Today's Set List / Let It Be Coffee

セットリスト
setlistletitbecoffeesetlistletitbecoffee

「知りたいのは、あのお店が選ぶ曲。」

どこかで聞いたことがある曲、なんだかお腹が空いてくるこの感じ。
ふと思い出すのは、わたしの大好きなあのお店。

料理の味、店主さんの人柄、店内の雰囲気にさりげなく交わる音楽は
お店らしさをいつでも引き立たせている。

このお店だからなのか、この音楽だからなのかは分からないけど
お店と音楽がぴったりと合わさっていくのがなんだかおもしろい。

いろんなお店に聞いた“わたしのお店の音楽”をToday's Set Listとして金曜日にお届け。今回は、Let It Be Coffeeさん。Set Listのテーマは『日曜日にお店で流したい曲』

宮崎 哲夫・Motoco

二子玉川にお店を構えご夫婦で営むコーヒーショップ、Let It Be Coffeeさん。いつも眩しい笑顔が溢れるお二人が「人生は一度きりだから、好きな人と好きなことをしたい。」という想いでスタート。元気と笑顔をおすそわけしてくれるお店。

Let It Be Coffeeさんにとって音楽とはどのような存在ですか?

 

BGMは店に纏う洋服のようなもので、店の印象を決める大きな要素になると思います。万人に受け入れてもらえるような音楽が好ましくて、そう考えると僕の個人的な好みの音楽はなかなか流せないですね。
なのでその日の天気や曜日、時間帯、街の流れに合わせて“なんとなく今日はこれを聴きたいなぁ”という感じで選んでいます。あとは奥さんの顔色も伺いながら選曲しています。ロック色の強いものはNGのようです(笑)

音楽で流れを変えることもできて、あまりお客さんが来ないなと思ったときに音楽を変えると、とても忙しくなったりします。お客さんを呼ぶ曲ってあるんです。多分、音楽から「気」みたいなものが発生するんでしょうね。不思議です。

 

Set List - 日曜日にお店で流したい曲

spotifyで詳細をみる

 

 

01 「Too Many Moons」 Owen

spotifyで詳細をみる

American Footballのマイク・キンセラのソロなんですが、彼の曲はとにかく一生聴いていられます。一日中キンセラ関連を聴いてる日もあるくらい好きです。2020年6月の来日がキャンセルになったのが悔やまれます。

 

02 「Paradiso」 Erlend Øye

spotifyで詳細をみる

アーランド・オイエも一生聴けます。歌声が超心地よくて、こんな歌い方ができたらめっちゃモテるんだろうなと思います。

 

03 「Shandes of Blue」 Yo La Tengo

spotifyで詳細をみる

Yo La Tengoはノイジーなんだけど緩い感じがめっちゃいいです。名盤といわれる作品はギターが歪んでるので店では流さないですが、近年の作品はかなりお世話になってます。(昔のアルバムをかけてたら奥さんにそっと変えられました)

 

04 「The Greatest」 Cat Power

spotifyで詳細をみる

アルバムによって作風がだいぶ違って、グランジ臭のある感じが結構好きなんですが、店で流すならまったりしたThe Greatest一択です。

 

05 「kyoto」 Phoebe Bridgers

spotifyで詳細をみる

透明感のある歌声が最高です。今一番ライブで見たいアーティストですが、見たらなんか泣いちゃうかもしれないです。1stは少し暗めな印象でしたが、この新曲はかなりキャッチーでやられました。

 

06 「Burning」 The Whitest Boy Alive

spotifyで詳細をみる

一生聴けるアーランド・オイエのバンド。このバンドは一見クラブミュージックっぽい空気感なんですが、バンドサウンドなところが超かっこいいです。2ndなんかライブ録音の一発録りで制作したらしく、そのエピソードだけでもご飯3杯いけます。

 

07 「Itsallwaves」 Enemies

spotifyで詳細をみる

ポストロックが好きなので、店でかけてたらオシャレだと思うんですが奥さんのウケは悪いですね。たまにうるさかったり、ちょっと暗いらしいです。僕の中でうるさくて暗い音楽といえば、CathedralとかEyehategodなので、基準にかなり隔たりがあるようです。

 

08 「Wonder Why」 Vetiver

spotifyで詳細をみる

基本的にはフォークロックなんですが、この曲は珍しく抜群にポップです。今は暑い時期ですが、Vetiverは肌寒い季節になると聴きたくなります。

 

09 「By My Side」 Ben Harper

spotifyで詳細をみる

初期の頃のしっとりとした曲がめちゃめちゃ渋くてかっこいいです。

 

10 「Stop Playing Guitar」 The Promise Ring

spotifyで詳細をみる

みんなが好きなThe Promise Ringは初期の若さ溢れる感じなんだと思いますが、個人的には最後のアルバムは墓まで持っていく系の名盤です。メロディセンスが抜群でヘタウマなボーカルが超心地いい。

 

 

 

最近の投稿