ココロもカラダも健康になる、Kururiのグルテンフリー&低糖質おやつ | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ブランドストーリー

ココロもカラダも健康になる、Kururiのグルテンフリー&低糖質おやつ
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
Kururi

ブランドストーリー

20.09.28

ココロもカラダも健康になる、Kururiのグルテンフリー&低糖質おやつ

おいしいお菓子やパンケーキは、子どもだけじゃなく大人だって大好き。コーヒーのお供や自分へのご褒美に、また、贈り物でもらっても嬉しいですよね。 しかし、健康な身体作りに気を使う人が増えた今、「グルテンフリー」や「低糖質」を心がけている人は多いのではないでしょうか。 好きなおやつを我慢している方や、ちょっぴり罪悪感を持ちつつ食べている方もたくさんいると思います。 今回紹介する「Kururi」は、グルテンフリー&低糖質なのにとびきりおいしいクッキーやドーナツを販売しているおやつのブランド。体が喜ぶ原材料で作られているだけでなく、そのおいしさに心も喜ぶと好評なんです。 今回はブランドを始めたきっかけや商品の魅力について紹介します。

CONTENTS

「体に良い上においしい」を目指してたどりついた、つい笑みがこぼれるおいしいおやつ。

厳選されたオーガニックな原料を使用し、素材同士の相性も考慮。おいしさにこだわったハンドメイド製法です。

カフェで提供用のお菓子からギフトまで。さまざまなシーンで活躍する真心のこもった"おやつ"ブランド

ヘルシーでおいしい、Kururiのおすすめ商品をご紹介

「体に良い上においしい」を目指してたどりついた、つい笑みがこぼれるおいしいおやつ。

「体に良い上においしい」を目指してたどりついた、つい笑みがこぼれるおいしいおやつ。

「Kururi」は、グルテンフリー&低糖質、白砂糖不使用など、原材料にとことんこだわったおやつを作るブランドです。

代表を務めるのは、日本初の水中専門モデルという顔も持つ飯島史子さん。

飯島さんは、長男が幼稚園の頃にある難病にかかったのをきっかけに、体に良い食事をストイックに実践し始めました。当時3人のお子さんがおり、飯島さんはお子さんのためにほとんど1日中キッチンで料理をしていましたが、病気がよくなる訳ではなかったそうです。

そんなある日、飯島さんはお子さんに「ママが全然笑ってない」と泣きながら言われ、ハッとします。「体に良い食事」にこだわりすぎて、精神的にも追い詰められて、飯島さんも子どもたちも全然笑えていなかったのです。

食べるもので体が作られるのは間違いではないかもしれません。しかし、「楽しいこと」や「おいしいこと」も心の栄養になって、体を作っているはず。
子どもたちの笑顔のために、飯島さんは食の在り方について考え直しました。

そうして、「つい笑みがこぼれるおいしさ」を1番優先に考えた「Kururi」のおやつが生まれたのです。

健康を考える人も、ダイエットを頑張る人も、小麦や卵が食べられないお子さんも、みんな一緒に「おいしい」と笑えるおやつです。

 

 

厳選されたオーガニックな原料を使用し、素材同士の相性も考慮。おいしさにこだわったハンドメイド製法です。

厳選されたオーガニックな原料を使用し、素材同士の相性も考慮。おいしさにこだわったハンドメイド製法です。

おいしさを大事にする「Kururi」ですが、だからこそ原材料にも強いこだわりがあります。

使用している原料はすべて自然由来のもので、人工添加物は一切不使用。ドーナツには大豆粉、クッキーにはココナッツ粉を使用し、通常お菓子作りに使われる小麦粉や米粉、きび糖、甜菜糖、植物油などは使用していません。
(「大豆のホットケーキミックス粉」には米粉と甜菜糖を使用しています)

また、できる限りオーガニックのものを採用し、「非遺伝子組み換え(NonGMO)」も必ずチェック。

甘みはカロリーゼロの天然甘味料・エリスリトールを中心に、食後血糖値の指標であるGI(グリセミック・インデックス)の低いオーガニックココナッツシュガーとオーガニックアガベシロップで味のバランスを整えています。

オイルには、オーガニックエクストラバージンココナッツオイルと、牧草のみを食べて育った牛から作られるヘルシーなグラスフェッドバターを使用。

大豆粉がメインだから、低糖質・高たんぱくで、食物繊維もたっぷり。栄養価が高く、ごはんの代わりとしてもオススメです。

Kururiのレシピは、笑みがこぼれるおいしさのために素材と素材の相性も追求し、3年もの期間をかけて開発されています。

通常、グルテンフリーの食品はグルテンを含むものに比べて味気なかったり、代わりの原料の独特な味がしたりするものものありますが、Kururiの製品は独自のレシピでグルテンフリーとは思えないほどの自然なおいしさを実現しています。

また、ひとつひとつ、すべてハンドメイドにて丁寧に作りあげていることもおいしさの秘密。

Kururiのクッキーは障害を持っている方が働く福祉施設にて製造されています。おいしく食べるだけで、ささやかながら支援にもなる。これもまた、心が喜ぶポイントではないでしょうか。

 

 

カフェで提供用のお菓子からギフトまで。さまざまなシーンで活躍する真心のこもった"おやつ"ブランド

カフェで提供用のお菓子からギフトまで。さまざまなシーンで活躍する真心のこもった"おやつ"ブランド

見た目もとびきりかわいいKururiのお菓子たち。
素朴なまるみでコロンと可愛いクッキーや、ドーナツはどれもかわいいトッピングが目を引きます。

人が誰かを想うそのときに「心」が生まれる。そういった考えのもと、贈りものとして選んで頂けることを意識して見た目にもこだわっているのだそうです。

そんなKururiの製品はそのおいしさとかわいさから、都内を中心に多くのカフェや大手小売店などで取り扱われています。店内提供はもちろん、レジ横のちょっとした小腹対策の陳列に並ぶことも多く、贈り物セットとしても喜ばれています。

代表の飯島さんは、
「お取引させて頂いているすべてのお店がこだわりを持って運営されていることを常に肌で感じています。お店の雰囲気やオーナーのお人柄など本当に素敵なお店が多く、そういった方々にKururiを導入して良かったと思っていただけるような準備をいつも心がけています。そして、Kururiに対して自信を持ち、その魅力をブレずに伝え続けるようにしています。」
と、日々のものづくりについて話します。

お子さんのために始めたお菓子作りが、そのものづくりの姿勢に多くの支持が集まり、今ではさまざまお店にその輪が広がっています。

 

 

ヘルシーでおいしい、Kururiのおすすめ商品をご紹介

しっとり生地とほろ苦チョコレートの「大豆のチョコレートドーナツ」

Sample detail

大豆粉をメインに、オーガニック原料をたっぷり使った贅沢なグルテンフリー&低糖質のチョコレートドーナツです。

たんぱく質たっぷりで栄養価がぎゅっと詰まった自慢の生地は、大豆の豆っぽさやパサパサ感がなく驚くほどしっとり柔らかな仕上がり。チョコレートはオーガニックの66%カカオを使用していて、ちょっぴり大人なほろ苦さがクセになります。

 

 

お子さんの病気をきっかけに食への考え方が変わった飯島さんのように、食への意識が高まるきっかけは人それぞれにあるのではないでしょうか。

そんな方にKururiが提案するのは、ヘルシーで栄養価が高いだけじゃなく、しっかりおいしくてうれしくなるおやつです。

大切な人や自分自身に贈りたいKururiのおやつを、お店の物販コーナーや店内提供用として取り入れて、みなさんにお届けしませんか?

初回はサンプルもご用意されていますので、気になった方はぜひお気軽にお声がけください。

Kururi

Kururi

【食べることで元気で笑顔になれるおやつ】を目指し、グルテンフリーかつ低糖質をベースに製造し、ご飯の代わりになれるような栄養価の高いおやつを提案しております。 ■大切にしていること(その1) 1番優先にしていること。それはつい笑みがこぼれる美味しさ。 ココナッツや大豆が中心でヘルシーに仕上げながらも、"美味しさ"を大切にすることが、おやつには1番必要な役目だと考えます。 おやつは"娯楽"の1つと考えているからです。 子どもが笑顔でほおばれる美味しさを大切に一つ一つ開発したおやつたちです。 ■大切にしていること(その2) 全て【自然由来の原料】で、出来るかぎり【オーガニック】にこだわっています。 そしてすべての原料で【非遺伝子組み換え】をチェックしています。 原料を厳選することは当たり前と考え、その先の、【素材と素材の相性】にも十分考慮し、 圧倒的な美味しさを誇れるよう、全てハンドメイドにて製造しております。 ■大切にしていること(その3) グルテンフリーでありながら、低糖質に仕上げること。グルテンが無いことで食感や風味に決定的に違いが出ます。そこをいかに普通のおやつを食べているかのような美味しいおやつに出来るか。もちろん人口添加物は一切使用しません。 3年かけて辿り着いた素材の掛け合わせを是非お試しください。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ