出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×
top_bg_img03

宮崎 哲夫・Motoco

Let It Be Coffee OWNER / BARISTA

「inspired by STARBUCKS」や「BlueBottleCoffee」の立ち上げに携わり、2017年2月に独立。
その後「Davide Coffee Stop」や「私立珈琲小学校」、「SOTO KAWADA」をはじめ、
様々なカフェやオフィスでコーヒーを淹れる“旅するコーヒー屋”として夫婦で活動。
2018年2月5日、二子玉川にLet It Be Coffeeをオープン。

2017年2月1日。
「Letitbe Coffee」として夫婦でスタートした我々。
人生一度きり。自分たちらしく、好きな人と好きな事を好きな時にする。

そんな“人生”を体現している方々と毎日のように出逢えた一年間。その一年があって今の我々があると言えます。
お店を開業するまでの一年間は毎日違う場所で毎日が新しいと感じずにはいられない、我々2人の“財産”とも呼べる時間でした。

大きな会社を出て2人で独立すると決めた時の我々は「明日どこで何をするかも分からない」という…今考えればなんてサバイバルな人生に進んだのかと思います。笑
ただそんな我々を常に太陽のように温かく照らしてくれた恩師がいました。

『私立珈琲小学校』吉田先生。

前回は吉田先生との出会いとお店に立たせた頂いた日々を綴らせて頂きましたが、我々2人が独立をすると決めた時も吉田先生は私たちの背中を力強く、良い風が吹く方向へと思いっきり押してくれました。

「俺が2人の仕事をとってくるから大丈夫!」

家族でもなければ出会ってまだ1年と少し。そんな言葉をかけて下さる人がいるだなんて…。
独立する前、すると決めた時、吉田先生からの激励の言葉に何度も何度も涙しました。

それから吉田先生とご縁のある方々に我々を紹介して下さったりお仕事を頂いたり…自分たちがお世話になった方々から頂いた仕事も含め、気付けば毎日どこかでコーヒーを淹れさせて頂く日々を送れるようになりました。

「必ず、恩返ししたい」という揺るぎない想いは毎日のように自分たちの原動力となり、止まっていられないという気持ちがどんな壁と出会ってもいつもポジティブに前進させてくれました。

お店が決まった時、1番に吉田先生に伝えに行きました。
もっと言うと…我々の婚姻届の証人は両親と吉田先生です。笑

吉田先生と出会って人生が変わりました。大袈裟かもしれませんが事実であり、私立珈琲小学校に立たせて頂いた時間の中でもそう言っていた吉田先生の教え子さんに(元々吉田先生は小学校の教師を20年以上されていたので)何度も出会いました。

自分たちの「お店を持つ」ということは我々の夢でもあり、吉田先生や家族、そしてこれまでお世話になった方々や独立してから出会った方々へ恩返しの形の一つであれば…と常に思って歩んできました。

それは今も続いています。
そして、これからもこの原動力で走り続けられると思います。

来年2月で1歳を迎える我が家。良い風を吹かせてくれた恩師のように、我々も我が家でお会いする皆さまの「良い1日」の一部となれますように。

今日も良い1日を!

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

“人生の恩師” それが吉田先生。
「全て責任を持つから良い風の吹くところに行くんだよ。人生一度きりだから。」という言葉を、もうこれまでに何度恩師から頂いたことか。

『私立珈琲小学校』吉田先生との出会いは偶然ではなく必然的でした。

Sample detail

まだ吉田先生がケイタリングを中心に活動されていた3年前。
立っていらっしゃる場所を調べて最寄りの駅に到着し地図を検索しようとしたら…まさかの期間が終了とのこと!がっかりしながら気を取り直して最近オープンしたばかりのお店へ行こうとなり、お店の扉を開けると…目の前に吉田先生が!!!

もちろんSNS上でお顔は認識しておりましたが“私立珈琲小学校”と胸に書かれたTシャツが目に飛び込み「…確実に吉田先生っ!」と2人で目を合わせて頷いた瞬間に大興奮で既に声を掛けていました。笑

出会い頭の我々に、出てきて間もないコーヒーを「これ本当に美味しいんです!良かったら飲んでみて!」と温かい笑顔で差し出して下さり、その後も相席で様々なお話しをしました。

「またこの人に会いたいな」
帰り際、次の日も、私たちは何度も吉田先生の話しをしていました。
そしたら数日後また別の場所で偶然会ったり、お店に足を運んで下さったり吉田先生のお店がオープンして我々が行ったりと…会えば会う程吉田先生の人柄に惚れ込んでいく我々でした。

Sample detail

そんなある日「自分らしく働く」というシンプルでいて一番難しい壁と向き合うことに。
その時私たちの脳裏に一番に浮かんだのが吉田先生でした。

相談した我々に吉田先生は「自分のお店で自由に自分たちらしく表現するのはどうかな?」と、週に一度お店を間借りさせて頂くという提案。
好きなコーヒー豆・好きなフードや自分たちのグッズ、そして“自由な接客”。

Sample detail

今自分たちのお店を持ち実際に思う事は、開店してまだ2ヶ月ほどの大切なお店を、数回しか会っていない人に貸すだなんて…正直考えられません。それを迷わず提案して下さった吉田先生には感謝ばかりです。

いつか必ず!と心に決めていた故郷大阪で一番お世話になったコーヒー屋「LiLo Coffee Roasters」さんにコーヒー豆を卸して頂くこととなり、前職でお世話になっていたカタネベーカリーさんのパンも置かせて頂くなど…

Sample detail

Sample detail

“お世話になった方々と共に創る”ということや“作り手を知り作り手と同じ熱量で伝えたい”という我々の軸はこの時に生まれたと思います。

それから毎週吉田先生の大切なお店で数え切れないほどのことを学びました。

自由に表現できる喜びと責任。一人一人のお客さまがどれだけ尊いか。
自分たちのいる場所を選んで下さるお客さまへの感謝。
資材一つ、お店にある全てのものが当たり前ではないということ。

何より…恩師の大きさと家族のような温かい真心に何度涙を流したことか。

何一つ決まりはなく、我々がそこに立ち感じることをそのまま吸収したり考えるという週に一度の大切な“登校日”。
吉田先生がいつだって我々と同じ目線で全力で応援して下さっていた1日1日が無ければ今の自分たちはありません。

Sample detail

その後独立をする我々の背中を大きく押してくれたのも恩師でした。

…この話しは次回に !

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2
18.10.19.11:53

物件との出会い

今回はご縁って大切だな〜、という話です。

Let it be coffeeのある二子玉川は僕らにとって所縁の土地です。

僕らは以前スターバックスで働いていました。
僕はinspired by STARBUCKSという住宅立地にある地域密着型の店舗。 因みにレリビーから徒歩3分。
奥さんは二子玉川公園という公園の中にある特殊な店舗。ビューが最高で晴れてる日は富士山が見えます。

で、住んでるのも二子玉川。僕はInspiredの出店が決まる前から二子玉川に住んでいて、奥さんも5年住んでいる上に二子玉川内で引っ越ししているほど、2人とも二子玉川が大好きなんです。それもあって、家から徒歩10分の場所に店ができることが決まった時は興奮しました。

二子玉川は、いい街なんです。
何がいいって、とにかく人がいい。心にゆとりのある方が多いです。
仕事柄いろんな土地の店舗で働きましたが、ダントツで二子玉川のお客様は素敵です。

唯一の欠点は物価が高いところ。ティッシュが300円切ってるのを見たことがありません。
西友が出来てくれたらと切に願います。

それはいいとして、物件の話です。
こんな風に所縁のある二子玉川には元々繋がりがあるので、店を出すなら絶対に二子玉川周辺で!という思いがありました。
二子玉川商店街を2人で歩きながら「ここら辺で物件空かないかな〜」なんてよく話してました。

昨年一年間はケータリング中心で活動をしながら物件を探していました。そんな折、ケータリング先の一つ"SOTOKAWADA"の運営をしている方が飲食店を経営されていて、「店舗物件に強い不動産知ってるから紹介するよ」と紹介してくれました。

すると、その3週間後にこの物件の情報が入ってきたんです!
まだ一般公開前のアツアツの状態だったので、このタイミングで紹介して頂いた事が奇跡だなと思いました。
それまでにも何軒か物件を見てきましたがグッと来る場所はありませんでした。良くて70%くらい。
ただ、この物件を下見しに来た時、ここ以上の物件に出会うことはないなと直感しました。

1000%の物件です。ビビビ婚ってこんな感じだったんだろうなと思いました。
毎晩通っている定食屋の「たぬき」さんが斜め前にある事も激アツです。

もちろん即申し込みをしたのですが、その後物件への問い合わせが殺到したそうで、数店舗の候補者で競合をしました。
それぞれの候補者がオーナーさんと面談をしたのですが、その時に決め手になったポイントがあります。
オーナーさんの奥様が、僕が以前働いていたinspired by STARBACKSに当時ご来店されていて、僕の事を覚えていてくれたんです。

何というご縁でしょう。普段何気なく過ごしている事が、実は数年後の人生を変える事ってあるんですね。
当時ちゃんと真面目に働いていて良かったと思いました。笑

おかげさまで、夢にまで見た二子玉川商店街でお店を開ける事が出来ました。

SOTOKAWADAで働いていなかったら、inspiredで働いていなかったら、この物件でコーヒー屋をやる事がなかったかもしれません。

全てのご縁に感謝です。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

前回、大阪【 LiLo Coffee Roasters 】さんとの“出会い”を綴らせて頂きましたが、今回は続編として“念願が叶った”お話しを。

Sample detail

…忘れもしない、2年前の9月。

私たちの“独立”という目標の一歩として、代官山にある「私立珈琲小学校」さんに週一で立たせて頂くこととなりました。
(この話も語ると長くなるのでまた今度。笑)

その際、オーナーの吉田先生から「好きなコーヒー豆を使って良いからね!」と有難いお言葉を頂き、即座に連絡したのがリロさんでした。

というのも…
大阪で最もお世話になったリロさんのコーヒーを「いつか私が東京の地で淹れたい!」という夢をずっと抱いていたので、その思いをオーナーの堀田さんと焙煎士ケイタさんに直球・どストレートに投げてみました。笑

お二人のお返事は…
清々しいまでの特大ホームラン!!!笑

二つ返事で即OKを頂き、嬉しさのあまりその足で東京から大阪に会いに行こうかと思ったほど。笑

当時、東京ではまだ取り扱いのなかったリロさんのコーヒー豆はもちろん、
“This is OSAKA”と言わんばかりの大好きなお店を、
自分を通してより多くの方に伝えたいという思いを、
堀田さんとケイタさんが大いに汲み取って下さり念願が叶いました。

それからはケイタさんと様々なミーティングを重ねてお豆を選び、大阪から東京へと丁寧に焼いて届けて下さるお豆の豆袋には、毎回メッセージが書かれていました。
イラスト付きやクスッと笑えるもの、そして心温まる言葉の数々。お豆と共に大阪から「嬉しい便り」が毎回届く、そんな感覚でした。

そして、昨年2月。私たちが会社を離れ独立すると決めた際、堀田さんから「出来ること何でもするから、遠慮なく言って!!」と誰よりも早く連絡を頂き、どれだけ励まされたことか。

堀田さんとケイタさん。このお二人には本当に頭が上がりません。

Sample detail

その後、様々な場所でリロさんのコーヒーを使わせて頂き、昨年の夏にはリロさんの周年に我々が大阪の店舗に立たせて頂き、今年は二子玉川の私たちのお店でケイタさんがコーヒーを淹れて下さるという感極まる夢の共演まで叶いました。

Sample detail

Sample detail

更にはリロさんの東京の卸先であるホテルの壁に“ペインター”としてリロさんの絵を描かせて頂いたり、トートバッグのデザインをさせて頂いたりとコーヒー以外にも様々な形でご一緒させて頂いております。

Sample detail

Sample detail

『 作り手を知り、同じ熱量でお客様に届ける』

これって自分たちにとって最も重要であり、ストーリーや背景がとても色濃く在るお陰で、伝え手としての楽しみや喜びがあると思います。

それを教えてくれた LiLo Coffee Roasters の皆様には感謝ばかりです。今日も、そしてこれからも、大阪から届いた愛情たっぷりのコーヒーたちを、私たちからお客さまへ届けようと思います。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

「 本気の夏、100回目」

今年の甲子園も高校球児たちの気迫あふれるプレーの数々に感動し涙を流した方も多いはず。
…私もその一人です(夫婦なので、我が家では計2名です。笑)

大阪桐蔭の優勝が決まり町や人も活気づけられ、甲子園の熱気や余韻が残る大阪に、まだまだ熱い熱々の(笑)コーヒー屋があります。

【 LiLo Coffee Roasters 】
(※ 通称、リロさん)
“大阪と言えばここ!”と言わんばかりに大阪らしさ全開のこちらは,楽しい・面白い・本気の三拍子が揃っております。

今回は当店にもコーヒー豆を卸して頂いているリロさんとのお話し。

まだリロさんが出来る数年前,同じビルの3階にある美容室「LiLo in veve」に出会ったことが全ての始まりでした。

友達から、必ず気が合うはず!と勧められ初めて訪れた私。
担当のイクさんは旅するカメラマンと言う顔を持ち、イスラエルやヨルダン、ケニアなど…旅をする場所は少し“普通”ではなく皆が心配することもしばしば。笑
「歳をとっておばあさんになっても行ける場所は後回し!今、行ける場所に行く!」と。

オーナーの堀田さんは皆が楽しければ良し!という性格に、好きなことに妥協は一切せずとことん拘り抜く人。
「皆でピザパーティーしたら絶対楽しいやん!」という発想で、お店のテラスに本気のピザ釜を、職人さんに一から教わって組み立てたほど。笑
そしてオーナー自ら生地を練って焼く。
それも…凄く美味しいんです。笑

人生を楽しむ人はその“瞬間”を逃さず、とことん追求して周りと共有する。

これこそ、私の原点です。
リロさんはそんなお店。

美容室の一角にはカウンターがあり,カラーの合間や終わった後、ふらっと近くに来たから遊びに来たよ~というような人までも(笑)皆が集まる楽しい場所としてそこに存在し、いつもそこには“コーヒー”がありました。

私が大阪から上京して何年か経ったある時、コーヒー屋さんをオープンするという今世紀最大のニュースが飛び込んできました!
堀田さんと同級生だったケイタさん(偉大なる焙煎士・ヘッドバリスタ)は、なんと未経験。
しかしながら彼の「一度会ったら誰もが虜になる」芸人よりもハイテンションでフレンドリーなノリと、計り知れないほどの努力と探究心により、今では専門学校の講師や大会のジャッジを勤めるまでに。

オープン当初、ケイタさんは朝から晩までお店に立ち閉店後焙煎をする日々。
コーヒーに情熱を注ぐ堀田さんと共に(あ。堀田さんの本業は美容師です。笑)
国内に留まらず海外の様々なコーヒー屋を巡り、更にはコーヒー農家まで出向くほど。

そんな2人の二人三脚は、気付けば1人2人…と仲間が増え、瞬く間に大阪を象徴するお店となりました。

そんなリロさんとの“念願”が叶ったお話しは次回に!!

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2
18.08.22.13:00

「LET IT BE BLEND」

僕らがエスプレッソで提供しているコーヒー豆は「LET IT BE BLEND」と言って、僕らのお店だけの特別なブレンドです。
この豆を焼いてくれているのは、蔵前にロースターを構える「coffee wrights」さんです。

なぜこんな特別なコーヒーを作ってもらっているかと言うと、焙煎士の宗島さんとは前職時代の戦友だからです。

まだ1号店が開く3ヶ月前、オークランドに研修に行った時に、水みたいにシャバシャバな安いビールを飲みながら夜中まで語り合ったのはいい思い出です。ムネさんと出会えて、今こうして特別な 豆を作ってもらえる事こそが、前職で働いていたことの価値だと思っています。

独立したら絶対にムネさんの豆を使いたい!
と思っていたので、オリジナルのブレンドを作ってもらえるなんて超幸せ者です。

二子玉川にはスペシャルティコーヒーを扱う個人店がないので、地域の方々が普段飲んでいるラテとは違うものを提供したいと考えていました。しっかりした味の中にベリー系の風味がフワッと香り、甘みが残るようなラテ。
そんなブレンドを作って欲しいとお願いしました。

言うのは簡単ですが、作るのは大変な作業だと思います。でも忙しい中で、それを実現するために何度も検証を重ねてくれました。試作段階で試飲をさせてもらった時の衝撃は忘れません。美味すぎる!

しかし彼女の職人魂はそれに留まらず「いや、まだ良くなるよ」と更に検証を重ねてくれて、結果僕らのイメージを超える最高にバランスの良いブレンドに仕上げてくれました。もう感謝しかないです。

「今までに飲んだラテで一番美味しかった」

と言ってくださるお客様がとても多くていつも感極まるのですが、ラテを褒めて頂く事は豆を焼いてくれている彼女が賞賛されているという事でもあり、更に感極まります。

ムネさんが焼く豆は東京で一番美味しいと思っています。
でも、僕らが扱いたいと思う豆はただ美味しいというだけの理由ではなくて、

「大事な仲間が焼いている」

という事がとても重要です。

大事な仲間が作ってくれたものって、それだけで特別なものになりますよね。
なので、扱うコーヒーに対しての思い入れがより強くなり、お客さんにも自信を持って提供する事ができます。

そんな大切な豆なので、LET IT BE BLENDを扱う毎日が僕らにとっては特別な1日になるんです。
ムネさん、coffee wrightsのみなさん、いつも本当にありがとうございます! 今日も気合い入れてエスプレッソ抽出します!

気合いが入りすぎて最近四十肩に悩まされているのはご愛嬌です。

(この写真は、店がオープンする直前、一番初めに届いたLET IT BE BLENDです)

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

今まで飲んだチャイの中で一番美味しいチャイでお馴染みのPRANA CHAI。
発注の際にはKITCHEN BROTHERSさんを活用させて頂いてます。お世話になってます。

今回は、PRANA CHAIを使わせて頂くきっかけについてのお話です。
PRANA CHAI JAPAN代表の野村さんとは、新潟の名店「The Coffee Table」の本間君を介して出会いました。

本間君がうちに泊まりに来る時に、新潟から二子玉川まで車で送ってくれるというナイスガイ。
それが野村さんでした。
僕は初対面なのに風呂上がりで部屋着だったので、なんか恥ずかしかったです。

その後、とあるコーヒー屋でPRANA CHAIを初めて飲んで、今まで飲んだチャイの中で一番の美味しさにシビれました。
で、一度しか会った事がなかった野村さんに速攻で連絡して卸のお願いをしたところ快諾していただき、やはりナイスガイだと思いました。そのやりとりの流れで飲みに行きましょうということになり(笑)、コーヒー業界の面白い方々とお食事をしたのもいい思い出です。

そして更に、その飲んだ翌日に僕らが立っているお店に遊びに来てくれるという人情味溢れるフットワークで、しかもオーダーをしていたPRANA CHAIまで持ってきてくれました。ナイスガイ確定です。

それ以降PRANA CHAIを扱わせて頂いており、お客様には「今まで飲んだチャイで一番美味しい です」とハードルを上げて提供していますが、100%共感していただけてます。

そんな最高なPRANA CHAIも、KITCHEN BROTHERSさんでお取り扱いがありますので 、KITCHEN BROTHERSさんも最高です。今後ともお世話になります。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

【 Let it be 】この言葉を聞いて誰もが真っ先に思いつくのは「The Beatles 」だと思います。

そんな全世界でもポピュラーな名が、我々の屋号。

しかし、それは偶然の産品で「あるがまま・自分たちらしく」という意味の言葉を探していた時に出会い、「これだ!」と満場一致(夫婦2人。笑)の大決定を皮切りに、The Beatlesの曲はほぼ全て聴きました。笑

初めまして。『Letitbe Coffee』です!
昨年の2月から約一年。コーヒーグッズをキャリーバッグに入れて,お世話になっている恩師や先輩方のお店に立たせて頂いたり、オフィスでの出店や、週末限定の多摩川河川敷で“野外コーヒー”など。時には都内を飛び出して各地を周り、夫婦で“旅するコーヒー屋”として歩んで参りました。

「Let it be Coffee」を始める前、私たち夫婦は東京・二子玉川のスターバックスで出会い、「inspired by STARBUCKS玉川3丁目店」(現・Neighborhood and coffe玉川3丁目店)「BlueBottleCoffee」の立ち上げの店長とバリスタとして大きな会社に所属し、計り知れないほどの経験をさせて頂きました。

そんな時「人生は一度きりだから、好きな人と好きな時に好きなことをしたい」ということ、お客様への最大限の真心を自由な発想と表現で一瞬一瞬を過ごしたいという想いを形にするべく2人で独立。

そこからは数え切れない程多くの人の支えとご縁に恵まれ、「お世話になった方が足を運びやすい場所に…」との思いで、二子玉川を中心に物件を探していました。

2018年、2月5日(ふたこの日!笑)

私たち夫婦ほどご縁に助けられた人はいないと断言出来ます。
私たちの“第2章”は自分たちのホーム・二子玉川からスタートすることが出来ました。

お世話になった方と共に創ること、作り手の想いを同じ熱量で伝えること、そして自分たちらしく一期一会を大切に、1日1日を重ねて「今」を全力で楽しんでおります。

そんな我々『Let it be Coffee』の「今」や我々2人の大切な“人”や“モノ”を、こちらに綴らせて頂ければと思います。

肩の力を抜いて(笑)お店で店主とお客様が会話のキャッチボールをするようなそんな空気感でお付き合い頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。

 Share

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2

BLOGGER

新着/A-Z