【カフェメニューの定番に】しっとりふわふわ食感の手作りバウムクーヘン|株式会社メルヘン | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

戻る

ピックアップアイテム

【カフェメニューの定番に】しっとりふわふわ食感の手作りバウムクーヘン|株式会社メルヘン
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
卸業者とつながる
【カフェメニューの定番に】しっとりふわふわ食感の手作りバウムクーヘン|株式会社メルヘン
株式会社メルヘン

ピックアップアイテム

20.07.20

しっとりとした口当たりや、優しく素朴な味わいが魅力のバウムクーヘン。子供から大人まで、あらゆる世代に愛される人気スイーツです。 コーヒーや紅茶との相性もよく、バウムクーヘンを看板メニューにするカフェも増えています。「うちも店内で美味しいバウムクーヘンを提供したい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、手作りでバウムクーヘンをイチから作るのはかなり手間がかかるもの。あの年輪のような美しい断面は、生地を焼いて焦げ目をつけ、またその上から生地を塗る…という地道な工程の繰り返しによって生まれているのです。 そこで今回は、お店でカフェドリンクに合わせて提供できる看板スイーツをお探しの方におすすめしたい、株式会社メルヘンの美味しい手作りバウムクーヘンをご紹介します。

CONTENTS

ロードレーサーの聖地で生まれた、こだわり食感の手作りバウム

スペシャルティコーヒーとの相性抜群、ドリンクメニューの魅力を引き立てるパートナーに

お子様からお年寄りまで楽しめる、しっとり食感が際立つ定番の「しっとり生バウム」

サクサクもっちりで食べ比べも楽しい、切り株デザインの「もっちりバターバウム」

食べきりサイズが嬉しいミニサイズも。チーズ/チョコインバウム

ロードレーサーの聖地で生まれた、こだわり食感の手作りバウム

ロードレーサーの聖地で生まれた、こだわり食感の手作りバウム

株式会社メルヘンのバウムクーヘンは、同社が経営する大阪府八尾市のカフェ『フランシージェファーズカフェ』店内のファクトリーで一つひとつ手作りされ、全国の卸先に届けられています。

フランシージェファーズカフェは、奈良との県境にある「十三峠」の近くにあります。この十三峠は、「ロードレーサーの聖地」と呼ばれる有名スポットで、このエリアには峠を目当てに全国からロードレーサーが集います。

そんなロードレーサーたちのための憩いの場を作り、地域の活性化に貢献したいという思いから、フランシージェファーズカフェは2017年に「自転車とバウムクーヘン」をコンセプトに誕生しました。

店内はロードバイク用のスロープや駐輪スペースが設けられ、ロードレーサーたちに優しい設計。そしてそのカフェスペースの看板スイーツとして提供されているのが、自転車の車輪の中心に使われる部品「スプロケット」をイメージして作られたバウムクーヘンです。

Sample detail

 

 

メルヘンのバウムクーヘンのこだわりは、その特徴的な食感にあります。バウムの種類によっても異なるその食感は、幾度となく繰り返された試行錯誤の末に完成されたもの。
例えば、しっとりふわふわな食感が人気のメルヘンの定番商品『しっとり生バウム』。しっとり感を追求するため、使用するはちみつの選定や生クリームの配合にとことんこだわり抜いています。

また、通常のバウムクーヘンよりも生地を薄くゆっくりと重ねて焼き上げ、その後時間をかけて熟成させることで、独自のしっとり感を生み出すことに成功しました。

この熟成時間において、ただそのまま置いておくだけでは、そのしっとりさゆえに生地が心棒から落ちたり、バウムクーヘンの形が楕円形になってしまいます。そのため、職人が20から30分に一度はバウムの状態を確認し、回転させるという作業を行っています。

また、『もっちりバターバウム』の開発においては、特にオーブンの温度調整には苦労したとのこと。生地の外側になるにつれ、重ねる生地の量や回転の遠心力、オーブンの温度を調整し、外側はサクサク、中はもっちりとした食感に仕上げています。

また、高温で焼き上げても風味を損なわないよう、生地には発酵バターを使用。より芳醇な香りと味わいが楽しめるようになっています。
まさに、熟練の職人でないと作れない、こだわりのバウムクーヘンです。

 

 

スペシャルティコーヒーとの相性抜群、ドリンクメニューの魅力を引き立てるパートナーに

スペシャルティコーヒーとの相性抜群、ドリンクメニューの魅力を引き立てるパートナーに

メルヘンのバウムクーヘンは、「スペシャルティコーヒー」と一緒に提供するのがおすすめです。

その深いコクと芳醇なバターの香りが、繊細ですっきりとした味わいのスペシャルティコーヒーと相性抜群。その魅力をより一層引き立ててくれます。

また、そのまま提供することはもちろん、お店オリジナルのトッピングを加えて提供することもおすすめです。

メルヘンがおすすめしているのは、生クリームやフルーツをトッピングしたバウムケーキ。通常のスポンジケーキの代わりにバウムを使用することで、コク深くリッチな味わいに仕上げることができます。

自信を持って提供できるスイーツをお店のメニューに取り入れることで、お客様に幅広い提案ができ、客単価アップも期待できます。

 

 

お子様からお年寄りまで楽しめる、しっとり食感が際立つ定番の「しっとり生バウム」

素材の選定にこだわり丁寧に焼き上げられた、メルヘンの定番商品である自家製バウム。

生地には深いコクが特徴の北海道産生クリームと、クセのない上品な甘さのハンガリー産アカシア蜜を使用しています。できる限り「しっとり」とした食感を目指し、通常のバウムクーヘンよりも薄く、ゆっくりと生地を重ねて焼き上げています。

焼き上げた後は、20分から30分に一度生地の状態を確認しながらバウムを回転させ、数時間かけてじっくりと熟成。素材本来の味を際立たせるため砂糖コーティングはせず、甘さ控えめに仕上げています。

 

 

サクサクもっちりで食べ比べも楽しい、切り株デザインの「もっちりバターバウム」

Sample detail

まるで切り株のような、個性的な形が特徴のバウムクーヘン。
生地には北海道産の発酵バターをたっぷりと練り込んでおり、シンプルながらも芳醇な香りと味わいが楽しめます。

焼き上げる際、外側へいくにつれて温度と回転速度をあげることで、内側はもっちりしっとり、外側はサクサクとした食感に仕上げています。最後の3層は、300度をはるかに超える高温で一気に焼き上げます。熟練の職人技によって作られる新食感は、ぜひ一度お試しいただきたい逸品です。

 

 

食べきりサイズが嬉しいミニサイズも。チーズ/チョコインバウム

食べきりサイズが嬉しいミニサイズも。チーズ/チョコインバウム

定番バウムクーヘンの中に北海道クリームチーズ&カスタードを詰めた、チーズインバウム。サイズが一回り小さい食べきりサイズなので、お客様におすすめしやい商品です。種類は他にもチョコレートもあるのでメニューの幅がさらに広がります。

 


 

素材選びや焼き方にこだわり、個性的でおいしい自家製バウムクーヘンを次々に生み出しているメルヘン。
八尾に集うロードレーサーたちに愛されてきた手作りバウムは、きっと全国で人々の心を癒すことでしょう。

食感を追究したその独自の製法や、斬新なデザイン、おいしく食べるアイデアなど、バウムクーヘンの可能性を切り拓いていくメルヘンから、今後も目が離せません。
メルヘンの商品はKITCHEN BROTHERSで発注が可能です。 下記よりお気軽にお問い合わせください。

株式会社メルヘン

株式会社メルヘン

私達のバウムクーヘンは全て自社のファクトリーで一本一本焼き上げています。 卵黄の割合が多くなるよう、卵はあえてM寸を使用、バターと発酵バターをタイプに合わせて使い分けるなど、全ての素材を大切にしています。 効率よりも安全・安心を優先した品質管理を徹底し、素材選び同様、焼成も一層一層丁寧に行っています。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ