野菜や果物の味がぎゅっとつまった"コールドプレスジュース"でドリンクメニューに幅を。 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ピックアップアイテム

野菜や果物の味がぎゅっとつまった"コールドプレスジュース"でドリンクメニューに幅を。
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
卸業者とつながる

ピックアップアイテム

20.10.20

野菜や果物の味がぎゅっとつまった"コールドプレスジュース"でドリンクメニューに幅を。

おいしく、健康にもよいと注目を浴びている「コールドプレスジュース」。最近では、専門店やカフェなどでも取り扱っているお店が増えてきています。 とはいえ、スムージーと比べると認知はまだまだ低く、その違いを知らない方も多いのではないでしょうか? コールドプレスジュースのはじまりはアメリカ西海岸のカルフォルニア州と言われています。健康だけなく地球環境にも高い意識をもって過ごすライフスタイルが広まったことに端を発し、その流れを受け日本でも女性を中心に広まっていきました。 効率的に栄養を摂取できるため、ダイエットや栄養不足の補給、便通解消、不眠症改善など、さまざまな効果が期待できると言われています。 そこで今回は、コールドプレスジュースに関する基礎的な知識や飲み方の注意点、おすすめのコールドプレスジュース5選をご紹介します。ぜひ、ご参考にしてみてください。

CONTENTS

おいしさがぎゅっと詰まったコールドプレスジュースとは

コールドプレスジュースの効果

コールドプレスジュースの飲み方には注意を

コールドプレスジュース専門店やメーカーが販売するおすすめ商品5選

おいしさがぎゅっと詰まったコールドプレスジュースとは

おいしさがぎゅっと詰まったコールドプレスジュースとは

野菜や果物を使ったジュースには、コールドプレスジュースのほかにもスムージーや市販されている野菜ジュースなどさまざまなものがあります。ここでは、コールドプレスジュースとスムージーやジュースの違い、コールドプレスジュースを作るための「コールドプレス製法」についてご紹介します。

 

スムージーやジュースとの違い

コールドプレスジュースとは、生野菜や果物を低温低速で圧搾する「コールドプレス製法」で作られたジュースのこと。熱が加えられないため素材の栄養素が壊れにくいのが特徴で、さらりとした口当たりでのどごしのよいジュースとなっています。

スムージーは、野菜や果物をミキサーやブレンダーにかけ、水や牛乳、豆乳を入れて作るドリンクです。素材をまるごと潰して作るため野菜や果物の不溶性食物繊維も摂ることができます。ドロっとしたとろみが特徴的でしっかり満腹感を得られるドリンクです。

野菜ジュースは、濃縮還元製法もしくはストレート製法により、加熱・殺菌処理がされているドリンクです。加熱によって壊れたビタミンCや酵素などは、化学的に合成された栄養素を加えることによって補われます。

コールドプレスジュースとスムージー・野菜ジュースの大きな違いは、製造過程での栄養素の壊れやすさです。コールドプレスジュースは、野菜や果物を低温低速で圧搾することにより熱が加えられないため栄養素が壊れにくくなっています。

Sample detail

 

一方のスムージーや野菜ジュースは、高速回転するミキサーや加熱処理により熱が加えられるため、栄養素が壊れやすいというデメリットがあります。

また、コールドプレスジュースとスムージーでは、口当たりや含まれる食物繊維の種類も異なります。コールドプレスジュースは素材の繊維質を取り除いておりサラサラとしたのどごし、スムージーは繊維質が残っておりドロっとした飲みごたえのあるドリンクです。

それぞれ製法や口当たり栄養素の入りかたが異なるため、自分の体質や趣向にあったものを選ぶといいですね。

 

コールドプレス製法とは

Sample detail

コールドプレス製法とは、スロージューサーと呼ばれるジューサーを使い、素材を低温低速で圧搾する製法です。遠心分離式や高速回転のジューサーの難点は、刃が高速回転するため、絞る過程で摩擦熱が加わり栄養素が破壊されてしまうこと。

しかしコールドプレス製法では、1分間あたり75~160回転の低速なスロージューサーを使うことでゆっくりと時間をかけながら強い圧力ですり潰していきます。そのため栄養素を失うことなくジュースを作ることができるのです。

 

 

コールドプレスジュースの効果

コールドプレスジュースの効果

コールドプレス製法によりじっくりと時間をかけて圧搾されたコールドプレスジュースは、健康面でより多くの効果をもたらすとされています。うまく活用することでダイエットや栄養不足のサポート、便通解消には欠かせない存在にも。

ここでは、コールドプレスジュースの効果について、栄養素の破壊が少ないこと、消化が早く吸収率が高いこと、消化器官への負担が少ないことについて詳しく説明していきます。

 

果物や野菜に含まれる栄養分の破壊が少ない

ジュースの原材料となる果物や野菜にはたくさんの栄養素が含まれています。代表的なものではビタミンCが挙げられますが、これは繊細な栄養素です。もともと栄養素自体が壊れやすいですが、酸素やアルカリ性、光、熱に大変弱いです。

他にも、栄養素はちょっとした刺激などによって、吸収率が悪くなってしまうのなど繊細なものが多いです。

コールドプレスジュースの製造方法は、上記で説明した「コールドプレス製法」を使っているため、こういった栄養素の破壊が抑えられます。野菜や果物の栄養素をなるべくそのまま摂取できるという点はとても魅力ですね。

 

消化は早く、吸収率は高い

コールドプレスジュースは、消化にかかる時間が短い上に、吸収率が高いのも特徴のひとつ。コールドプレスジュースの消化時間はたったの10~15分。生の果物が消化に約3~5時間程度かかるのに比べるととても早いことが分かります。

また、吸収率も生の果物が17%、コールドプレスジュースが吸収率65%です。コールドプレスジュースのほうが圧倒的に吸収率が高くなっています。ダイエットや栄養不足を効果的にサポートしてくれて胃腸にも優しいドリンクです。

Sample detail

 

胃や内臓などへの負担が少なく、身体にやさしい

胃に負担のかかる食品添加物をたくさん摂取したり、野菜や果物からの栄養摂取の機会が少なくなると腸内環境悪化の原因に。

コールドプレスジュースは腸内環境を整えることで身体機能の活性化を促すクレンズ効果があるので身体にとてもやさしいドリンクです。食事をコールドプレスジュースに置き換えることで、胃の負担を和らげ、消化器官を休ませながら栄養を摂取することができます。

消化に使っていたエネルギーの40%はデトックスや再生に利用され、栄養素を吸収しやすい状態にし、便通解消や内臓脂肪の減少、不眠症改善に効果的です。

 

 

コールドプレスジュースの飲み方には注意を

コールドプレスジュースの飲み方には注意を

クレンズにより健康に効果のあるコールドプレスジュースですが、飲み方を間違えるとよりよい効果が得られなくなる可能性があるので注意が必要です。ここでは飲み方の注意点を4つご紹介します。

注意点1.飲むタイミングには注意を

コールドプレスジュースは味によっては糖分が多く含まれている場合があります。そのため、太りやすくなる夜ではなく朝に飲むのがおすすめです。ただし、レモンやゆず、セロリなどは光毒性があるため、紫外線を浴びることでシミや肌荒れの原因になる可能性もあるので、摂取する際は気を付けてください。

 

注意点2.冷やして飲むのがオススメ

コールドプレスジュースは、生きた酵素などが含まれるため常温での保存ができません。身体を冷やさないために常温で飲み物を飲む方も、コールドプレスジュースに関してはしっかり冷やして飲んでいただくことをおすすめします。

 

注意点3.実は、あまり飲まないほうがいい方もいる?

コールドプレスジュースの栄養素や酵素は、腸内で強くはたらくため、場合によってはお腹をくだしてしまうことも。そのため、妊娠中や風邪などで免疫が低下している時や、お年寄りや子どもが飲む際には注意が必要です。

 

注意点4.クレンズによるダイエットの実施期間は、短期間で。

コールドプレスジュースでのクレンズは1〜3日間で行うのが最適とされています。長期間の食事の置き換えは、栄養バランスを崩してしまうのでおすすめできません。また噛むことが少なくなり唾液の分泌が減ることで、消化不良や菌の増殖による口臭や虫歯、歯や歯茎が弱くなることの原因にも。

Sample detail

 

ほかにもホルモンバランスが崩れやすい生理期間中は避けたり、実施数日前から食事量を減らし、胃を小さくして慣らしておくなどの配慮が必要です。

 

 

コールドプレスジュース専門店やメーカーが販売するおすすめ商品5選

コールドプレスジュースを販売するお店は全国各地にあります。こだわりぬいて作られるジュースは、野菜や果物の素材本来のおいしさを存分に味わうことができる逸品揃いです。 ここではおすすめのコールドプレスジュース5選を紹介します。

ビーツりんごジュース/株式会社ベルファーム

Sample detail

茨城県つくば市ににある株式会社ベルファームでは、特許技術を用いたコールドプレス製法冷凍ジュースや農薬・化学肥料不使用の野菜を販売しています。

ジュースには、青汁を栄養価を保ったまま絞るために開発した超低速搾汁機の特許技術を活用。抜群の鮮度と素材の豊かな風味には絶対の自信があり、野菜や果物の本来の味を楽しむことができます。

ビーツりんごジュースは、国産のビーツとりんごを使用した栄養たっぷりのジュースです。着色料・保存料・酸化防止剤などを使用せず、飲みやすく後味のさわやかなジュースとなっています。

 

青汁シークワーサー入り/株式会社ベルファーム

Sample detail

同じく、株式会社ベルファームが販売する商品。青汁シークワーサー入りは、朝採りの新鮮な国産ケールを100%使用した青汁に、沖縄産シークワーサーと国産のてんさい糖を加えたジュースです。

爽やかな酸味と甘みが絶妙にマッチした飲みやすい青汁となっています。シークワーサーに含まれるノビレチンやビタミンC、クエン酸を摂取できるのも嬉しいですね

 

チャコールアサイー/amaサラダ

Sample detail

チャコールアサイーはりんごをベースにスパーフードのアサイーやチャコール(炭)などを使用したデトックスをテーマにしたジュースです。

amaサラダは、2014年尼崎・杭瀬商店街にオープンしたサラダ・ジュース専門店。飲食店やホテル、空港ラウンジなどのジュースの製造もしています。

野菜や果物は、厳選したフルーツ専門店や市場、農家から仕入れたものを使用。ジュースは水や熱、砂糖を加えず、サラダは野菜本来の甘みを引き出すスチーム製法によって作られ、大量生産できないほどこだわり抜いた調製によって生み出されます。

 

ケールグリーン/amaサラダ

Sample detail

同じくamaサラダが販売する商品。ケールグリーンはオレンジをベースに小松菜とケールをふんだんに使用しながらも飲みやすく仕上げています。

体内リセットなどで取り入れられてるコールドプレスジュースは、素材の持つ栄養素をそのまま体の中まで送り込むのでデトックスや体内リセットとして活用されています。提供の際は流水で解凍後提供できるのでロスの心配もほとんどありません

 

Long-life Juice 1/Why Juice?

Sample detail※こちらの商品は、瓶詰の際に若干熱が加わっているため、正確にはストレートジュースとなります。

Why Juice?は、2014年代官山にオープンしたコールドプレスジュースの専門店。保存料や食品添加物を使用せず、野菜や果物の味わいをぎゅうと詰め込んでいます。

人気の「Long-life Juice 1」は、国産の無農薬・減農薬の素材を使用し、素材のうまみを感じられる100%ストレートジュース。新潟県産のにんじんとジンジャー、長野県産のりんごとセロリ、愛媛県産のレモンを合わせたジュースです。

優しい甘さとさわやかな風味に、アクセントのジンジャーを加え飲みやすく仕上げています。にんじんとりんごは、アンチエイジングにも効果的です。

 

Long-life Juice 2/Why Juice?

Sample detail※こちらの商品は、瓶詰の際に若干熱が加わっているため、正確にはストレートジュースとなります。

同じく、Why Juice?が販売する「Long-life Juice 2」。兵庫県産のみかん、長野県産のセロリ、神奈川県産の小松菜を合わせたビタミンやミネラルをたっぷりのジュースです。

さわやかな飲み口は、みかんとセロリの青さによるもので、小松菜がいいアクセントを加えています。活動的な日にも、身体の内側からケアができるジュースです。

 

 

野菜や果物を低温低速で圧搾するコールドプレス製法によって作られる「コールドプレスジュース」。
栄養素の破壊が少ない・消化吸収がよい・消化器官への負担が少ないなどの効果があり、ダイエットや栄養不足のサポート、便通解消、不眠症改善が期待できます。

飲むタイミングやジュースの温度、飲まないほうがいい場合、クレンズによるダイエットの実施期間に注意して、正しい飲み方でよりよい効果を得られるようにしたいですね。

また、こだわりのコールドプレスジュースを販売しているお店も全国にたくさんあるので気になる方はぜひチェックしてみてください。
ぜひコールドプレスジュースを日々の生活の中に取り入れて、美しく健康的な身体を手に入れましょう。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ