出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

本物のビールの復活。

造り手たちの想い18.02.22
augusubiru

本物のビールとは?アウグスビールの代表取締役の坂本さんと醸造責任者の本庄さんは、長く勤めたキリンビールをスピンアウトし、本当に届けたいビールを作るために会社を設立しました。まだまだこれから忙しくなる、とキラキラした表情が眩しかったです。お二人が本物のビールを追いかけるようになった真意をお伺いしました。

 人生は偶然で、そしてビールと共に。

 まず会社のコンセプトを教えてください。

 坂本社長ー一言で言うと、本物のビールの復活です。今あるビールがビールではないとは言わないです。ただ工業製品で、マス商品ですので、目的が違うんです。1000人で乾杯するなら大手、10人で乾杯するならアウグスビールでしましょう。と提案しています。

 坂本社長はなぜ本物のビールを復活させたいと思ったのですか?

 坂本社長ー私は、キリンビールでマーケティングの担当をしていました。アメリカに行き、キリンビールを普及させようと試みましたが、アメリカ人の馴染みの味でない、どっしりとした味のキリンビールはなかなか売れなかったので、まずはアメリカで人気だったお寿司屋さんをオープンし、そこでビールも一緒に販売することで売上につなげることができました。その後、縁あってバドワイザーに入社し、逆に日本でバドワイザーを売ることになったんです。日本でも、馴染みのない軽めの味のバドワイザーはなかなか売れなくて、バドガールのキャンペーンを思いつき、バドワイザーの売上向上に貢献しました。アメリカで約10年、日本では約8年、そんなプロダクトアウトをマーケティング手法で補完しながらの販売を続けて痛感したしたことは、「美味しいものはメーカーが決めるものではない、飲む人が決めるもの。」でした。これがアウグスビール設立の原動力になりました。飲む人が求めるビールを作る、いわゆるマーケットインの考え方です。本当に心から美味しいって思えるビールを届けたいと思い、本庄とアウグスビールを作りました。

Sample detail

 そんな経緯があったのですね。本庄さんはいかがでしょうか?

 本庄さんー私は、キリンビール在籍中にミュンヘン工科大学ビール醸造学科へ留学させてもらえました。それが、アウグスビールの名前の由来であるアウグスティーナとの出会いとなりました。4年間ミュンヘンで過ごし、アウグスティーナ醸造場で発酵技術を学びました。アウグスティーナは小さい会社でしたが、皆に愛されていたため、大手に他の小さなビール会社が吸収させる中、唯一生き残り、現在もドイツで愛されているビールなんですよ。私はビール作りの知識もそこで得ましたが、なによりもビール作りの精神を学びに行ったんだなぁと思っています。1981年くらいのことですね。 それが今でも生きでいます。

 アウグスティーナはどんなビール作りの精神をもっていたから生き残れたのでしょうか?

 本庄さんーアウグスティーナは発芽の工程が特別でした。ぎゅうぎゅうに麦芽を積み重ねるとストレスを与えてしまうため、床に薄く並べていたんです。麦芽たちはのびのび過ごすことができるので、自然な美味しさがあります。良いビールを作るには良い原料から、麦芽から。常に原料に遡って、原料を健やかにのびのびと育てることが大事です。とても大変な作業で手間暇がかかりますが、アウグスティーナはそれを頑なに守りました。だから美味しいビール、皆に愛されるビールなんです。皆に愛されてやまないアウグスティーナに感銘を受けたのをずっと覚えていました。会社の方針はここからきています。私はアウグスビールもこだわりをもってビール作りをし、長く愛されるビールになってほしいと願っています。

https://storage.googleapis.com/kbr-pro/uploads/ckeditor/pictures/373/content_03.jpg

 坂本さんはアメリカで、本庄さんはドイツで、ビールに携わっていらっしゃいますが、お二人の出会いはいつ頃なのでしょうか?昔からの友人なのですか?

 坂本社長ーいえ同じ会社にいた頃には一緒に働いたことはなかったです。キリンビールの海外留学生最終面接の待合室でちょっと話しただけ、それがきっかけになりました。その時は将来一緒にビールを作ってるだなんて想像もしませんでしたよ。

 出会いとは面白いものですね。お二人のやりがいとなっていることは何ですか?

 坂本社長ーアウグスビールは本当に美味しいねって言われるのが一番嬉しいです。アウグスビールを飲むと他が飲めなくなると言われると、あぁ、やって良かったな。って思いますね。

 話しながら坂本さんの表情が柔らかく微笑んでいたのをみて、本当に嬉しいことなんだなと感じました。本庄さんはいかがでしょうか?

 本庄さんー夢があるんです。アウグスティーナの日本版として本物のビールを実現したい。具体的にはまだお話できてないですが、アウグスティーナの想いを体現する。それが夢であり、私のやりがいとなっています。

 お話されているお二人の目がとってもキラキラしていて素敵です。是非応援させてください!それでは最後にこの記事を読んでくださっている飲食店の方にメッセージをどうぞ!

 坂本社長ー歴史が実証済みの本物のビールをお届けします。夢はでっかく、世界を震撼させます。ぜひ、夢を語り合いませんか?ご連絡お待ちしております。

Sample detail

026857148 thumb 236 51ad2c2ed1

アウグスビール

私たちはさまざまなタイプの特徴あるビールを製造から販売まで一貫してプロデュースします。おいしいビールを味わっていただきたくて会社を作りました。 私たちは自分たちの造ったビールに100パーセントの自信を持っています。たくさんの皆さんに味わっていただき、ご判断いただければこんなに嬉しいことはありません。

 この記事をシェア

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2