ニュース

【新商品】無農薬の食用薔薇を栽培するAgaratoから、バラが香る天然塩「DewRose &SALT」が新登場
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
Agarato

ニュース

20.08.11

【新商品】無農薬の食用薔薇を栽培するAgaratoから、バラが香る天然塩「DewRose &SALT」が新登場

人口わずか2700人程度の自然豊かな和歌山県古座川町にて、農薬・化学肥料・動物性肥料を使わず食用バラなどを栽培している「Agarato」。 この度、朝摘みした新鮮なバラDewRoseと、太陽の熱と風でじっくり時間をかけて水分を飛ばした天然塩を使用した、ミネラルたっぷりの新商品「DewRose &SALT」がKITCHEN BROTHERSに新登場しました。 DewRoseの香りとエキスを一滴も余すことなく天然塩に閉じ込めた、バラの風味を感じる珍しい塩商品です。 料理に添えれば、バラのほのかな香りとやさしい風味が素材本来の味わいをより感じられ、色味も鮮やかに。お店のメニューのアクセントに、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか?

DewRose &SALT

DewRose &SALT

自家栽培の新鮮な朝摘みバラのエキスを、じっくりと天日干した天然塩に閉じ込めた商品です。
バラの華やかさとミネラルが感じられる「バラ香る一粒」。農薬・化学肥料・動物性肥料をしていないので、安心してお召し上がりいただけます。

Sample detail

Sample detail

Agarato

Agarato

和歌山県の南のほう、古座川町という山間の町で、私たち『あがらと』は活動しています。 東京23区の半分程の広さに、人口はわずか2,700人程度(2019年現在)。 面積の約96%が山林で、数々の清流に恵まれ、人よりも鹿が多い、そんな町です。 人と自然に垣根のないこの町で、「すべての命とみらいを拓く」というビジョンの元、私たちは食用薔薇・野菜・お米の栽培から加工品の製造・販売までを一貫して行っています。 土の中の微生物や、虫、植物、そしてそれを口にする人間や動物、あらゆる命が豊かであり続けること、そこに少しだけ人間の知恵を加えて、より豊かな未来を拓いていくことを目指し、農薬・化学肥料・動物性肥料を使わない独自の農法を実現しました。 この農法で育てた作物は植物本来のチカラが引き出され、例えば食用薔薇は苦みが少なく、ほのかな甘みすら感じる程。古座川の清流、熊野の大自然が育んだおいしさを、ぜひ多くの方にお届けしたいと考えています。 設備面でも、環境影響の少ない素材である竹を活用したオリジナルの栽培用ハウスを使用したり、いずれは土に還すことができる廃瓦を水路に利用するなど、”すべての命とみらいを拓く”ため、細部にまでこだわりました。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ