つくりたい物を、つくりたい人と。 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)
戻る

制作事例つくりたい物を、つくりたい人と。

CASE STUDY

つくりたい物を、つくりたい人と。

ONIBUS COFFEEさんからオリジナルグッズとして、コーヒーカスを利用した石鹸が販売されました。
販売後すぐに反応があり、想像よりも早く完売してしまった商品です。
共に製作するパートナーとしてCOFFEE FREAK PRODUCTSさんと協力しながら、
“グッズをつくるのなら、お店のテーマや理念に沿ったものをつくりたい”という想いをカタチにしました。

Photo : Tae Sato Text : Mizuho Nagahama
CLIENT ONIBUS COFFEE
PRODUCTION SOAP
CLIENT:ONIBUS COFFEE PRODUCTION:SOAP
  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • Line シェアボタン

その時が、来た。

ことの始まりは、私たちがサービス開始当初からお付き合いのあるONIBUS COFFEEさんと、何か一緒にグッズをつくろうかという話をしていたときのこと。

(写真3枚目左:ONIBUS COFFEEスタッフ・木村さん、右:COFFEE FREAK PRODUCTS代表・青木さん)

木村さん:「せっかくONIBUS COFFEEとしてつくるのなら、サスティナブルなものをつくりたいですね。」

木村さんの想いと共鳴するようなグッズをつくっていただけそうなのは・・・そう考えたとき頭に浮かんだのは、COFFEE FREAK PRODUCTSさんだった。

COFFEE FREAK PRODUCTSさんは、コーヒーが提供されるたびに生まれるコーヒーカスを使って、石鹸やキャンドルを製造・販売し、売り上げの一部をコーヒー豆の生産者に還元している。

KITCHEN BROTHERSに出店してくれているサプライヤーさんでもある。

木村さん:「僕も石鹸は当初からやろうかなとは思っていたんです。うちがつくるのなら、不必要な物ではなくて必需品になり得るいい物をつくりたいなって。
“いい”というのは、素材も、対人間にとっても、対社会にとってもいいみたいな、そういうエッセンシャルな物。だからCOFFEE FREAK PRODUCTSさんを紹介いただいた瞬間に『これ、いいな』って。」

青木さん:「自分もいつも中目黒や奥沢のお店でおいしく飲ませていただいてたので、いつかご一緒できたらいいなという思いがありました。最初お声がけいただいたときに『あ、ついに来ちゃった』と思って(笑)なんだか僕にとって降って湧いたような話だったので、ぜひ!という感じです。」

なんだかお互いがなんとなく考えていたことや思い描いていたことが、ピタリとはまったみたい。

“そうなったらいいな”という願いを込めて私たちも紹介をしたけれど、こんなにもきれいにはまるとは思ってもいなかった。

こういうことが起こるから人生っておもしろい。

今回は飲食店さんとサプライヤーさんがタッグを組むかたちで、オリジナルグッズの製作が進む。

石鹸の種類やパッケージのデザイン、石鹸の包装紙など細部まで相談するONIBUS COFFEEさん。

商品としての魅力を損なわない範囲で丁寧に応えていくCOFFEE FREAK PRODUCTSさん。

どちらからも“いい物をつくりたい”という気持ちが溢れていたのが印象的だった。

理念に沿ったものを

今回はONIBUS COFFEEさんの方で依頼されたデザイナーさんが手がけたオリジナルパッケージデザイン。

私たちの社内でも発売前からかわいいととても好評だった。

木村さん:「このデザインすごくいいですよね。初めてこのデザインをみたときから、これはいいのができたなって。
棘のないちょっとゆるい感じがいい。The・サスティナブルみたいな感じじゃなくて、カジュアルなものにしたかったので。バックグラウンドにそういう想いはあるんですけど、見た目は取っ付きやすいものがいいなと思っていました。」

COFFEE FREAK PRODUCTSさんがつくる石鹸は3種類ある。
その中からONIBUS COFFEEさん選んだのは「エスプレッソ」。

石鹸素地にコーヒーグランズ(コーヒーカス)だけが混ざった
シンプルなもの。

「エスプレッソ」は3種類ある石鹸の中でも、一番コーヒーグランズの使用量が多い。

木村さん:「青木さんからいただいたサンプルを使ってみて、一番コーヒー感が残っている気がしたんですよね。使用するコーヒーグランズの量も、色味も。あと、僕が実際にサンプルを使ってみたんですけどすごい洗っていて気持ちよかったです。」

コーヒーグランズの粒でスクラブ効果が感じられるのも特徴。

なんといってもこの石鹸には余計なものが入っていない。
だから手だけではなく、安心して全身に使えるのもうれしい。

青木さん:「コーヒー感で言うとコーヒーグランズの量については少し木村さんともお話しましたね。スクラブとして機能しているものなので、入れれば入れるほど刺激はプラスになっていきます。その丁度いいところを探るため試作を重ねた結果、ベストなのが今の状態のもの。
もちろんお客さまに使っていただいて“もうちょっとコーヒー感が欲しい”みたいな要望があれば調整はできます。そこら辺は実際に使用していただいて試作していく感じです。」

ONIBUS COFFEEさんは培養士やサトウキビのストロー、
ゴミ箱をコンポスタブルに変えるなどして、お店全体でサスティナブルな取り組みを行なっている。

でも、グッズとして販売するのは今回の石鹸が初めての試み。

木村さん:「コーヒー屋として社会にどういうインパクトを与えられるかっていうところなんですけど、うちの場合は“サスティナブル”がテーマとしてある。大げさに言うと会社理念みたいなものなんです。だから、そこに紐づくもの・つながっているものしかつくりたくないなと思いますね。」

それぞれの伝えかた

ONIBUS COFFEEさんやCOFFEE FREAK PRODUCTSさんの取り組みを知ると、サスティナブルってみんなが想像しているよりも、もっとラフに接することのできるものなんだなと思う。

木村さん:「この石鹸を通して“廃棄する責任”みたいなことを感じてもらえればいいのかなと。でも一番は“かわいいから欲しい”みたいなすごい純粋なところでいいなと思います。
サスティナブルということを全面に打ち出すような発信の仕方はしたくない。当たり前にやってることが結果そういうことだった程度のかっこつけですかね(笑)」

間口が広いってなんだか安心する。

はじまりやきっかけが、こうじゃなきゃいけないなんてことはないんだなと改めて思う。

青木さん:「うちもそうですね。サスティナブルな要素を全面に打ち出して、商品の物としての魅力は半分白旗上げてるみたいな感じに映ってしまうのは絶対避けたい。
魅力の一つとして物質じゃないところを落とし込めるような、器の大きいものをつくりたいという想いがあります。」

“サスティナブル”それは彼らにとっては当たり前のことで、それをどう自分たちらしく発信していくかってことなんだなぁ。

青木さん:「みなさんの“こういうことをしたい”という意思表示のツールとして、使っていただいたり遊んでいただけるとCOFFEE FREAK PRODUCTSとしては冥利に尽きますね。」

木村さん:「“意思表示のツールとして使ってもらえるといい”っていうのは、本当に依頼する側からすると非常にやりやすいというか、のびのびやれるというか。そういうスタンスがすごくうれしいです。」

サスティナブルへのこだわり、物としていいものをつくりたいという、両者の共通する想いがカタチとして表れたものが今回の石鹸。

木村さん:「お客さんの反応がすべてだと思う。極端な話、つくる過程でいろんないざこざがあったとしても、最終的にお客さんの反応がよければいいんですよ。
でも今回は、喧嘩もなければ不都合な状態で進めてきたわけでもない。さらにお客さんの反応はめちゃめちゃよかった。もう大成功と言っていいんじゃないですか、これは。」

常連さんなどに店頭で紹介すると販売前から反応は好評で、
オンラインでの販売がすでに完売。

Instagramでも反響がすごかったそう。

青木さん:「ONIBUS COFFEEさんと一緒にやれたことはもちろんうれしいですし、さらにONIBUSさんのコーヒーを好きな人たちに受け入れてもらえたというのは本当に喜びです。」

Photo : Tae Sato Text : Mizuho Nagahama

CONTACT

お問い合わせ

あなただけのお店のカタチ、つくります。
まずは普段お使いのLINEアプリで
どんなことでもお気軽にご相談ください。

LINE 友達追加
LINEでお問い合わせ友達追加はこちらから
LINE 友達追加LINEでお問い合わせ
友達追加はこちらから
ONIBUS COFFEE

住所:東京都目黒区上目黒2-14-1

Tel:03-6412-8683

営業時間:月〜日曜日9:00~18:00

定休日:不定休

HP:http://onibuscoffee.com/

Instagram:https://www.instagram.com/onibuscoffee/?hl=ja

 

 

 

この記事をシェア

  • Facebook シェアボタンFacebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタンTwitter シェアボタン
  • Line シェアボタンLine シェアボタン