メキシコ産クラフト蒸留酒の「メスカル」。"神の酒"と呼ばれるその魅力や特徴とは? | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

戻る

ピックアップアイテム

メキシコ産クラフト蒸留酒の「メスカル」。"神の酒"と呼ばれるその魅力や特徴とは?
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
メキシコ産クラフト蒸留酒の「メスカル」。"神の酒"と呼ばれるその魅力や特徴とは?

ピックアップアイテム

20.11.16

"クラフト"と聞くと、クラフトビールやクラフトジンなどを思い浮かべる人も多いと思いますが、最近では他にもいろんなクラフトドリンクが増えてきています。中でも、今世界的に新たに注目を浴び始めているのが"メスカル"。 メスカルは、テキーラに似たお酒ですが製造に大変な手間がかかるお酒と言われており、日本ではまだ知る人ぞ知るお酒。今回は、香ばしい大人の香りが癖になるそんなメスカルの魅力やおすすめ商品についてご紹介します。

CONTENTS

じっくり蒸留された、メキシコ産のお酒「メスカル」の魅力

似ているようで違う?メスカルとテキーラの違いとは

香りの香ばしさがヒント。おいしいメスカルの見分け方

飲みごたえ抜群「メスカル」おすすめの商品

通に学ぶ「メスカル」おすすめの飲み方

じっくり蒸留された、メキシコ産のお酒「メスカル」の魅力

じっくり蒸留された、メキシコ産のお酒「メスカル」の魅力

メキシコ産の伝統的なお酒メスカルは、丁寧な味わいが特徴的。原料は、中南米に生育している多肉植物「リュウゼツラン」いわゆる「アガベ」が使われています。豊富ともいえるアガベは52種類あり、メスカルには洗練されたものが使われています。

アガベの葉を一枚一枚切り落とした上で、残った球茎を土に埋めて、じっくり2回以上蒸留しているメスカル。造る規模も、昔ながらの小さな蒸溜所です。

最大の魅力とも言えるのがアガベ特有の香り。ワイルド感があふれるスモーキーな香りが、マニアの心をくすぐります。メスカルは、銘柄ごとに味や香りに変化が感じられるため、飽きがこず長期的に飲み続けられるのも魅力の1つ。

メスカルはおよそ500年前のメキシコで誕生したと言われており、現代まで現地の方を筆頭に、幅広い国の方に愛されてきました。長年、酒造方法が変化していないこともあり、メスカルの味に誇りを持っていることがわかります。

現在では、蒸留する過程の中で、肉や果物を入れることも珍しくありません。成を重ねたものは甘みがあり、蒸し焼きで造られたお酒はスパイスな風味が楽しめます。

隠し味の風味として、唐辛子を加えたメスカルもあるほど。幸せの象徴とした意味がある、芋虫が含まれたメスカルも確認あるとか。そのため、コクのあるお酒を好む方からも注目が集まっています。

 

 

似ているようで違う?メスカルとテキーラの違いとは

似ているようで違う?メスカルとテキーラの違いとは

メスカルを語る上で欠かせないのが、見た目がそっくりなテキーラです。今は、名前としてもテキーラの方が有名ですが、メスカルも負けず劣らず素敵な魅力があるお酒なのです。

それぞれの特徴を理解した上で、メスカルの良さをさらに深く知っていきましょう。ここでは、メスカルとテキーラの違いについてご紹介します。

1.生産場所
メスカルとテキーラの、共通する生産場所はメキシコです。メスカルは、1994年に6つ州から生産をスタートしました。その後3つの州の生産も認められ、現在では9州に。

テキーラの生産場所は、9割以上がハリスコ州となりその他4つの州と合わせて、5つの州で生産が許可されています。テキーラの主な産地である、ハリスコ州は、メスカルの生産はしていません。 このように産地の違いによって、味や香りに違いが生まれます。

 

2.原料

Sample detail

メスカルとテキーラの共通する原料は、リュウゼツランの名があるアガベです。しかし、原料は同じにも関わらず、製造に使用できる種類には違いがあります。

テキーラは、アガベの中でも「ブルーアガベ種」のみ使うことが許されています。メスカルの場合は、52種類のアガベを原料として使うことが可能です。

メスカルは、多彩な数のアガベを用いてお酒を造ることが出来るため、品種によって様々な味わいを楽しむことが出来ます。個性的なお酒を楽しみたい方にはピッタリ。

 

3.造り方
メスカルは、原料であるアガベ本来の風味を大切にするため熟成を行わないで造るるのが基本的。そのため、無色透明でストレートな味わいに仕上がります。それに対し、テキーラは、熟成させた上でカラメル化するのが一般的とされています。

またメスカルは、人や動物の力を借りて、手作業で造られている部分がポイント。原料となるアガべの葉を切り取り、蒸し焼きにして造る丁寧な酒造方法です。そのため、今でも小規模作業で酒造している蒸留所が多いようです。

テキーラは、機械で大量生産されていることが多いため、消費者にも届きやすい利点があります。

 

4.味わい
メスカルの味わいは、ワイルドな風味が特徴的で、スモーキーな香りと揶揄されているのもポイント。これはテキーラには表現できないフレーバーです。飲む際には、まずは香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メスカルのお酒には、唐辛子や芋虫が含まれているものもあるそうですが、これは味に深みやアクセントを出してくれるそうです。
今後、お酒通の方ほど、個性的な味わいが堪能できるメスカルに注目が集まる予感があります。

 

 

香りの香ばしさがヒント。おいしいメスカルの見分け方

香りの香ばしさがヒント。おいしいメスカルの見分け方

ワイルドな香り、スモーキーな風味が特徴のメスカル。おいしいメスカルは、鼻にツンとくる、クセになる香りがします。何年も寝かせてあるメスカルほど、味や香りに重みがある「濃さ」も感じられます。香りを確認できない通販サイトなどで購入する際は、次の3点を確認することがオススメです。

1.「100% de Agave」と記載されており、余分な添加物が入っていないこと。
2.アルコール度数は、メスカルの香りと味を保てる40~45%以上。
3.原料であるアガべの種類や産地が記載されていること。

おいしいメスカルを見分けるには、香り・特徴の説明に力が入れてある商品に注目していきたいところです。

 

 

飲みごたえ抜群「メスカル」おすすめの商品

これまで、世界で注目される神の酒メスカルについてご紹介してきました。ここからは、メスカルのおすすめ商品についてご紹介していきたいと思います。

メスカルの原料とされるアガベは52種類ほど確認できるため、銘柄により味に違いがでる期待も高まります。ワイルドな風味が特徴的、スモーキーな味わいに舌鼓をうつお酒。飲みごたえ抜群、メスカルの人気商品をお伝えしていきます。

メスカル AMORES verde momento(MANGOSTEEN(マンゴスチン))

Sample detail

AMORES / アモーレス
メキシコ本国をはじめアメリカやヨーロッパなどで人気のメスカルメーカー。南部オアハカ州を中心に中部〜北部に蒸溜所を構え、伝統のオーガニック・ハンドクラフト製法で質の良いメスカルを世に送り出しています。

メスカルの原材料アガベの中で畑での栽培が可能な品種 ESPADIN から作られたAMORES のフラッグシップメスカル。甘い香りとなめらかな口当たりに始まる女性的な華やかさと乾いた男性的なミネラルが共存する1本。アルコール度数やや低めのスムーズな飲み心地は地に足ついた安定感があり、メスカル入門編としてもおすすめです。

 

メスカル AMORES logia(MANGOSTEEN(マンゴスチン))

Sample detail

上と同じ、生産者はAMORES / アモーレス。
山岳地帯に自生しているアガベ野生種の中でも知る人ぞ知るマニアックな品種 CENIZO セニソ。鼻で感じるスタートはフルーツやスパイスのような上品で優しい香り、ドライな飲み口から長い余韻へと今宵も旅は続きます。

 

メスカル AMORES reposado(MANGOSTEEN(マンゴスチン))

Sample detail

上と同じ、生産者はAMORES / アモーレス。
AMORES のフラッグシップメスカル エスパディンをバーボン樽で熟成させたESPADIN REPOSADO。ハチミツを思わせる柔らかくも香ばしい香りの中に、ミネラリーでワイルドなエスパディンの要素。 優しい味わいのアタックからドライにぬけてゆくアフターへのバランスがとてもスムーズ。

数あるメスカルメーカーの中でも熟成物をリリースするメーカーは限られています。ストレート、オンザロック、そしてスモーキーマルガリータなどのカクテルにもおすすめです。

 

デルンベス オハカ(テキーラムーチョ)

Sample detail

テキーラムーチョが販売するメスカル。原料はEspadin(三代続く農家)で作られています。アガベは黒いオークを使って地下の石のピットで調理されスモーキーな風味に。銅鍋で2回蒸留し大きなガラス瓶で最大3ヶ月間休息してから出荷されます。

テキーラムーチョは、以前メキシコに住んでいた経験を活かし、定期的にメキシコに足を運び、おいしいテキーラを輸入販売しています。

 

デルンベス サン・ルイス・ポトシ(テキーラムーチョ)

Sample detail

上と同じテキーラムーチョが販売するメスカル。サンルイス・ポトシ州の高地中央メキシコ高原で作られた非常に特殊なスタイルです。

この地域の野生のアガベSalmianaから作られ石灰質土壌のアガベは、テロワールの特徴を劇的に表しています。Hornos(地上オーブン:スモーキーさを与えない様に)で調理、アガベはタホナで押しつぶし、野生の酵母で自然発酵小さな銅製ポットスティルで2回蒸留されます。

 

 

通に学ぶ「メスカル」おすすめの飲み方

通に学ぶ「メスカル」おすすめの飲み方

メスカルはアルコール度数の高いお酒に分類されるため、おすすめの飲み方は果物のアレンジを加える方法と言えます。柑橘類の果汁をメスカルに混ぜて飲む方法は、若者を中心に人気です。 グラスに果物を添える見栄えも、非常にオシャレですよね。

通の方こそ、事前に果物を口に含みつつ、メスカルをじっくり堪能するのが良いでしょう。メスカルを一気に飲むのではなく、少しずつ口に含むなど、自身にぴったりの飲み方を見つけてくださいね。

お酒が弱い方は、トマトジュースとともに飲む方法もおすすめですよ。 メスカルのスモーキーな風味を、優しく和らげてくれます。

 

 

まとめ

メスカルは世界的に注目が集まりつつある、メキシコの伝統的なお酒。新しいお酒を開拓したい方にぴったりなお酒と言えます。また、メスカルはクラフト的な酒造方法も特徴で、スモーキーな香りは他のお酒にはない魅力です。ぜひとも、メスカルのおいしさを堪能してみてはいかがでしょうか。

メスカルのおすすめ商品は、KITCHEN BROTHERSで発注することが可能です。神の酒と名高いメスカルをぜひお試しください。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ