出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

すべての読みもの/ 366 POST

top_bg_img03

ニュース

|

19.10.02

青山ファーマーズマーケットによるクラフトジンのイベント『JUNIPER TOKYO』レポート

最近は何かとクラフトビールが話題ですが、クラフトなお酒はそれだけではありません。今、クラフトジンの盛り上がりもすごいことになっています!ジンはもともと、ハーブや果物の皮、スパイスといったボタニカル香りづけされたお酒で、ジュニパーベリーが原料として使用されていれば、素材としてどんなものを使用しても良いという自由度の高いお酒。それゆえレシピの幅が広く、今、世界各地の造り手たちがアイディアや工夫を凝らし、その土地土地の素材をベースにつくられた個性豊かなクラフトジンが次々と生まれてきています。そんなクラフトジンカルチャーが盛り上がる中、青山ファーマーズマーケットが9月7日(土)、8日(日)の2日間、クラフトジンとジュニパーベリーに焦点を当てたイベント『JUNIPER TOKYO』を開催しました。場所は、ファーマーズマーケットでおなじみの渋谷・国連大学中庭です。今回のイベントは、「JUNIPER BERRY」「FARM TO BOTTLE」「CRAFT GIN」「TONIC WATER」という青山ファーマーズマーケットらしい4つのテーマを軸に、クラフトジンに欠かせない原料である“ジュニパーベリー”を食べて・飲んで・体験して・学べる2日間。ファーマーズマーケットやRAW TOKYO(※1)と同時開催ということもあり、会場は多くのお客さんで賑わっていました。そんな新しいフードカルチャ―に出会えるイベントとあってKITCHEN BROTHERS編集部も初日に参加しましたので、今回はそのイベントの様子を少しご紹介したいと思います!

top_bg_img03

ピックアップ

|

19.09.24

廃棄するパンの耳から生まれたクラフトビール“breadbeer”

日本ならではのクラフトビールカルチャーが盛り上がりを見せる昨今、業種を越えた様々なコラボレーションが生まれていることも魅力のひとつではないでしょうか。ブルワリー同士はもちろん、コーヒーや紅茶といったビールと同じように農産物から生まれるもの、また最近ではファッションブランドとのコラボレーションも増えてきています。そんな中、食品ロス削減というサステナブルなテーマからまた新しいビールが生まれました。その名も「bread beer」。製造元は長野県野沢温泉に醸造所をかまえる「AJBブルワリー(Anglo Japanese Brewing Company)」(以下 AJB)で、廃棄するはずだったパンの耳を原料にしてつくられているとのこと。パンの耳を提供しているのは六本木「ブリコラージュ」。フレンチの名店「レフェルヴェソンス」のオーナーシェフ・生江史伸さんがオーナーを務めるベーカリーカフェです。今回のプロジェクトは、そのブリコラージュとAJB、そしてゴミを出さない循環経済を提案する「530week」代表の中村元気さんという三者による共同プロジェクトとなっています。この環境にやさしいコラボレーションが一体どのような想いから生まれたのか、AJBでアシスタントブルワーを務める佐藤孝洋さんにお話をお聞きました。