出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

世界で愛される日本生まれのクラフトビール。

商品へのこだわり18.03.12
far_yeast_brewingzhu_shi_hui_she

"Democratizing Beer"  ビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻すことをミッションとし、日本発のオリジナリティ溢れるクラフトビールを世界中に発信しているFar Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)。今回は代表の山田司朗さんにお話をお聞きしました。

 

 自分のお店の「世界観」に合ったクラフトビールを選ぶのがベスト。

Sample detail

 Far Yeast Brewingで特におすすめの商品はありますか?

 全部自信作なので、すべておすすめです。こういったお客様にはこれがおすすめというのはあるので個別にご提案したりしますが、どれも一生懸命つくっているので、その中でお客様の口に合うものを選んでいただきたいです。 今、通年手に入る定番として出しているのは7種類あるので、この7種類をまずはいろいろと試していただきたいですね。

 瓶のラベルもおしゃれで、お店に置いてあったらついつい目をひかれそうです。 2種類のデザインがあるようですが、この違いは?

 コンセプトの違う、2つのブランドに分かれているんです。一つは、華やかで伝統と最先端が混じり合いながら日々進化していく「東京Tokyo」を表現した “Far Yeast” 。もう一つは、新鮮で独創性に満ちた上質な空間が広がる和の馨るエール “馨和 KAGUA” です。

 Far Yeastはどのようなクラフトビールですか?

 ビールのドリンカビリティとか、カジュアルに飲めるという側面にフォーカスしたビールです。種類はブロンド、ホワイト、IPA、ファイナルカットの4種類が定番であり、それぞれ香りも味わいもスタイルが違っています。

Sample detail

 では、KAGUAは?

 KAGUAはもともと、「和の空間に映える」というコンセプトで作られたビールです。 ビアバーというよりはファインダイニングで食事と一緒に楽しんでもらえるように開発をしています。種類は赤と白、そして最近出したSaison(セゾン)という黄色いラベルのもの、この3種類を定番で出しています。ただ基本は華やかな香りとしっかりしたボディなので、様々な食事に3種類を合わせていただくコンセプトですね。

Sample detail

 それぞれ個性が光っていて、その分いろいろな人やシーンで楽しんでいただけそうですね。

 そうですね。ビールにとても詳しい方、クラフトビールにチャレンジしたい方はもちろん、ビールはちょっと苦手・・という方にも是非試してみてもらいたいです。 いわゆる大手のビールが苦手で普段はワインや他のお酒を選んでいるという方でも、一度試していただくともしかしたら合うかもしれないという思いがあるので。クラフトビールの美味しさに目覚めてもらえたら嬉しいです。

 お客様へより美味しく提供するためのコツがあったら教えてください。

 ちゃんと適したグラスウェアを選んで、グラスの洗浄をやってもらうことだと思います。食洗機を使っちゃうことが多いと思うんですが、食洗機だとスケール(水垢)ができやすいですし、傷も付きやすく、そのために気泡もできやすくなって蟹泡という大きな泡ができてしまうという問題もあるんです。なので、スポンジで丁寧に洗浄してから拭き取りをせずに自然乾燥していただきたいです。ボトルビールの場合は、グラスウェアの選択とグラスの洗浄くらいしか気を使うところがないので、そこさえしっかりできればおいしいビールを飲んでもらえるかな、と思います。

Sample detail

 Far Yeast Brewingのクラフトビールは日本のみならず世界16ヶ国で展開されていますが、海外のお客様に喜んでもらうためにはどのようなものを仕入れるのがおすすめでしょうか?

 どのビールがいいのかを一つに決めるのは難しいんですよね。なので、自分のお店の「世界観」に合ったものを選ぶのが一番だと思います。2020年東京でオリンピックがあるのと、今通貨が安くて海外からのお客様がどんどん多くなってきてるので、調べたり、試したりして自分のお店に合うものを選んで欲しいなと思います。ちなみに、特に欧米の方はクラフトビールに対する知識も豊富で、日本のローカルなビールを飲みたいという方もたくさんいますよ。

 では最後に、クラフトビールを試してみたい・使いたいと考えている飲食店様に一言お願いします。

 クラフトビールは日本のものにしても輸入のものにしても、生ビールではなくボトルビール中心になっていくと思うんですね。生ビールはハードルが高いと思うので、通常のビアバー以外の飲食店様だと缶も含めてボトルビールから始めるパターンが多いと思います。 ボトルビールの方が簡単に始められるので、とりあえずいくつか置いてみる、という感じで様子を見ながらやっていくといいかなと思いますね。クラフトビールって何千種類、何万種類と銘柄があるので、単純にいろんなものを集めようとするとパンクしちゃうので。(笑)クラフトビールの多様性を知ってもらいつつ、その中から一番自分のお店に合うものを見つけていただければと思います。

 

446764285 thumb 236 6bbbfa23cb

Far Yeast Brewing

世界16ヶ国へ日本のオリジナリティ溢れるクラフトビールを発信しています。 展開しているのは、日々進化していく東京をテーマにした「Far Yeast」と和の馨るエール「kagua(馨和)」。ぜひ、クラフトビールの持つ多様性にワクワクしてください。

 この記事をシェア

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2