出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×
top_bg_img03

大場 正樹

TEA BUCKS OWNER

バックパッカーとしてアフリカやアメリカ、中南米、カリブ海の島々を回り2015年に帰国。
帰国後訪れた京都で本物のお茶に衝撃を受け、独学でお茶について学ぶ。
その後、飲食店の立ち上げやお茶屋での修業などを経て、2018年4月「ティーバックス」をオープン。

今TEABUCKSで出している1日限定20食のお茶漬け。
オーダーが殺到すると僕がめちゃくちゃ大変になるやつです。笑

お茶漬けをお店で出そうと思ったのは、お茶屋をやると決めた時からです。
シンプルなフードを出したいと思っていて、お茶をフードと合わせて提供できるものは何かと考えたときに、
頭に浮かんだものそれがお茶漬けでした。

お茶漬けって誰しもが食べたことがあると思うし、ほとんどの方があの有名は某ダシ茶漬けをイメージすると思います。
でも、僕がイメージするものは別。

居酒屋の〆のメニューで頼んだりもしますよね。
ベロンベロンに酔っ払って〆で食べるお茶漬けも美味しいんですが、僕がやりたいのは別。

それこそ僕が求めていたのは調味料で味がついているものではなく、ご飯にお茶だけをぶっかけて食べるシンプルなスタイルの “THE昔ながらのお茶漬け”です。

なかなか納得のいくお茶漬けができず、お店作りと一緒で時間がかかってしまいました。
むしろ、オープンに間に合わなかったのですが、試行錯誤を繰り返してやっとできたのが

お茶屋のお茶漬け ¥680+TAX

お茶漬けのベースとなるお茶、お水、お米、付け合せの味噌漬けまでこだわりました。

▪️お米・・・山形県産のひとめぼれ
ツヤと適度な粘り気、口当たりの良さがバランスのとれた美味しいお米と言われており土鍋で炊いた時に一粒一粒がふっくらと立ち、優しい甘みがあります。
お茶をかけても粒がしっかりとしていて、お茶漬けの美味しさを引き出してくれます。
土鍋で炊くので美味しくないはずないです。笑

▪️水・・・岐阜県の養老の超軟水
素材の味や旨みも引き出しやすく、和食との相性もいいと言われるお水です。
軟水の方がお米に浸透しやすく、本来のお米が持つ美味しさが最大限に引き出されて、芯までふっくらと炊き上がります。

▪️お茶・・・釜炒り茶
雑味のないクリーンな味わいが特徴的なお茶です。
普段お茶として提供する時は、渋味を抑えて旨味を抽出するので85℃の温度で淹れています。もちろんこれをぶっかけても美味しいのですが、僕はあえて、90〜95℃で淹れて渋味を出し、全体的な味をひきしめています。

これに、北海道産の塩昆布と国産の入り玄米、炒り胡麻をトッピングして完成です。
全ての食材をグラム単位で調整しているお茶漬けは、一度食べるとお茶漬けの概念が変わる逸品。自信作です。

また、付け合せで出しているものは、知人の紹介で繋げていただいた
愛知県にある味噌蔵元『桝塚味噌』さんのうずらの玉子の味噌漬けと、ゴボウの味噌漬けを提供しています。
ここの味噌漬けはピカイチです。お茶漬けのお供、お酒のお供にも・・・。

寒くなってきた今の季節にぴったりの、熱々のお茶漬けはいかがですか?

僕の想いとしては、お茶の可能性は飲むだけでは無いという事、 お茶を通して伝えていきたいことは山ほどあるんですが、
純粋に急須で入れた美味しいお茶の味を知ってもらい、楽しんでもらいたいです。

お茶屋なのに〇〇◯!!
え?お茶屋で◯◯!

みたいな部分をこれからも発信していくつもり。

日本茶の味を大事にしつつ、お茶の固定概念をぶち壊していきますよ。
年内の予定としては面白いイベントを考えているので、近日お知らせさせていただきます。

そして何か面白そうなお話があったらご連絡ください。笑

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

早いものでTEABUCKSはOPENしてから半年が経ちました。
無事に半年を迎えられたこと、TEABUCKSへご来店くださった皆様、応援してくださる全ての方に心から感謝申し上げます。

去年の年末から準備を始め、OPENギリギリまで、寝る間を惜しんで一生懸命店作りをし、まさに怒涛の日々を送っていました。
内装や家具、備品など細かな部分に至るまで全てに拘り、口を出し、僕のスタイルをブチ込みました。
店作りでは、沢山の方々を巻き込み、助けられ、数えきれないくらいのご迷惑をおかけしたと思います。

なんせ
店作りのコンセプトは『僕』なので。笑

僕の頭の中のイメージが凝縮された空間はカオスですが、以外と評判がいいんですよ。
もちろん、メインのお茶も。笑

OPENをしてから、とてもありがたいことに、この“カオスな空間で提供する本物のお茶”の評判が口コミで広まり
今ではテレビや雑誌等のメディアから取材や撮影のお声かけをいただくようになりました。

だって、KITCHEN BROTHERSさんでコラムも書かせてもらっているんですよ?!
凄くないですか?

本当ありがたいことです。

以前から言っていることですが、
僕は今までの日本茶の固定概念をぶっ壊し、新しい日本茶カルチャーを築きたいんです。

コーヒーがカルチャーとなり、ファッションとなっている今の時代を生きる人たちに向けて、
日本に住んでいる僕らだからこそ、コーヒーよりも手軽に飲める日本茶を推奨したいし、興味を持って欲しい。

コンビニで100円、200円で安く飲めるお茶しか飲んだことのない若者には
特に急須で入れた日本茶の美味しさを知ってもらいたい。

日本茶カルチャーが広まれば、安く飲めるお茶の裏側で、
泣いているお茶農家さんの現状も打破できるのではないかと考えています。

この問題に関しては、僕も深刻に考えていて、それに対する想いがあるので改めてお話しさせてください。

ペットボトルはキャップを開いて飲むだけで、お茶の味は決まっている。
急須で飲むお茶は、茶葉を入れる量、お湯の量、お湯の温度、抽出の時間
これのどれか一つだけでも変わると味もかわる。

こんな面白いことないですよ。

お茶は遊び道具の一つだと思っています。

急須で入れるお茶には絶対的な価値がある。
そんな思いが僕の淹れるお茶に込められています。

ぜひ一度本物のお茶を体感してもらいたいです。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

前回のブログで告知させていただきました 9/15〜9/30までの間、JOURNAL STANDARD SQUAREにてTEA BUCKSのpop-upを絶賛行なっております。

また、同期間中にはTEA BUCKSの店内にて【REESE】によるアート展を開催しております。一日、一作品が増えていき、何度ご来店していただいても楽しめる様になっています。

【REESE】の作品はどこか儚く虚しさがありながらも心の中をくすぐられる様な愛おしさを感じられる作品です。 TEA BUCKSでお茶を飲みながらゆっくりとアートに触れてみるのはいかがでしょうか?

※期間中REESEが在廊している為作品の説明なども聞けます。

REESE risei takagi
1993年東京生まれ、石垣島育ち。
17歳までを石垣島で暮らし、上京。
紆余曲折を経て現在バンタンデザイン研究所に通いながらアーティスト活動を行う。
オリジナルキャラクターを用いたアート作品を制作。
2018.8.10-25 HY ART STORY at 中目黒 出展

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2
18.09.07.13:11

【pop-up情報】

JOURNAL STANDARD SQUAREにて9/15-9/30までpop-upをさせていただくことが決まりました。

前回TEA BUCKSにて販売をした際、即完売いたしましたトートバッグやTEA BUCKSオリジナルTシャツ、
また、今回のpop-upの為に新商品などもご用意しておりますので是非ご来店ください。

JOURNAL STANDARD SQUARE
住所 東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル
電話番号 03-5778-9205
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

今回はお茶の産地である嬉野市や嬉野茶について少し話させていただきます。

前回の記事で少し触れました嬉野茶。
皆さん嬉野茶のことはご存知でしょうか?

産地である場所は、佐賀県南西部の嬉野市から、長崎県東彼杵町にかける地域です。
嬉野茶は室町時代頃から生産が始まったとされていまして、釜炒り製造方法により加熱し、発酵を停止させる釜炒り茶が多く知られています。

嬉野市ではお茶以外にも「日本三大美肌の湯・嬉野温泉」や嬉野温泉を使った温泉湯豆腐なども有名です。
美しい茶畑で美味しいお茶を飲み、夜は温泉湯豆腐でうまい酒を飲みながら嬉野温泉に入るなんて、も〜本当最高ですよ!!
(夜遊びする場所も沢山ありますよ!!笑)

そして、隣接する長崎県東彼杵郡波佐見町は波佐見焼がとても有名です。
関東圏の方にはなかなか知られていない嬉野ですが、とてもディープで面白い所です。

是非一度、佐賀県嬉野市に足を運んでみてください!!
きっと素晴らしい出会いや思い出が作れるはずです。

(最後の画像は嬉野市の公式マスコットキャラクターゆっつらくんです!)

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2
18.08.15.11:00

自分について

初めまして、TEA BUCKS代表の大場です。

神奈川県横浜市の出身。小さい頃から好奇心旺盛で気になる事はなんでもやらないと気が済まないたちでした。
それは大人になった今でも変わりませんね。笑

幼い頃にテレビ番組で見たアフリカのサバンナの草原に心を奪われ、いつか必ずアフリカのサバンナに行くと心に誓いました。
まー幼少期はだいぶイカれたガキでしたよ。

だってその当時周りにはアフリカに興味を持った子なんていなかったし情報量も少ない時代でしたからね。親にアフリカのサバンナに行きたいとおねだりしても、何を言ってんの??みたいな反応でしたし。笑

そんで、30歳を機に、兼ねてからの願いであったアフリカへの放浪の旅、世界一周の旅に出たんですが、全くの知らない国々へ行く事へのワクワクと不安な気持ちを持ちつつ荷物を一つのバックパックに詰め込んだ事を今でも鮮明に覚えています。
旅行雑誌や専門誌などをクソほど見て予習はしてはいたんですが、いざ出発となるとビビるもんですね。

出発の日には多くの友達が空港まで見送りに来てくれました。最高でしたよ。
凄く勇気をもらいましたし力強く背中を押してもらいました。

旅は、主に中南米、アフリカ大陸などを陸路で縦断しアメリカ横断やカリブ海の島々を巡りました。旅中に出会えた友、見た景色、その国々で口にした食事、飲み物、感じた喜び、悲しみ、怒り、全てが宝物であり財産です。

多少のトラブルはありましたが、生きていれば全てがギャグみたいなもんですね。 人生少しでも多くギャグみたいな話を持っている方が楽しいですし!!

常に面白い事を貪欲に探し続け、仲間やお店に来てくださるお客様と楽しい事をTEABUCKSと言うコミニティーの場でお茶を通して楽しい事を共有していけたら良いなと思っています。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2
18.08.15.09:00

お店について

帰国後は、飲食店の立ち上げなどに携わらせていただき、その後、茶葉屋でお茶の事を学ばせていただきました。
お茶は元々好きだったんで独学で勉強はしていましたね。

お茶屋での修行時代に出会えたEN TEA(茶葉ブランド)の丸若氏、松尾氏に出会った事がきっかけでどっぷりとお茶の世界にのめり込みました。この両氏に出会えた事により、僕の人生が大きく変わりましたね。お二方ともめちゃくちゃかっこ良いんすよ!! 考えている事やっている事が。

それからいつしか自分でお茶屋を持ちたいと思うようになって。イカれたかっこ良いお茶屋をって。

そんな時に中南米を旅している最中に出会った、悠馬(Dayt.代表)に「新しくサロンをOpenするんだけどそのサロンの1階部分でお茶屋をやらないか?」と誘いを受けまして即答しましたね。「やりたいっ!!」って。

そんで2018.4.1エイプリルフールの日に代官山にある戸建てサロン「Dayt.」の1階部分にお茶のNew cultureを発信すべくTea stand 、【TEA BUCKS】をOpenさせました。

お茶ってこーゆー物!!とか、お茶はこーあるべき!! みたいな固定概念ってあるじゃないですか。
そーゆーお茶の固定概念をマジでぶっ壊したいんですよ。

お茶を通して伝えたいことは山ほどあるんですが、まずは純粋に美味しいお茶を飲んでお茶を楽しんでもらいたいっす。 そこからみんなで誰もが想像し得なかったお茶のカルチャーを生んでいけたら最高ですね。
固定概念をぶち壊しお茶の再構築を目標にやってます。

店の内観、外観は世界を旅して得た世界観や自分の好きな物をぶっ込んだ店作りになっています。 ヨーロッパのアンティーク調の家具や、80年代の日本のキャバレーやスナックにあった家具、大好きなタトゥーアーティストの絵なんかが飾ってあります。もーむちゃくちゃですよね!!笑

よく店作りのコンセプトは?って聞かれる事があるんですけどそんなもんはないっすね!強いて言うなら自分の世界観ですか。笑

TEA BUCKSで扱っているお茶は、茶葉屋での修行時代に出会った茶師の松尾氏が作る佐賀県嬉野のお茶をメインに扱っています。 お茶は時として言語を待たないコミュニティツールとなり遊び道具ともなります。

そういったお茶の知らない世界、魅力をこのブログを通し皆様にお伝えしていきたいと思っています。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

BLOGGER

新着/A-Z