出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×
Author icon 236 1b194bb073

山口 祐加

フリーランスフードライター / プランナー

両親共働きで、母親に「ゆかが料理を作らないと晩御飯ないよ」と笑顔でおどされ、
7歳のときに料理に目覚める。出版社とPR会社を経て独立。
現在はWEBメディアを中心に執筆を行う傍ら、社食を開くなど食に関するイベント多数も行う。

「メニューがひとつしかない上に、営業時間が短い」。

この文言だけだと魅力的なお店にはあまり思えないのではないでしょうか。
しかし、そのメニューが人を惹きつけ、営業時間が短いからこそ逆に行きたくなるという状況を生み出しているお店がここ数年で急増しています。

今回はそんなお店を3店舗ご紹介していきたいと思います。

最初にご紹介したいのは、渋谷駅から歩いて5分の「かつお食堂」。
バーを間借りして朝から営業するお店の名物は、かつお節たっぷりの“ねこまんま”。1日50食限定かつ、最近メディアに取り上げられる機会も多いため昼頃には売り切れてしまいます。

ねこまんまと聞いて「家で食べられる」と思ったら大間違い。こちらで食べられるのは、4年に一度開催されるかつお節のオリンピック・全国鰹節類品評会で金賞を受賞したかつお節。それをかつおへの愛が溢れてしかたない美人店主、通称かつおちゃん(永松真依さん)が目の前で削り、炊きたてのご飯にどっさりのせていただく究極のねこまんまなのです。

抜群に香りが良いかつお節、追加トッピングした卵黄、だし醤油が合わさった時、想像のはるかを行くおいしさに大感動。

食べ終わって店を出ようとすると、「ありがつおございました!今日も花がつおな1日を!」と言って見送られます。店主は冗談で言っているのではなく、本気で言っているのがまた面白いのです。

かつお節には地味なイメージが強いからこそ、スポットライトを当てた時にひときわ輝きます。かつお食堂のことをもっと知りたい方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

お次は京都の老舗・今井食堂。
営業時間はランチタイムだけ、しかも京都駅からバスで約1時間かかるという立地ですが、とある名物を目指して連日人が押し寄せます。

食いしん坊たちの目的は、三日間煮込み続けた「鯖煮」。
鯖と言えば味噌煮をイメージしますが、こちらの味付けは醤油ベースの甘辛味。よく煮込まれた鯖煮は骨も食べられるほど柔らかく、ご飯が進むおいしさです。日本中どこを探しても、ここまで煮込まれた鯖煮が食べられるのはこのお店だけではないでしょうか。

お客の中には鯖煮を食べ終わった後に「鯖煮のお持ち帰り」をする人もいて、どれだけ愛されているかがよくわかります。一度食べたら忘れられないおいしさに虜になり、私も京都に住んでいる頃よく訪れていました。

最後にご紹介するのは、先日渋谷に誕生した1坪の極小店「Lemon Rice TOKYO」。
こちらの1品メニューは「レモンライス」というレモンの風味が爽やかなライスに、オニオンアチャール、香菜、エキゾチックチリソース、カレーソースなどをかけながら食べる新しい食べ物。

新宿ゴールデン街で話題のレモンサワーが有名な「The OPEN BOOK」のオーナーと、ミュージシャンであり大のカレー好きとしても知られる小宮山雄飛さんがタッグを組み開発された新しい渋谷の名物です。

食べ方指南が一緒に付いてくるナプキンに書いてあるのもかわいいところです。(イラストはLemonRiceTOKYOのHPが見やすいですよ)

爽やかなレモンの香りのパンチが効いたレモンライスを一口、その次につけあわせ、カレーソースとおいしさの層を重ねていきます。営業時間はランチタイムのみですが、量も多くなくサクッと食べたいランチにぴったりです。一日100食以上作っているそうですが、連日売り切れの人気様。ワンメニューだからこそ個性が際立ち、逆にメニューを選ばなくて良いことが人気の秘訣なのかもしれません。

他にもメニューがひとつしかない上に営業時間が短いお店の例として、料理研究家・たかはしよしこさんのアトリエ「エジプト塩食堂」が挙げられます。普段アトリエとして使っている場所を食堂として月6日前後営業しており、ファンが多く訪れる店です。その他にも日本橋にある「sisi煮干啖(にぼたん)」は、世にも珍しい煮干しパスタ専門店として熱狂的なファンがいるお店があります。

魅力的なメニューがあれば、営業時間が短くとも人はくることをこれらのお店たちが証明しています。 記事を読まれた方の中で、他にも良い例をご存知の方はぜひぜひ教えてください。

それではまた!

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

初めてこのお店のコンセプトを耳にした時、驚きとともに「面白くならないわけがない」と確信しました。

そのお店は京都市内の中心地、雑居ビルの2階にあります。

手前のドアを開けると、5mほどの廊下にドアが2つ。
手前の201号室は「ビストロ ベルヴィル」と書かれており、奥の202号室には「トルビアック」と書かれています。

ビストロ ベルヴィルはフランスのバスク地方やアルザス地方など異文化が混じり合い、料理も混血化したフランスの郷土料理や移民料理が楽しめる店。トルビアックは、朝はベトナム料理屋、昼夜はタイ料理屋として営業するアジア料理の店です。

 ビストロ ベルヴィルの店内

驚くべきはこの二つ店が厨房を挟んで繋がっており、店主さんが一人で料理し、一人で接客すること。
しかも同時進行で営業することもあると言うからすごい。

同じ店で昼と夜の内容が変わる二毛作スタイルや、バーを間借りして営業する「間借りカレー」などはここ最近よく聞きますが、一つの厨房を挟んで二つの異なる店が営業するのは少なくとも私は聞いたことがありません。

 トルビアックの店内

以前私が京都に住んでいた頃に何度か訪れており、この度店主さんにお話を聞かせていただけることに。彼はこの二つのお店を始める前に同じ京都市内でモロッコ料理屋を営まれていました。
日本では耳慣れないモロッコ料理を始めた理由、そしてフランスとアジアの料理に転身した理由を伺いました。

「もともと学生の頃からキューバやモロッコなどマニアックと言われる国を旅するのが好きでした。モロッコは街並みの雰囲気や彩色のセンスが独特なところから好きになりました。

加えてモロッコにはベルベル人という先住民族がいて、そこにヨーロッパの国々が侵略してきた歴史があります。その「歴史の地層」を見るのがすごく好きなのです。地層によって土地の料理も形成されていきます。モロッコの土着の料理を作りたくて、モロッコ料理屋を始めました。

モロッコ料理屋を初めてから3年ほど経った頃から、同じくよく訪れていたフランスの料理屋をやりたいと思い始めました。フランス料理といってもソースをふんだんに使ったフレンチではなく、郷土料理や移民料理などの個性豊かな料理を作りたかったのです。

 ビストロ ベルヴィルで提供されているバスク地方の郷土料理である「ピペラード」は、トマト、ピーマン、ニンニクやタマネギを炒めて、唐辛子を効かせた料理。ヴァントレッシュ(フランスのバスク地方の豚ばら肉の加工肉)のグリルを乗せて。

例えばバスクの料理は、独立国家であったバスクの文化に加えて、スペインの文化、フランスの文化が混ざり合った料理です。アルザスもドイツとフランスの国境境いで、二つの国の文化が混ざった料理が食べられています。

 トルビアックで提供されている「ムーパッチャー」は豚のスパイシー炒め。生のコショウとクラチャーイ(生姜とゴボウと足して二で割ったような風味をもつ食材)が必ず入っているのが特徴。中華から伝わった炒め料理でありながら、タイらしいスパイスが効いた混血料理。

もう一つのお店のテーマであるベトナムとタイも同様に、文化がクロスオーバーしています。ベトナム料理にはフランスの文化が、タイ料理には中華料理のエッセンスが入っています。

文化が混ざる場所の料理には、その土地らしい個性があり興味深いのです。ただそれらの料理は現地ではポピュラーですが、日本におけるタイ料理屋ではパッタイやタイカレーに比べてマイナーな料理です。だからこそ私は現地でポピュラーな料理を紹介しようと思い作っています。」

文化がクロスオーバーした場所の料理が好きというのは、旅行好きの店主さんらしい。

お店の名前も「ビストロ ベルヴィル」はパリ東部にある移民街の地名から、「トルビアック」はアジアの地名ではなくパリの13区にある大きな中華街のある地域から取っているそう。二つのお店のジャンルは異なれど、彼が作る料理はどちらも力強くユニークな理由がスッと腹に落ちました。

それにしてもどうして同じ空間で二つのお店を作ろうと思ったのでしょうか。

 トルビアックの入り口

フランスが好きなのと同じくらいアジアの料理が好きで、どうにかしてどちらもできないかと考えていました。しかも僕が一人で料理をし接客もやりたいので、二つ別々の店を作るわけには行きません。
加えて、前の店ではあまり実現できなかった『自分の好きな空間』を作るときに、フランスとアジアなら雰囲気も異なるし、それぞれに個性があって良いと思ったのです。そこから二年ほどアイデアを温めて、実現しました。

もともとは一つの空間だった事務所用のワンルームを仕切って廊下と壁を作り、二つの店にしました。学生時代にかじっていた建築や住文化の知識を活かして空間を作りました。

 トルビアックの店内

初めて来てくださったお客さんが向こう側にも店があることに気づき『今度は向こうに行ってみよう』と言ってくれるのは嬉しいです。ベルヴィルで夜ご飯を食べて、トルビアックが空いていればそちらでデザートを食べてもらうこともありますね。」

旅好きだから思い立った時に休めるようにと、ひとりで営む店主さん。旅で吸収したエッセンスを落とし込んだ料理の数々は、お目にかかったことがないものばかりで好奇心と胃袋をくすぐられます。京都を訪れた方は、ぜひこの不思議な空間を味わってくださいね。

それではまた!

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

BLOGGER

新着/A-Z