出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

卸業者・商品を見つける

気になる卸業者・商品を見つけたらお気に入りに追加するだけ。
商品の金額やお得な情報が手に入るのはもちろん直接相談や質問、発注もできるようになります。

Icon search

見つける

Icon heart

お気に入り追加

Icon cart

商品を発注

すべての卸業者

  • おすすめの商品(2073)
487278025 thumb 236 4e559547e2

コーヒー

Roast Design Coffee

スペシャルティコーヒーの焙煎経験を十分に積んだロースター2人組による自家焙煎店。 豆を受け取ったお客様、そしてバリスタの皆様が思わず笑顔になるようなコーヒーをお届けします。 ・生豆 スペシャルティコーヒー専門店として、産地ごとに異なる風味特性を楽しめるよう商品を取り揃えております。 ・焙煎 豆を挽いたときのアロマから、最後に冷めた液体になるまで風味の違いを感じ取れるコーヒーであることを心がけております。 また、ロースター2人は常に焙煎プロファイル及びカップ評価を共有し日々クオリティの向上に努めています。 ・抽出 私たちはロースターであると同時にバリスタでもあります。 焙煎されたコーヒー豆から最大限に魅力を引き出すことを大切にしています。 また、ロースターの1人は長年競技会ジャッジも経験しており、主に味覚評価面でのサポートを得意としております。 お客様からのトレーニングのご依頼も承ることができますのでご気軽にお問い合わせください。 ・2人の実績 2016年エアロプレスチャンピオンシップ日本2位 2014年からワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ日本代表認定コーチ 2011 年 ジャパンカップテイスターズチャンピオンシップ3位 全日本コーヒー協会コーヒーインストラクター1級 ワールドコーヒーイベンツ認定ラテアートジャッジ ジャパンバリスタチャンピオンシップ認定ジャッジ

166270783 thumb 236 e055d83f66

加工食品

山燕庵

山燕庵(さんえんあん)は、平成20年3月に設立された農業生産法人です。 自然循環型の農法で安全と美味しさを追求した農産物を生産しています。2005年から福島県南部の東白川郡鮫川村で農産物の生産を開始しました。現在では主な生産拠点を石川県能登半島にも設けています。 企業名:株式会社 山燕庵(さんえんあん) 設立:2008年 事業内容:野菜の生産、加工、販売事業 :鮫川村ファーム  本社所在地:福島県東白川郡鮫川村大字赤坂西の字寅卯平5-5 :能登半島ファーム:石川県羽咋郡志賀町末畷72 【経営理念】 〜アグリアートを世界に広める〜 アグリアートとは、自然と人の循環から生まれる愛のある食を取り入れたライフスタイルのこと。山燕庵は自然循環型の農法で人と自然が永続的に共存できるエシカルな生き方を提案します。 【役割】 〜都市生活と農村生活の融合〜 時代に即した農産物の消費方法を理解し、移り変わりの早い都市的な生き方に柔軟に対応した農産物の提案をし続けます。それこそがこれからの農業のもつ力を高めると考えています。 【目標】 〜都会と農村の人々が農業を通じたコミュニティを形成しお互いを永続的に発展させる社会を実現する〜 都会の人が、農産地に行く。農産地の人が、都会に行く。実際に人が行動する事をまず第一に大切にしたいと考えています。そのために、ネットメディアを十分に活用し、日常的に農家と都会の人々のコミュニケーションを適切な形で行うことを心がけています。 (株)山燕庵 杉原晋一

353448128 thumb 236 705aa79bda

調味料 / 加工食品

カーサ・モリミ

OUR MISSION : WELLNESS& HAPPINESS ミッション:愛情と信頼を、毎日の感動と笑顔のために OUR HOPE : Connect People, Create More Smiles 私たちの願い ●人と人を繋ぐ:生産者が創り上げる丹精込めた食を、その気持ちとともに、気持ちを受け取ってくださる日本の方々に、丁寧に伝えていくこと ●おいしい!の笑顔がひとつ増えること ●心も気持ちも整えてくれる食事づくりに、お役にたつこと ●健やかな毎日に、お役にたつこと Food = Life Style 自然と調和した素晴らしい食の品々を作っている生産者達の下を訪れると、 現場のさまざまなシーンで、彼らの情熱や哲学を肌で感じます。 私たちがお届けする品は、伝統的な製法で、また時にはそこから一歩進化して、 より自然が持つ素材の力を活かすよう、手間を惜しまず丁寧に作られた食材ばかりです。 こうした品々を、どう日本のみなさんに喜んでいただけるか、活かしていただけるか。 イタリアの生産者の品々を、食卓に活かしていただけるよう務めていきたいと思います。 You are what you eat. 人が人らしくいられること、安寧なる社会の基礎は 正しく『食べる』ということが大きく貢献すると信じています。 これからも生産者の顔がみえる品、大地に、人に優しい品をお届けし、 健やかで『美味しいね』の笑顔がある食卓づくりにお役に立てるよう、 スタッフ一同より一層努めてまいりたいと思います。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 カーサ・モリミ 小林もりみ

831145624 thumb 236 ce8e7bc7a9

お菓子・製菓 / 加工食品 / チョコレート

GREEN MONDAY

私たちは、固定店舗の経営から、キッチンカーでの移動販売、イベント出店、卸しや通販、料理教室といった様々な形で「食」という現場を経験し、より良いものを追求する過程で、「食」について学ぶこと、実体験を通して検証することを続けてきました。 特に、ローフード、マクロビオティック、ヴィーガン、今注目されている腸内フローラの最適化や血糖値コントロールを目的とした食事法、薬膳やハーブ等に至る「健康食」と言われる分野においては、幅広い知識と経験があり、第一線で活躍する料理人やアスリート、百貨店バイヤー、 美容健康業界で活躍される方々に提供してきました。 私たちが作る商品で、お店のクオリティアップ、満足度の向上に役立ててもらえればと思います。 そして、お店様がお客様とのより良い信頼関係を築けるように、私たちも商品開発に努めていきます。 小さな手作り工房だからこそできる、本物をお届け致します。ピンときた方はお気軽にお問い合わせ下さい。 -商品開発サポート事例 ・セーリングチームの海外遠征時のカスタム栄養補助食品開発 ・スポーツ合宿時の補給コーディネート ・テニスプレーヤー向けオリジナルギフトセット

315084304 thumb 236 f37aacbe24

ナッツ・ドライフルーツ / チョコレート

藤野良品店

神奈川県と山梨県の県境、旧藤野町(相模原市緑区)に移住した、 子育て中の母でもある代表者が立ち上げた小さなお店です。<br><br> 藤野良品店が扱うドライフルーツの製造元、Matoborwa(マトボルワ)社は、 代表者の夫が従事するJICA(国際協力機構)のプロジェクトが母体になって設立されました。<br><br> 同社のドライフルーツ販売を後押ししようと日本で立ち上げたのが藤野良品店です。ドライフルーツの現パッケージは、藤野良品店が企画し、藤野のアーティストによって形になりました。<br><br> 藤野良品店では、Matoborwa社のドライフルーツを輸入・販売するほか、タンザニアで直接買い付けたカカオ豆で作ったbean to barチョコレートの製造・販売などをしています。<br><br> 【Matoborwa社について】<br> Matoborwa社は、茨城の干しいもメーカー、照沼勝一商店などが出資して2014年にタンザニアで設立された日系企業です。工場があるドドマは、タンザニア各地に広がるドライフルーツ産地の中心。標高が高く(約1,100m)、気候は乾燥していて、ドライフルーツづくりに最適な場所です。<br><br> Matoborwa社のドドマ工場では、照沼勝一商店で修行した日本人工場長が衛星・品質管理を徹底。トレーニングを受けたタンザニア人スタッフが日本基準に沿った製品づくりをしています。<br><br> Matoborwa社のドライフルーツは日本市場に先立ち、タンザニア国内のスーパーや土産物店など約40店舗で販売されており、人気の定番商品になっています。<br><br> 現地には日本人が常駐していますので、商品仕様やパッケージなど、ご要望に応じて変更可能ですのでお気軽にお問い合わせください。<br><br> ※藤野良品店のフェイスブックページ<a href="https://www.facebook.com/fujinoryohinten/ <br> ※Matoborwa社のフェイスブックページ<a href="https://www.facebook.com/matoborwa/

388234117 thumb 236 3e345b1268

加工食品 / 調味料 / お菓子・製菓

株式会社FARM8

「地域を食べる」をデザインする。 「FARM」は土壌。ゼロからイチを生み出す大地のこと。 「8」は循環。世代を超えて大切なことを繋げていくこと。 将来、貨幣経済が終わったり社会構造が大きく変わったとしても、 人々の暮らしを支える何かを生み出すことができる豊かな大地を、 ずっと先の世代まで残していくために、今私たちができることを考え活動することをミッションとしています。 【お取り扱いご検討のお客様】  FARM8は地域の課題解決をする中で、個性豊かな商品を生み出してきました。  また、別名「森のスーパーマーケット」と呼ばれる、ローカルの発信拠点「LIS」、酒粕のイメージを覆す、  テイクアウトスタイルの酒粕専門店「Hacco to go!」を運営。  素材から生まれたオリジナルの開発商品を自店舗で販売することで、  お客さまのご意見を直接頂戴し、改良を重ねています。  私たちはマーケティングの専門家、代表の樺沢を中心に、コンビニや飲食店むけ商品開発をやってきた、  管理栄養士の石橋、デザイナーの矢尾板が、商品をアイデアから形にし、  商品ご案内担当、小池が皆様に商品をお届けしています。  モノ作りから、販売、飲食まで様々な立場を経験しているからこそ、  皆様のお役に立てる何かがあると思います。    もちろん使い方、料理方法、アレンジ方法など、  その他ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。  こちら→ishibashi@farm8.jp(商品開発担当:石橋)  

357046011 thumb 236 0197dc4c2d

お菓子・製菓

NATURE THING -pure energy bar-

◆私たちがNATURE THINGに込めた想い◆ エナジーバーとは、【栄養価の高い素材で作られているバータイプの携行食】 のこと。 日本には一握りの有名な大量生産品がある一方、 クラフト系のものやナチュラル素材のエナジーバーはほとんど見られません。 私たちはこのブランドを始める前、オーストラリアのメルボルンで生活していました。 普段よく行くローカルのオーガニックスーパーやグロサリーの店内には、 小規模なメーカーから大きなメーカーのものまで、たくさんの種類のユニークなエナジーバーが並んでいて、私たちは夢中になって色々なものを食べていきました。 ある時、日本にもこれらのような個性的でナチュラルなエナジーバーがあれば、 日常生活がもっと豊かになるし、何より自然な食をもっと気軽に楽しんでもらえる、そう気づきました。 帰国してすぐに、もともと食品メーカーに勤務していた経験を活かし、理想のエナジーバーの開発を始めました。 発売までに1年を要して完成したNATURE THINGは、海外のバーのようなクラシックな製法をベースに、日本人が美味しいと感じる味を追求しました。 エナジーバーを通じて日本人の食生活を豊かにしたい。 もっと手軽に、自然で出来るだけ素材そのもの(=whole food)を食べて欲しい。 私たちは、エナジーバーを通じて人々を幸せにしたいと、心から思っています。 この小さなバーに、たくさんの想いを込めました。

442201201 thumb 236 26da74cdd3

チョコレート

le fleuve

『和食の様に素材そのものを生かしたお菓子』 le fleuve(ル・フルーヴ)のお菓子は素材を探す所から始まります。 良い果物を見つければ現地に足を運び、生産者の方の話を聞きます。 美味しい果物を作られている農家さんは、普通以上の工夫や手間と時間を掛けてそれを作る事に喜びや誇りを持っておられます。 そんな話を聞き大切に育てられた物を使ってle fleuveではお菓子を作っているので、 生産者さんの思い入れもお菓子と一緒にお客様に届けたいというのが私の願いの一つです。 良い素材を使えばそれだけでも美味しいお菓子は作れますが、シンプルに素材の力をきちんと引き出したお菓子作りをするのが生産者さんに対する私なりの感謝の気持ちであり菓子職人の仕事だと思っています。 それは、私の実家では農業と養蜂、養鶏も営んでおりその頃から日課は鶏の世話など自然の中で遊び、仕事も覚えました。その経験があるので生産者さんの気持ちがすごく良く分かるからです。 『顔が見える、安心して食べられるお菓子』 お菓子を作る人の顔や材料である果物などの生産者さんの顔までが見える、そんなお菓子なら最高だと思っています。lefleuveでは現在はどこでも使われているお菓子に香りを付ける人口香料や、賞味期限を引き延ばしお菓子を腐らなくする保存料等を使用せずお菓子本来の美味しさを引き出しています。 『出来上がったお菓子は』 やっぱりお菓子は出来立てが一番美味しい物です。なので出来るだけお客様に最良の状態で召し上がって頂きたくle fleuveでは賞味期限を通常より短くしております。出来立てをすぐに包装し美味しさを落とさないようにすることや、そのお菓子にあった方法できっちりとした管理をするのは当たり前の事ですがそれが一番大切だと思っています。

544203250 thumb 236 346884549a

雑貨

株式会社4Nature

天然成分100%で生分解性のサトウキビストローを取り扱っています。 生産にあたりLCA(ライフサイクルアセスメント)の観点も重視し、サトウキビの砂糖精製後の副産物を用いたアップサイクル商品です。 商品の主な特徴は以下の5点です。 ①生分解性・・・土中などに混ぜることによって素早く分解します。 ②安全性・・・植物資源から製造されているため食品サービスにも安心です。 ③耐久性・・・紙ストローとは異なり一日中飲み物を楽しむことが出来ます。 ④識別性・・・甘い香りと、目を惹く天然色です。 ⑤低負荷・・・製造過程から製造後まで低環境負荷です。 また、販売のみに終始せずご希望のお客様には使用後のストローを回収させていただき堆肥化、その後の循環まで処理させていただいています。 (現在、回収は任意とさせていただきます。) 回収後は提携家畜農家さんにて牛糞に副資材として混ぜることにより堆肥化しています。 (家畜農家業界でも平成11年の「家畜排せつ物の管理の適正化及び利用の促進に関する法律」の施行に伴い適切且つ効率的な処理方法が模索されていました。) 当ストローの主な成分であるPLA樹脂・バガス(サトウキビカス)・コーヒー殻は堆肥の迅速化、及び優良化が大きく期待されています。 また、出来上がった堆肥についても農家さんと提携し野菜・果物の栽培に役立てていただいています。 (今年度、提携農場保有予定。) ご飲食店様のブランディングの一環として是非ご活用ください。