままでもおいしく楽しめますが、スパイスが入っていないので、シナモン・カルダモン・クローブなど、お好きなスパイスをブレンドしてお店オリジナルの味をつくることができます。

自分のお店ならではの味にアレンジして、お店の看板メニューとして提供するのもおすすめです。

Masala Chai|CHANGING SPACE

オーガニックの茶葉とスパイスをブレンドした、ほのかな甘みとエキゾチックな味わいが特徴のマサラチャイ。芳醇でなめらかな風味と共に、ほのかな香辛料の刺激を楽しめます。

オーガニックチャイなので、健康志向の強い女性のお客様にも好まれるのではないでしょうか。

sunny 晴れの日のチャイ|soreto_spice/粉と砂糖と香辛料

シナモンの甘い香りと、カルダモンの明るい爽やかな風味が特徴の、スタンダードなチャイです。有機アッサムの茶葉と、ミルク・スパイスを、クミンの香りがほどよくまとめています。

別添えのきび砂糖を入れると、さらに甘めの仕上がりに。もちろん、砂糖の代わりにはちみつを使ったり、ノンシュガーにしたりといったアレンジでもおいしく飲むことができます。

インドで生まれたマサラチャイは、ミルクと砂糖の甘さに加えスパイスのほどよい刺激がアクセントになり、クセになるおいしさがあります。

また、ただおいしいだけでなく健康や美容にもうれしい効果があるのも、マサラチャイの魅力です。特に健康志向の強いお客様や、美容を気にしている女性からは人気を集めるはず。

メーカーで売られているマサラチャイをそのまま使うのもいいですが、さらにお好みでスパイスやアレンジを加えれば、お店オリジナルのチャイとしても提供できます。深い味わいを楽しめるマサラチャイを、ぜひお店の看板メニューに加えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ