• ホーム
  • コラム
  • 料理写真を撮る際の5つのコツ|すぐに実践できる簡単な方法を紹介

料理写真を撮る際の5つのコツ|すぐに実践できる簡単な方法を紹介

コラム
ryorisyashinryorisyashin

お客様が来店した際に、メニュー表でまず目にするのが料理写真。料理写真が美味しそうに見えるかどうかによって、お店の集客や売上にも大きく影響します。

そんな料理写真ですが、プロのカメラマンでもない限り、美味しそうな写真を撮るのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、美味しそうな料理写真を撮るためのコツや、スマホと一眼レフそれぞれの料理写真の撮り方をご紹介します。

記事の後半では、料理写真を外部に依頼する場合の相場料金や流れも解説するので、お店で使う料理写真の上手な撮り方を知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

お客様が食べたくなる料理写真を撮るための5つのコツ

美味しそうな料理写真を撮るためには、押さえておくべき5つのコツがあります。では具体的にどんなコツが必要なのか、それぞれの事例の写真も交えてご紹介します。

 

1 写真を撮る前に構図を考える
まず最初に押さえておきたいのは、写真を撮る際の構図です。どんな構図で撮るかによって写真の出来栄えは大きく変わります。

C字構図

C字構図は、楕円形や丸いお皿を少し右寄りにし、左側を少し空けてC字にする撮り方です。ただ真ん中に料理を置いて撮るのではなく、適度な隙間を空けることでおしゃれに見えます。

どんな料理にも使える基本的な構図で、お店のメニュー表に使う写真はもちろん、インスタやTwitterなどSNSに載せる写真にも使えるテクニックです。

S字構図

S字構図は、2枚のお皿を対角線上に置き、S字のようになる撮り方です。2皿が自然にフレームの中に収まり、奥行きも出て見栄えがいいのが特徴的。

お皿が2枚あってどの配置に置けばいいか分からないときは、S字構図にすれば自然なフレーム構図になり見栄えもよく写ります。

俯瞰構図

俯瞰構図は、料理を真上から撮る方法です。料理と周りの小物を合わせた全体がメインとなり、雑誌に載っている写真のようなおしゃれ感が出ます。

主に1品料理を撮るときに効果的で、メインの料理だけでなく全体的な見栄えのいい写真が撮れます。俯瞰構図で撮る場合は、カトラリーの配置やクロスのデザインなども考慮して、全体のバランスを整えるよう意識してみるといいですね。

 

2 写真の角度を調節する

料理を美味しそうに見せるためには、角度も重要です。写真を撮る際の角度は、以下のようなものがあります。

・カメラを低くかまえて撮るローアングル
・真上から撮るハイアングル
・人が座って料理を食べる時の目線と同じ斜俯瞰
・料理が間近で映るように撮る接写

こういった角度テクニックをうまく活用して、料理に動きを出したり、迫力を出したりすると、より美味しそうな料理写真が撮れます。

 

3 写真のライティングは大事なポイント

美味しそうな料理写真を撮るために、ライティングはとても大事です。写真に入っている光と影の関係で、料理の見栄えは大きく変わります。

料理写真を撮る際は、逆光・または半逆光で撮るのがおすすめです。光を前から当てる順光のほうが見栄えがよさそうですが、実は順光だと陰影がなくメリハリのない写真になり、美味しそうに見えません。

そのため、逆光や半逆光でうまく光と影のメリハリを出し、料理に立体感を出すのがポイントです。

店内の窓際で撮影する場合は、自然光を利用するのも効果的。明るい自然光が入る場所で、逆光や半逆光の位置になるよう料理を置くと、違和感のないキレイな写真が撮れます。

上記の方法でも光の具合がいまいちの場合は、レフ板を使ってみるのも1つの方法です。レフ板を使えば光のトーンが一段階上がり、料理の陰影もしっかり反映されます。

レフ板は逆光・半逆光・自然光、どのパターンでも使える方法なので、少し暗いかなと感じる場合はぜひ使ってみてください。
レフ版がない場合は、スチレンボードや白い紙など、光を反射するものであれば代用できます。

 

4 写真に映る背景を整える

料理写真を撮る際は、背景を整えることも忘れてはいけません。せっかく料理自体のクオリティが高くても、背景の映りが悪いと写真の出来栄えも悪くなります。

料理に使う背景の基本は、料理の色と近い色の背景・もしくは白色の背景です。

たとえば、黒が基調の料理を撮る場合、背景に使うのは黒・もしくは白がおすすめ。料理と同じ色を背景にすることで、統一感のあるバランスのいい写真が撮れます。

どんな料理にも合わせやすい大理石や、木のテーブルを背景にするのもおすすめです。特に木のテーブルは落ち着きがありながらも、カフェ料理のようなおしゃれ感も演出できます。

料理に迫力を出したいときは、背景をボカしてみるのもテクニックの1つです。背景をボカして料理にカメラの焦点を合わせることで、インパクトのある美味しそうな写真が撮れます。

オートフォーカスのカメラだと、自動で料理にピントを合わせてくれるので便利です。また、最近のスマートフォンはメインの料理にピントを合わせるだけで、自然と背景がボケるものも多いため、そういった機能も使ってみるといいかもしれません。

 

5 写真のシズル感を意識しよう

料理写真を撮るときは、シズル感も意識しましょう。シズル感とは、人間の五感を刺激して「この料理おいしそう!」と思わせる感覚のこと。

シズル感を出すためには、光や角度の調節はもちろん、料理の湯気やツヤもポイントです。湯気やツヤが写真に写っていると、料理の新鮮さを演出できます。

料理のツヤや新鮮さを出したいときは、お皿を回転させて一番ツヤや新鮮さが強調できるポイントを探してみてください。冷めた料理だと湯気やツヤが出ないので、写真を撮る直前に温め直すことも大事です。

シズル感の出し方で迷った時は、ひとまずズームで撮るだけでも、奥行きが出てシズル感のある写真が撮れます。

 

 

スマホと一眼レフの具体的な撮影方法

ここまで料理写真を撮る際のコツを紹介しましたが、スマホと一眼レフでは細かい撮り方のコツが違います。そこでここからは、スマホと一眼レフそれぞれの具体的な撮影方法をご説明します。

 

スマホで料理写真を撮る方法

スマホで料理写真を撮る場合、カメラのレンズが汚れていてはキレイな写真は撮れないので、まずはレンズをキレイに拭きます。

次に、撮りたい写真のイメージに合うよう構図を調整。構図が決まれば角度や光を調節し、シャッターボタンを押します。
このときに、キレイな仕上がりをイメージして、実際のカメラの写りを確認しながら調節するのがポイント。

あとは背景などを整えれば、スマホでも美味しそうな料理が撮れるはずです。写真の出来栄えがいまいちだと感じる場合は、ズーム機能をうまく使うことで、躍動感のある写真も狙えます。

 

一眼レフで料理写真を撮る方法

一眼レフで料理写真を撮る場合、まずはスマホで撮るのと同じ流れで、料理の構図・ライティング・角度などを調節します。

続いて被写界深度(写真の焦点が合っているように見える被写体側の距離の範囲のことで、写真のボケ具合を指します)を調節し、ピントや深さを合わせます。

被写界深度とは、写真のピントが合っているように見える範囲のことです。この被写界頻度を調節することで、どの料理にどれくらいの範囲でピントを合わせるのかが決まります。

一眼レフの場合は、基本的に被写界深度を調節する機能が付いているので、メインとなる料理に焦点が合うよう、ピントをうまく調節してみてください。

どの料理にもピントが合っていないと、なんの料理を強調したいか分からないブレブレの写真になるので、注意が必要です。

一眼レフに使う主なレンズは、ボケを際立たせる単焦点レンズや、細かい質感を出せるマクロレンズなど。料理やイメージに合わせてレンズを使い分けると、動きのある美味しそうな料理写真が撮れます。

また、一眼レフでの撮影は色温度の調節も重要です。色温度を暗めに設定していると、料理全体の色も暗く、硬くて冷たい印象を与えてしまいます。

料理の写りが暗いと感じる場合は色温度を上げて、温かみのある柔らかい雰囲気の写真を意識するのがポイントです。色温度は、カメラの基本設定やホワイトバランスで調節できるので、ぜひこういったテクニックも使ってみてください。

 

 

メニュー写真を外部へ依頼する場合の料金や流れは?

料理写真のコツを意識しても、なかなか自分ではキレイな写真が撮れず、外部への依頼を検討することもあるかもしれません。そこでここからは、メニュー写真を外部へ依頼する場合の料金相場と、依頼の流れをご紹介します。

メニュー撮影の料金相場

一般的なメニュー撮影の料金相場は、1時間で10,000~20,000円程度です。半日拘束で撮影した場合の料金相場は、およそ60,000~80,000円程。

ただし、上記はあくまでも相場なので、依頼する業者によって料金は前後します。また、基本の撮影料のほか、オプション料金や延長料金がいくらかかるのかもチェックするのを忘れずに。

画像加工サービスやキャンセル料の有無も要確認です。画像加工サービスなどを依頼する場合は、基本料金とは別途でオプション料金がかかります。
写真の納品方法はオンラインストレージ・DVD-R・オンラインアルバムなどがあるので、どの納品方法かも合わせて確認してみてくださいね。

 

メニュー撮影を外部へ依頼する際の流れ

次に、メニュー撮影を外部へ依頼する場合の流れを解説します。依頼する業者によって細かい流れは異なりますが、基本的な依頼の流れは以下の通りです。

1,まずは撮影を依頼する業者を決める
2,業者が決まれば問い合わせをして、撮影内容・カット数・撮影予定日・予算などを相談
3,相談した内容をもとに、電話・もしくは対面で詳細をヒアリング
4,業者側がヒアリングを参考に必要な機材や人員を決め、撮影スケジュールと見積もりを出す
5,双方が合意すれば、実際の撮影

実際に撮影する前に、業者側が予算の見積もりを掲示してくれるので、お店側の予算と合致しているかどうかの確認もお忘れなく。

 

美味しそうな料理写真を撮るためには、以下5つのコツを押さえることが大切です。

・構図
・角度
・ライティング
・背景
・シズル感

上記のコツをすべて押さえるだけでも、料理写真の出来栄えは大きく変わります。

また、スマホで撮影するのと一眼レフで撮影するのとでは、細かい撮影方法は異なります。それぞれの撮影のコツや流れも意識して、お客様が食べたくなるような、素敵な料理写真を撮ってくださいね。

最近の投稿