ピックアップアイテム

ビール製造時に出る麦芽粕を再利用。人間のおつまみにもなる犬用クッキー「Chappy's Malt Cookie」
KITCHEN BROTHERS

検索ドロワーを開く
Chappy's Malt Cookie

ピックアップアイテム

20.09.04

ビール製造時に出る麦芽粕を再利用。人間のおつまみにもなる犬用クッキー「Chappy's Malt Cookie」

個性的な香りや、強い苦みが魅力のクラフトビール。最近では、いろいろな銘柄のクラフトビールをタップでサーブするお店や、クラフトビールの缶を手軽に購入できるお店も増えてきていますよね。 そんなクラフトビールを作るのに欠かせないのが「麦芽」。ビールの色や味わい、コクを生み出すもととなる重要な原料です。しかし、ビールの仕込みの後に、その麦芽のカスである「スペントグレイン」が大量に廃棄されているのをご存じでしょうか? 今回ご紹介する「Chappy's Malt Cookie(チャッピーズモルトクッキー)」は、そんな産業廃棄物だったスペントグレインに注目し、再利用することを目的として開発された犬用クッキーです。犬用として開発された商品ですが、人間も美味しく食べることができます。 今回は、サスティナブルで栄養も満点のクッキー「Chappy's Malt Cookie」をご紹介いたします。

CONTENTS

クラフトビールから生まれた、サスティナブルなクッキー。

麦芽カスだけど栄養満点。甘味を一切加えていないから、苦いビールとの相性がバツグン。

ビアカフェやドッグカフェに最適。お客さまと愛犬の幸せなひとときに。

クラフトビールから生まれた、サスティナブルなクッキー。

クラフトビールから生まれた、サスティナブルなクッキー。

「Chappy's Malt Cookie」は、沼津・茅ヶ崎・東京のそれぞれの醸造所でビールを造る3人の現役ブルワ―によって生み出されたブランド。

毎回ビールを仕込むたびに大量に出るのが、このクッキーの主原料となっている麦芽の粕(スペントグレイン)。一般的には農業用の堆肥などに再利用されることもありますが、なにかもっと活用できる方法はないかと日々頭を悩ませていました。

そんな中でヒントを得たのがクラフトビールの聖地アメリカ・サンディエゴで見た光景。サンディエゴではスペントグレインの再利用が盛んで、様々な商品に使われていました。そして、最も興味を惹かれたのが、この"麦芽カスを使った犬用のクッキー"でした。

 

 

商品開発を進める上では、スペントグレインの比率をできる限り増やしながらも、美味しく食べられるクッキーであることを目指していた3人。水分の量や原材料の比率によって味や食感が大きく変化するため、最適な比率を見出すべく試行錯誤を繰り返したそうです。

また、そのパッケージづくりにおいても、既存の犬用クッキーにはない個性的でおしゃれなデザインを追求。商品の看板となる犬のオリジナルキャラクター「Chappy」も誕生し、このサスティナブルで美味しい犬用クッキーの顔となっています。

麦芽カスだけど栄養満点。甘味を一切加えていないから、苦いビールとの相性がバツグン。

廃棄されるはずだった麦芽カスをふんだんに使って作られる「Chappy’s Malt Cookie」。実は、麦芽カスは栄養満点で食物繊維やタンパク質も豊富、そして低カロリーと、犬の健康にもいいことづくめのクッキーなのです。

そして、犬用クッキーとして開発されたこの商品は、なんと人間もおいしく食べることができます。甘味を一切加えていないため、苦いビールとの相性がバツグン。

特に、ブラウンエールやスタウトといった麦芽の味わいが強いクラフトビールとぴったりマッチし、麦芽の持つ味わいをより一層引き出してくれます。また、IPAと合わせれば、ホップ感をより際立たせてくれる効果も。

 

 

ビアカフェやドッグカフェに最適。お客さまと愛犬の幸せなひとときに。

Sample detail

人も犬も美味しく食べられるChappy’s Malt Cookieは、もちろん犬の入店が可能なお店にぜひオススメしたい商品。

また、極力味付けを施していないため、ひと手間を加えることでどんな方でも美味しく召し上がっていただけます。お酒と一緒に提供するのなら、お通しとしてそのままはもちろん、サーモンやサワークリーム、蜂蜜などを添えてクラッカー風に提供することもおすすめです。

愛犬がおやつを食べるのを見ながら、ビール片手に同じクッキーをつまむ。「Chappy’s Malt Cookie」なら、そんな幸せに満ちたひとときを演出できます。

 

 


 

犬も人間も美味しく食べることができる夢のようなクッキー「Chappy’s Malt Cookie」。大切なパートナーである愛犬と、同じおいしさを共有できる時間は、お互いにとってきっと特別なひとときになります。

「サスティナビリティ」が世の中のビジネス・トレンドとなっている今、日本で初めてスペントグレインの再利用に成功した「Chappy’s Malt Cookie」は、今後ますます注目されていくでしょう。

Chappy’s Malt Cookieの商品はKITCHEN BROTHERSで発注が可能です。 下記よりお気軽にお問い合わせください。

Chappy's Malt Cookie

Chappy's Malt Cookie

初めまして。スペントグレインの鈴木と申します。 私たちは3人のビール醸造士。 沼津(Repubrew)、茅ヶ崎(Barbaric Works)、東京(CRAFTROCK Brewing)とそれぞれの場所でビールを造るかたわら、毎回仕込みの後に産業廃棄物として廃棄されているスペントグレイン(麦芽粕)をなんとかできないものかと頭を悩ませていました。 あーでもないこーでもないと模索した結果、3人で訪れたサンディエゴでついにその糸口を発見するのです。 クラフトビールの聖地、アメリカではこのスペントグレインを活用した製品開発が盛んにおこなわれており、実際にたくさんの人が利用しています。 麦芽カスを使ったわんちゃん用のクッキー??なにそれ面白そうじゃない! と思った我々は、よし、日本でやってみよう!と思い立ちます。 幸運にも我々は多くの仲間の力を借りることができ、この商品が出来上がりました。 その名もChappy’s Malt Cookie!!! 麦芽カスといえど、栄養満タン。 豊富な食物繊維、タンパク質、そして低カロリー。 わんちゃんには理想的なおやつとなっています。 そして、わんちゃん用と謳っていますが、もちろん人間も美味しく食べられます。 それどころか、犬用クッキー=甘味を加えていない、という特徴から、ビールとの相性が尋常じゃなくいいんです。 ビールを作っている人間が言うんだから間違いありません。 しかもヘルシー。おつまみなのにヘルシー。 私たちは美味しいビールを飲みながらクッキーをつまみにして、わんちゃんたちはこのクッキーを食べる。 こんなに素晴らしいことがあるでしょうか! さあ、晩酌の楽しいひと時をあなたの大事なパートナーと分かち合いましょう。 Chappy’s Malt Cookieは世の中のわんちゃん、ドッグオーナー、ビール好きの夢を叶えます。

この記事をシェア

こちらの記事もおすすめ