歴史が織りなす多様なビールを自由に楽しむ。BRUSSELS・藤田さんに聞くベルギービール入門 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ブランドストーリー

歴史が織りなす多様なビールを自由に楽しむ。BRUSSELS・藤田さんに聞くベルギービール入門
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
BRUSSELS Co.,Ltd.

ブランドストーリー

20.10.14

歴史が織りなす多様なビールを自由に楽しむ。BRUSSELS・藤田さんに聞くベルギービール入門

今ではすっかり市民権を得て、全国各地に広がるクラフトビール。KITCHENBROTHERSでも豊富に取り扱っています。日本では「ビールと言えばドイツ」のイメージが強いですが、実はそのドイツと匹敵するほど、歴史と多様性を持っているのがベルギービールです。 1986年創業で、都内に5店舗と仙台に1店舗展開し、輸入・販売事業も手掛けている「BRUSSELS」は、 そんなベルギービールの押しも押されぬパイオニア的存在。 ディレクターをつとめる藤田さんは、なんとベルギービール醸造所組合から「ベルギービール名誉騎士」を授与された方でもあります。今回は、そんな知れば知るほど奥が深いベルギービールについて、藤田さんにお聞きしました。

CONTENTS

世界のビールの中でも歴史深さと自由さが魅力的なベルギービール

ベルギービール名誉騎士・藤田さんに聞く、最新のベルギービールとは

【初心者にオススメ】飲みやすさと幅の広さを楽しめるベルギービールの楽しみ方

BRUSSELSが今オススメするベルギービール5種類

世界のビールの中でも歴史深さと自由さが魅力的なベルギービール

ブラッセルズ株式会社取締役・ベルギービールスペシャリスト 藤田孝一さん
2002年ブラッセルズ(株)入社。カフェヒューガルデン新宿、ブラッセルズ神楽坂店での勤務を経て、ブラッセルズ神谷町店を立ち上げを経験。その後、ブラッセルズ30周年記念ビール「ソレイユ ルヴァン」がベルギーと日本の架け橋になったビールとして、ベルギーの首相から訪ベルギー中の安倍首相に紹介される。2016年には、ベルギービール名誉騎士の称号をベルギー醸造所組合より授与。

 

 

まず最初に、藤田さんご自身はどんな風にベルギービールにはまっていったんですか?

元々飲食業が好きで、実はブラッセルズの前はアフリカンレストランで調理担当もしていました。異文化的なものが昔から好きだったんです。
その後、今は新宿にあるカフェヒューガルデン(現在はブラッセルズビアプロジェクト新宿)で働き始めたことで、ベルギービールと出会いました。

それまであまり意識していなかったベルギービールですが、そこで当時の店長さんにいろいろ教わって飲んでいくうちに、味やストーリー、文化的要素などの奥深さに興味が湧いてきたんです。

最初は苦手だなと思っていた味も、いろいろ飲んでるうちに好きになりはまっちゃいましたね。

 

たしかに、ベルギービールは他の国のビールに比べてスタイルも豊富なように感じます。

ベルギービールって自由なんです。
まず、ベルギーでは元々あまり良いブドウが採れなくてビール文化が発達したと言われています。それとあわせて、中世のキリスト教の歴史の中で、修道院でビールを作っていたことがトラピストビールやアベイビールに、また風土や様々な要因があり現代のセゾンとかランビックとかトリプルのようなベルギー独特のスタイルにつながっています。

一言で言えばビールの多様性が特徴の一つだと言えます。

あとは生活にビールが密着してるっていうところも大きいですね。文化なんですよ。ユネスコの無形文化遺産にも指定されている。文化っていうと堅く聞こえるんですけど、生活の中にビールが普通に溶け込んでいるんです。

 

ビール大国のドイツもお隣ですが、その影響もあるのでしょうか?

ヨーロッパにはいろんなビールがありますが、そこは割と保守的で意外と混ざらないんです。意外かもしれないですけど、ベルギーではイギリスのビールも、アメリカのビールも、ドイツのビールも見ることは少ないです。

保守的な面もありますが、良く言えば自国の文化をきちんと守る。その中で独自のビール文化を築いていると思います。

 

 

ベルギービール名誉騎士・藤田さんに聞く、最新のベルギービールとは

ベルギービール名誉騎士・藤田さんに聞く、最新のベルギービールとは

今ベルギーの中ではどんなビールが増えてるんですか?

最近はベルギーで入手できるホップの種類もすごく増えて、いわゆるIPAや、ニューイングランドIPAも豊富に出ています。そういうのが逆に若い子たちに受け入れられてますね。

クラシックなベルギービールだけじゃなくて、新しいものが出てきて、それが支持されている。そういった形で、昔のものと新しいものが混ざっているので、今ベルギービールシーンはすごく面白いと思います。

 

IPAは海外のスタイルだと思いますが、"ベルギーらしさ"みたいなものもあるのでしょうか?

ベルギーではバランスが大事だと考えられています。以前サンフーヤンというブリュワリーが、ウエストコーストIPAをヨーロッパ向けに醸造することになったとき、本来の良さを残しながらもそこまでホップを入れすぎず、モルトとのバランスを整えてつくっていました。

本来ならホップを大量に入れるのですが、それは絶対ヨーロッパではうけないというので。そういったバランス感覚はベルギーらしさかもしれないですね。

 

基本の考え方としては、ずっと食事の中で飲み続けられるような感じなのでしょうか?

そうですね。日常に飲むものですから、飲み続けられるというのは大事です。

あまり極端な感じじゃなく、日常の中に入り込めるようなビールが多いとは思います。ただ日々飲むビールと特別なときに飲むこういうビールとか、飲み分けてる感じはあります。

皆さんそれぞれ自分の好きなビールがあって、今日これ飲もうというのを自分たちで選択して飲んだり、お店に行ったり。そういうことができるくらいビアカフェがいっぱいあるので、そういう意味ではいい国ですね(笑)

 

 

【初心者にオススメ】飲みやすさと幅の広さを楽しめるベルギービールの楽しみ方

 【初心者にオススメ】飲みやすさと幅の広さを楽しめるベルギービールの楽しみ方

ベルギービールを知らない方はどんなものから試していけいけばいいですか?

ビールの好みって聞かれてもあまり分からないと思うんです。なのでお店でスタッフに聞いてもらうのが一番いいですが、その中でもやっぱりベルギーならではのビールから入ってもらうのがいいと思います。

例えばホワイトビールやセゾンビール、フルーツビールとか。そのあたりから入ってもらうのが面白いかなと思います。セゾンやホワイトは元々ベルギーが発祥なので、まずは飲んでもらいたいです。

あとベルギービールって瓶内熟成するので、ものによってはフレッシュなビールがおいしいわけでもないんです。ベルギーだと同じ銘柄で樽生とボトルがあると、ボトルの方がおいしくなるってみんな言います。

樽はフレッシュでおいしいんですが、ボトルはボトルのおいしさがあり、ベルギービールの場合は種類がたくさんあるので、ぜひチャレンジしてもらいたいですね。

 

扱う側の飲食店さんに、提供方法などでおすすめの方法はありますか?

ベルギービールはグラスとセットで飲まないといけないみたいなイメージもありますが、そこはあまりこだわる必要はありません。最近は新しいビールもたくさん出てきているので、ほんとに気軽に扱ってもらえるといいですね。

ベルギービールってちょっと未知なところがあるのでとっつきにくいかもしれませんが、お店さんは専門店じゃなくて全然いいし、むしろそういう人たちに扱ってもらいたいですね。

 

 

BRUSSELSが今オススメするベルギービール5種類

1.セゾンデュポン

Sample detail

セゾンビールの元祖とも言えるビールで、世界中のブリュワーたちがこのセゾンデュポンをお手本にしているという一面もあるほどのセゾンです。

ホップが効いて、わずかに酸味もあるため料理とも合わせやすいです。ベルギーだと前菜ぽい生ハムやサーモン、サラミなどと合わせます。藤田さんによれば、ちょっと軽めの料理がお勧めですが、オールマイティーなビールなので、食事の最初から最後までこれ1本でも満足できるとか。

ベルギービールの文化を世に広めること、そしてベルギービールを通じて日本のクラフトビールを盛り上げること、その2つがブラッセルズの最大のミッションだと藤田さんは言います。そして飲食店はそんな夢を叶えてくれる大きな支えになると。

「ベルギーでは日常的なレストランやバーに普通にいろんなビールが入ってるので、そういう風になっていくと面白いなと思いますね。」

藤田さんの言葉の通り、ベルギービールは本当に種類も豊富で、味わいも豊か。お店のお酒メニューに彩りを加え、話題を提供するのにはもってこいの商品と言えます。
世界中のクラフトビールブームを巻き起こした張本人でもあるベルギービール。ぜひ一度お試しください。

BRUSSELS Co.,Ltd.

BRUSSELS Co.,Ltd.

ベルギーには、町の至るところに「広場」があります。さまざまな人が集まり、思い思いに時間を過ごす。 フラマン語でもフランス語でもない「BRUSSELS /ブラッセルズ」という英語表記にしたのは、ベルギービールの美味しさと楽しみ方を伝える場所は、開かれていたほうがよいという創業者のメッセージです。 ブラッセルズはいつも皆さんの「広場」でありたい、そう考えています。 これからもブラッセルズはベルギービールのパイオニアとしての誇りを持ち、美味しさと、楽しみ方を広く伝えていきます。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ