【受賞歴多数】オリジナル和紅茶をつくる茶農家「ハサマ共同製茶組合」が登場 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

戻る

ニュース

【受賞歴多数】オリジナル和紅茶をつくる茶農家「ハサマ共同製茶組合」が登場
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
【受賞歴多数】オリジナル和紅茶をつくる茶農家「ハサマ共同製茶組合」が登場
ハサマ共同製茶組合

ニュース

20.10.09

三重県四日市で、4軒の茶農家が共同工場として創業し、30年近くお茶をつくり続けている「ハサマ共同製茶組合」。現在は代表の山中俊作さんが家族経営しており、近隣の茶農家と協力して大手飲料メーカーへ煎茶を出荷しています。 2014年から紅茶づくりも始め、2015年には国産紅茶グランプリで銀賞受賞し、プレミアムティコンテスト2020では最高賞を受賞。国産紅茶グランプリ2020でも予選を通過するなど、品質の高い紅茶を作っています。 そんなハサマ共同製茶組合の紅茶シリーズ「Kyoukan(キョウカン)」は、“おいしいお茶を飲んでいただいた方々と共感したい”という思いと、茶工場のある挟間(はさま)地区を別読みし名付けられました。 自然豊かで水もおいしい土地でつくられた紅茶。ぜひお試しください。

Kyoukan Black Teaやぶきた紅茶

Kyoukan Black Teaやぶきた紅茶

煎茶用の品種「やぶきた」でつくった紅茶です。
後味に甘みがあり、煎茶品種ならではの日本人が飲みやすい味わいの商品。煎茶特有のさっぱりとした味わいなので、食事や和菓子との相性がよくおすすめです。
冷たい水に一晩つけて、水出し紅茶にしてもおいしくお召し上がりいただけます。

 

 

Kyoukan Black Teaべにふうき紅茶(2020年ファースト)

Kyoukan Black Teaべにふうき紅茶(2020年ファースト)

2020年5月17日に製造した、べにふうき紅茶です。
秋頃まで置いておくと、熟成が進み香りが良くなるため、よりまろやかな味わいになります。フルーティーで濃厚な味と香り、砂糖を入れなくても甘みのある商品。渋みも出にくいので、少量の茶葉でしっかりと抽出ができます。
クリームが添えてある洋菓子やスコーン・パン類、和菓子との相性が抜群。ミルクティーにするのもおすすめです。

 

 

Kyoukan Black Teaべにふうき紅茶(2020年セカンド)

Kyoukan Black Teaべにふうき紅茶(2020年セカンド)

2020年7月12日に製造した、べにふうきの紅茶です。
例年にも増してフルーティーで香り豊かに仕上がり、上記のファーストに比べてよりマイルドな味わい。ファースト同様、クリーム系の洋菓子や和菓子とのペアリングもおすすめです。

 

 

Sample detail

Sample detail

ハサマ共同製茶組合

ハサマ共同製茶組合

<ハサマ共同製茶組合について> 平成2年、四日市市川島町狭間地区内の茶農家4軒が共同工場として創業し、現工場で30年近くお茶を作り続けています。 4軒で始めた共同工場ですが、高齢化により引退が相次ぎ、2017年現在は代表山中俊作の家族のみで運営。 近隣の茶農家と協力し、大手飲料メーカーの契約農家として煎茶を出荷しています。 2014年より紅茶作りを始め、2015年に国産紅茶グランプリで銀賞受賞。 以降も数々のコンテストで受賞。 *最新の受賞歴 ☆Kyoukan Blackteaべにふうき2019ファースト ・2019年プレミアムティーコンテスト ★★★プレミアムティー ・国産紅茶グランプリ2019 プロダクツ部門 金賞 ☆Kyoukan Blackteaべにふうき2019セカンド ・2019年プレミアムティーコンテスト ★★★★★プレミアムティー <Kyoukan茶について> ハサマ共同製茶組合の茶工場は、四日市市川島町の狭間(はさま)地区にあります。 おいしいお茶を飲んでいただいた方々と共感したいという思いと、狭間(はさま)を別読みし、Kyoukan茶と名づけました。 2016年より、「Kyoukan茶」はハサマ共同製茶組合の登録商標となっております。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ