漁業の未来につなげたい。百年続く小さな水産会社のおいしいものづくり | 今市水産 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ピックアップアイテム

漁業の未来につなげたい。百年続く小さな水産会社のおいしいものづくり | 今市水産
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
卸業者とつながる
今市水産

ピックアップアイテム

20.10.20

漁業の未来につなげたい。百年続く小さな水産会社のおいしいものづくり | 今市水産

愛媛県南部、宇和海をへだてた対岸には大分県を望むことができる漁港町、西予市明浜町。南予と呼ばれ、穏やかな気候と海山両方の自然にも恵まれたこの地は、愛媛県特産の柑橘類の他に、古くからちりめん漁が盛んなことでも知られています。 今市水産(いまいちすいさん)は、そんな明浜町で明治後期から実に100年以上わたり、家族代々漁業を営んできた水産会社。 そして、一昨年前から開始したのが、しらすやちりめんの加工食品の製造です。 次世代の漁業につなげたいという想いが込められた加工食品は、新鮮な素材と丁寧な手作業でつくられ、安心安全に食べられる渾身の商品となっています。 今回は、そんな今市水産のこだわりの商品についてご紹介していきます。

CONTENTS

次世代への危機感からスタートした加工食品製造。地元が協力して作り上げた明浜町の未来の特産品

漁獲から加工まで全て手作業。鮮度抜群の自然のままのおいしさを提供しています。

手作りにこだわった今市水産を代表する商品をご紹介

次世代への危機感からスタートした加工食品製造。地元が協力して作り上げた明浜町の未来の特産品

次世代への危機感からスタートした加工食品製造。地元が協力して作り上げた明浜町の未来の特産品

今市水産は、愛媛県西予市明浜町で代々家族経営で水産業を営む小さな会社。元々は地元の特産であるちりめん漁を中心とした漁業を生業としてきました。

そんな今市水産が加工品の製造を始めたのは、一昨年前の平成30年から。その背景には年々高まる漁獲量の減少があったそうです。

4代目で代表の今市 貴信さんは、「私が漁師になった23年前から、豊漁と言われる年はたった2年程度。恐らくこの先も漁獲量が以前のように安定回復することはないと思います。」と、その深刻な危機感を語ります。

「息子や子供達の世代が、漁師になりたくても希望が持てないから漁師になれない。そんな状況に何もせず終わりを迎えることだけはしたくない」
そんな想いから始めたのが、加工食品の製造でした。

ただ最初はノウハウもなく、わらにもすがる思いで頼ったのが、当時西予市が行っていた「地元産品を使った加工品開発セミナー」。
講師の先生や市、県の職員、地元の一次産業の友人など、多くの人達に支えられ、2年半の歳月をかけてようやくひとつの商品を作り上げることに成功したそうです。

そうやって生まれた製品には、本当においしいと思えるものを届けたいという作り手のプライドと、次世代で漁業に携わる人たちへの希望が込められています。

 

 

漁獲から加工まで全て手作業。鮮度抜群の自然のままのおいしさを提供しています。

漁獲から加工まで全て手作業。鮮度抜群の自然のままのおいしさを提供しています。

今市水産では、漁獲した素材を水揚げの15分後には釜茹でを行っており、時間を開けずに加工することで高い鮮度が保たれています。漁獲から加工までを一貫して行っているいるからこそ、新鮮な味わいを出すことに成功しています。

また、釜茹で以外のすべての工程が丁寧な手作業で行われていることも大きな特徴です。道具や機械を使用する工程を最大限まで減らすことで、商品の傷みを少なくできるのだそう。

少量を手作業で作り上げることで、水揚げから加工までのすべての工程において、自信を持って販売できる商品に仕上げているのです。

そんな丁寧に手作業で製造されている今市水産の商品は、愛媛県だけでなく全国各地のお店で取り扱われています。

感度の高いエリアとしてしられる目黒区・学芸大学にある食のセレクトショップ「GOOD FORTUNE FACTORY」や、全国各地の上質な保存食を取り扱う清澄白河の「HOZON」、日本全国の雑貨や伝統工芸品が集められている「日本百貨店」など、セレクトにこだわりを持つお店ばかりです。

 

 

手作りにこだわった今市水産を代表する商品をご紹介

しらチョビ

Sample detail

漁獲した無添加しらすを新鮮なうちに加工し、高知県産のオーガニックハーブを効かせたエクストラバージンオリーブオイルにつけています。にんにくや赤唐辛子、黒コショウがピリッとするアクセントに。

バケットにのせたり、サラダに混ぜたりするだけで、簡単に1品完成します。

 

 

漁から加工まですべて自社でこだわって行っているので、その品質は折り紙付き。添加物なども使用していないので大人も子供も安心して食べることができます。

ただ売るだけではなく、「自分たちが本当においしいと思うものを作る」という理念で作られているのも大きな魅力です。そのために製品作りには妥協せず、最後まで丁寧にこだわって作られています。体に優しいしらすの製品やちりめん山椒が気になるという人は、ぜひ利用してみてください。

今市水産

今市水産

わたしたち今市水産は愛媛県西予市明浜町という柑橘の栽培が盛んな海辺のまちでちりめん漁と加工業などを営む小さな水産会社です。 家族経営で水産業をはじめて、百余年が経ちました。 漁獲から加工までをすべて手作業で行なっています。 小さな会社ではありますが、小さいなりの強みは自分たちが本当においしいと思えるものを妥協せずにつくれることです。 添加物などを使用せず自然のままのおいしさをお届けしたいと考えています。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ