タンザニアの完熟フルーツを使って、無添加・無加糖で製造された業務用ドライフルーツが新登場|藤野良品店 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)

ニュース

タンザニアの完熟フルーツを使って、無添加・無加糖で製造された業務用ドライフルーツが新登場|藤野良品店
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
卸業者とつながる
藤野良品店

ニュース

20.09.28

タンザニアの完熟フルーツを使って、無添加・無加糖で製造された業務用ドライフルーツが新登場|藤野良品店

タンザニアから直輸入した有機カカオ豆を使用したbean to barチョコレートの製造や、無添加・無加糖ドライフルーツの輸入販売をしている「藤野良品店」。 そんな藤野良品店が取り扱うドライフルーツメーカーMatoborwa(マトボルワ)社から、「ドライパイナップル」と「ドライマンゴー」の業務用サイズが、KITCHEN BROTHERSに新たに登場しました。 タンザニアの大自然で栽培された完熟パイナップルとマンゴーを使用し、無添加・無加糖で製造しているため、素材そのものの甘味と酸味を凝縮した濃厚な味わいとなっています。 サラダのトッピングや製菓材料としての使用もおすすめな商品ですので、ぜひお試しください。

ドライパイナップル(業務用800g) 無添加・砂糖不使用

ドライパイナップル(業務用800g) 無添加・砂糖不使用

タンザニア東部にあるウルグル山中にて、農薬や肥料を使わない「自然栽培」で育てられた完熟パイナップルを使用。日本の干しイモを乾燥させる技術で無添加・無加糖で芯ごと低温乾燥させ、パイナップル本来の風味を残しています。
丸くてお花のような形がかわいく、甘さだけではなく酸味も感じられる商品。1袋(800g)に約13個分のパイナップルが詰まっています。お子さまのおやつやお酒のおつまみとしてそのまま食べるのはもちろん、サラダのトッピングや製菓材料としてもおすすめです。業務用500gのご用意もあります。

 

 

ドライマンゴー(業務用700g) 無添加・砂糖不使用

ドライマンゴー(業務用700g) 無添加・砂糖不使用

タンザニア太陽の光をたっぷりと浴びて育った完熟マンゴーの無添加ドライフルーツです。
1袋(700g)に約28個分のマンゴーが入った贅沢な商品。砂糖や漂白剤などを一切使用していないため、マンゴー本来の甘酸っぱさを感じられるのが特徴。シャンパンやワインとの相性も抜群です。業務用400gのご用意もあります。

 

 

Sample detail

Sample detail

藤野良品店

藤野良品店

神奈川県と山梨県の県境、旧藤野町(相模原市緑区)に移住した、 子育て中の母でもある代表者が立ち上げた小さなお店です。<br><br> 藤野良品店が扱うドライフルーツの製造元、Matoborwa(マトボルワ)社は、 代表の夫が従事していたJICA(国際協力機構)のプロジェクトが母体になって設立されました。<br><br> 同社のドライフルーツ販売を後押ししようと日本で立ち上げたのが藤野良品店です。ドライフルーツの現パッケージは、藤野良品店が企画し、藤野のアーティストによって形になりました。<br><br> 藤野良品店では、Matoborwa社のドライフルーツを輸入・販売するほか、タンザニアのKokoa Kamili(ココアカミリ)の有機カカオ豆で作ったbean to barチョコレートの製造・販売、キリマンジャロ山の麓で採取された希少な針なしミツバチのはちみつも販売しています。<br><br> 【Matoborwa社について】<br> Matoborwa社は、茨城の干しいもメーカー、照沼勝一商店などが出資して2014年にタンザニアで設立された日系企業です。工場があるドドマは、タンザニア各地に広がるドライフルーツ産地の中心。標高が高く(約1,100m)、気候は乾燥していて、ドライフルーツづくりに最適な場所です。<br><br> Matoborwa社のドドマ工場では、照沼勝一商店で修行した日本人工場長が衛星・品質管理を徹底。トレーニングを受けたタンザニア人スタッフが日本基準に沿った製品づくりをしています。<br><br> Matoborwa社のドライフルーツは日本市場に先立ち、タンザニア国内のスーパーや土産物店など約40店舗で販売されており、人気の定番商品になっています。<br><br> 現地には日本人が常駐していますので、商品仕様やパッケージなど、ご要望に応じて変更可能ですのでお気軽にお問い合わせください。<br><br> ※藤野良品店のHP<a href="https://www.fujinoryohinten.com/ <br> ※藤野良品店のフェイスブックページ<a href="https://www.facebook.com/fujinoryohinten/ <br>

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ