出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×
petalo

FEATURE

アットホームな”渋谷のオアシス”を目指して。

2018年9月に開業した大規模複合施設「渋谷ストリーム」。その2階角地区画に、イタリアン業態を中心に数店舗手掛けるダルマプロダクションの最新店舗「Petalo(ペタロ)」がオープンしました。
”バーカロ・プロシュッテリア”という、生ハムとワインを楽しめるイタリア版大衆食堂酒場をイメージしたお店です。ここでは生ハム・サラミを10種類以上常備し、擦りたての生ハムや、毎日異なる手作りのオリジナル一品料理を提供しています。
たくさんの人が忙しなく行き交う街・渋谷で、スタッフさんの明るくフランクな接客は疲れを吹き飛ばし、「ただいま」って通いたくなるような、そんなお店。料理のことや接客のこと、これからのことを店長の山崎さんにお話を伺いました。

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン

渋谷ストリームの店舗写真と同じポーズを率先してしてくれた、サービス精神旺盛の店長・山崎さん。

 

 

ちょっとずつをたくさん

 

Petaloではパスタをショートパスタにしておつまみ感覚で出すなど、メイン料理がないとお聞きしました。なぜでしょうか?

 

ハム専門のお店というのももちろんあるけど、場所的に駅に近いのでパッと入ってちょろっとつまめるお店にしたかったんです。
一般的なイタリアンレストランだと前菜からデザートまでだいたい4皿しか食べれないのを、ペタロだと前菜3種類、メインも小さいから2種類とか、日本の居酒屋のように小皿でたくさん食べれるようにしたいなって思ったんです。お客様としてもその方が楽しいんじゃないかなと。

 

たしかに、いろんな種類を食べられたら楽しいです!
毎日異なる手作りのオリジナル一品料理等のメニューは、どのようにして考えているのですか?

 

イタリア料理ももちろん出しますが、それ以外にも「ある程度つまみっぽい」ということと、「イタリアン」というフィルターを通しつつシェフがメニューを決めています。例えば酢味噌和えをイタリアンで出すとしたら、バジルソースにしてみようとか。

 

山崎さんは店長という立場ですが、料理もするのですか?

 

ちょっとしたお手伝いはしますが、料理は全くしないです。基本的に食事に関してはキッチンチームに任せていて、ずっとホールを見ています。でも、全部任せっぱなしではなくてこんな感じにやってくれない?とかお客様の意見とかを伝えるようにはしていますよ。

 

 

 

ちなみに、Petaloという店名の由来は何でしょうか?

 

イタリア語で”花びら”という意味です。薄く切られた生ハムが、花びらみたいなので付けられました。一見意味がないように見えて、聞いてみると意味ある感じがおもしろいですよね。お客様とお話するときのネタにもなります。

 

天井には50本もの生ハムの原木がつるされています。

 

 

僕らの接客を通してお客様同士がここで繋がってもらえたらいいな。

 

どのようなお客様が来店されるのでしょうか?

 

オフィスも入っている商業施設なのでIT系の人がメインでくるのかなと想像していたのですが、立地から若い人も来るし、駅が近いので年配の方もいらっしゃいます。渋谷らしく混合した客層の方が来てくださっているって感じですね。

 

幅広いお客様に対して、お店として接客で心がけていることはありますか?

 

いつも通りフランクに。オープンしたばかりというのもあり初めて来店される方が多いので、固い接客というよりはまた来てもらえるような、肩ひじ張らない接客を心がけていますね。
2回目のご来店の方にはひと声かけるなど、距離を近くすることも意識しています。

 

お店に入ってすぐ目に留まる大きなスピーカー。幅広い年齢層の方に楽しんでもらえるプレイリストを依頼して作ってもらっているそう。曲目は2,3カ月ごとに変更されます。

 

 

たしかに私自身ここに来たとき、スタッフさんの明るく元気な接客になんだかホッとしました!
こういったフランクな接客は、お店単体での取り組みですか?それとも運営会社のダルマプロダクション全体として推奨しているのでしょうか?

 

会社全体でそんなスタンスですね。お店は違くても、みんなそれぞれ共通認識を持っています。
イタリアンレストランなんてどこにでもあるので、うちらしさとなるとやっぱりフランクでアットホームな雰囲気作りだと思うんですよね。

 

会社全体での共通認識ということは、マニュアルやルールブックのようなものがあるのですか?

 

社員にもアルバイトにもこういう風にやりましょうっていうルールブックをうちは作っていないです。その子の持ち味を出してもらえればなっていうのがあるので。
僕がよく入りたての子に伝えるのは、「レストランみたいなお店ではないのでかしこまった接客とか高い技術は求めていない。自分たちがお客様として来たときに、してもらって嬉しかったことはやってあげて」ってこと。イタリアン料理の知識がなくても、お客様を喜ばせることはできるので。
お客様の立場になってしてほしいことを考えると、答えは出てくるから難しく考えなくていいんです。かっちりしたレストランだったら求められるかもしれないけど、お客様もそういうテンションでお店に来ていないのでカジュアルにやってほしいです。

 

 

 

毎日異なる手作りのオリジナル一品料理を出されていたり、アットホームな接客を意識されていたりしますが、これからどのようなお店になってほしいですか?

 

オープン当時から言っているけど、渋谷のオアシスにしたいです。
まだ半年も経っていないので、今のところ料理も接客も毎日実験していますが、いろんな人が交わえる店にしたい。お客様同士がここで繋がってもらえたらいいな。立地的にいろんな業種の人が来ると思うので、僕らのフランクな接客を通して繋げられても楽しいと思う。食事を出すだけでない他の楽しみも見つけていきたいです。

 

ココで会える知り合いが増えていったら、仕事終わりで疲れていてもその人達に会って元気チャージするために毎日通っちゃいそうです!
最後に、日々実験して行く中で挑戦したいことはありますか?

 

ペタロは大衆さを売っているので、テーブルで向き合ってゆっくり食べるようなものとは違い、席の造りもカウンターメインになっています。でもお客様からはこのカウンター席に対してマイナスイメージを感じるので、垣根をうまいことなくしたいです。
2,3人ならいいけど、4人とかになると嫌がられちゃうんです。座ってみないと分からない部分ですが、横並びでも楽しかったりするんです。カウンター文化広められたらいいですね。