出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

米粉でつくるからだへのご褒美クッキー。

商品へのこだわり18.02.15
daughter_boutiqu_2

こころとからだに優しいヴィーガンスイーツ専門店「DAUGHTER BOUTIQUE(ドーター・ブティック)」。今回は素材にこだわった様々なお菓子の中から、お店いちばんのおすすめであるグルテンフリークッキーをご紹介します。ひとつひとつ丁寧に人の手でつくっているからこそ、おいしくって安心安全。からだにいいものは味がイマイチ、そんな風に思っている人にこそぜひ一度食べてもらいたい一品です。

 一口食べて「あれ?ふつうにおいしい!」とびっくりするはず。

 DAUGHTER BOUTIQUEのスイーツの中でいちばんのおすすめは何でしょうか?

 グルテンフリーのクッキーですね。今うちがいちばんたくさんつくっている商品です。小麦粉を米粉に置き換えてつくっているんですが、米粉のクッキーって機械でつくりづらいらしいんですよね。小麦粉みたいにグルテンがないし、バターじゃなくて植物油脂をつかっているので生地がボロボロしちゃって機械だと成形がやりにくいんです。だからつくっている工場を探してもほとんどないんですよ。

 でも,DAUGHTER BOUTIQUEはひとつひとつ手づくりだからできるんですね。

 人の手だから、グルテンフリークッキーがつくれるのは強みだと思います。工場でなかなかつくれないしお店でつくるのも大変だから、飲食店さんもどこでつくっていいかわからないんです。

 グルテンフリーのスイーツを探しているお店にとって、とても貴重な存在ですね。クッキーの特徴は何でしょうか?

 小麦粉を米粉にただ置き換えるだけじゃおいしくないんですよ。小麦粉には旨味があるので。米粉はお菓子にした場合に甘さが際立ってしまうので、アーモンドプードル(アーモンドの粉末)を混ぜることによって旨味、香ばしさを出しています。あとは砂糖を使っていないところ。からだにやさしい糖であるメープルシロップで味付けしているのも大きな特徴ですね。

Sample detail

 DAUGHTER BOUTIQUEのお菓子はクッキーに限らず、黒ごま&クコの実や有機黒いちぢく&有機カカオニブなど他にはあまり見ない食材の組み合わせのものが多いですよね。

 組み合わせはインスピレーションです。考えるのが楽しいんですよ。私はお菓子がすごく好きなので、コンビニのものやデパ地下のもの、海外のパティスリーのものなど何でも見て食べて、情報としていろいろ入っている中でふっと思いついたもので、これは見たことないなとか誰もやってないな、というのを商品化していますね。やっぱりまだないものが出したいです。

 見た目もすごく印象的ですよね。とてもかわいらしいです。

 ロゴやラベルも手づくりしていますね。包装資材がかわいいのも大事。マフィンは先にアメリカからかわいいカップを輸入したくらいです。ブランドのイメージカラーは黒とピンク、差し色にするとしたらベビーブルーを使っていて、マルシェなどでは並んでいるだけで「可愛い!」と手にとっていただいています。プチギフトにもいいですし、もうちょっとかしこまったギフトを贈りたい方向けのパッケージも用意していますよ。

Sample detail

 お菓子にも、包装資材にもこだわっているのですね。お客さんからの評判はいかがでしょうか?

 からだにいいって聞いたお菓子食べてみたことあるけどパサパサしておいしくなかったって経験があったり、そういうイメージを持っていたりする方に食べてもらうと「あれ?ふつうにおいしい!」とびっくりされることは多いです。常連さんも多くいらっしゃって、数日間続けて開催されるイベントに出店したとき、常連の皆様が初日に来てくれたのはとても嬉しかったですね。

 とても素敵なエピソードですね。では最後に、キッチンブラザーズを見てくださる飲食店の皆様へメッセージをいただいてもよろしいでしょうか?

 召し上がっていただけると分かると思いますが、本当に普通のお菓子なので、お菓子のラインナップとしてレジ横などに気軽に置いていただけると嬉しいです。コーヒーにも紅茶にも合いますし、中にはワインのおつまみにしている方もいらっしゃいます。このようなからだにやさしいお菓子はなかな売ってないだけで、日本だけでなく海外の方にも求められており、潜在顧客はたくさんいますので、ぜひお試しください。ラベルや値段に応じた内容量の変更、この茶葉を使ってクッキーを作ってほしいなど、お店に合わせて対応いたします!

234353771 thumb 236 f61e05fce6

DAUGHTER BOUTIQUE

2014年8月創業以来、ココロとカラダにやさしい植物性の素材のみを使い、グルテンフリーのお菓子をつくっています。 卸売や百貨店催事、青山ファーマーズマーケットなどへの出店を経て経験を積み、2018年8月には待望の実店舗もオープンしました。(台東区松が谷3-16-8) 卸売ではカフェのイートインでマフィンやタルトが、物販ではクッキーがよく売れています。 カフェのオペレーションでは作るのが難しい焼き菓子でお手伝いできればと思っております。

この卸の詳しい情報はこちら