出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×
  • ホーム
  • ニュース
  • 焙煎所、コーヒートレーニング施設を備えた『ONIBUS COFFEE八雲店』が 5月29日(水)、グランドオープン

焙煎所、コーヒートレーニング施設を備えた『ONIBUS COFFEE八雲店』が 5月29日(水)、グランドオープン

ニュース19.05.29
onibus

HELLO BROTHERS! KITCHEN BROTHERS編集部がピックアップしたニュースをお届け!

“人と人を繋ぐ”をコンセプトに、奥沢、中目黒でコーヒーショップを展開するONIBUS COFFEEが、2019年5月29日、焙煎所、コーヒートレー二ング施設を備えた旗艦店となるコーヒーショップを目黒区八雲にオープンしました。場所は、駒沢通り沿いの閑静な住宅街。今回は、“生産者と消費者”を繋ぐことで自然と食の大切さを伝えながら、地域のコミュニケーションを活発にし、街の価値をあげることを目指した3店舗目となっています。

大型ビンテージ焙煎機を導入

新たに1960年代のビンテージ焙煎機プロバット22kgをドイツより輸入し導入。現在使用しているディードリッヒ12kgと併せてビンテージのマシンを併用し焙煎。

トレーニング施設を併設

宿泊スペースも備えたコーヒートレーニング施設をもうけることで、普段なかなか接点を持つことが難しい遠方のお客様(卸売)との関係性を高め、さらにコーヒーのクオリティやストーリーを店頭やワークショップなどを通して消費者に伝える活動もスタート。

サスティナブル

ONIBUS COFFEEではかねてより、リユース・リサイクルなど自分たちでできる環境に配慮した様々なサスティナブルな取組みが行われており、八雲店では店舗デザインにもサスティナブルを感じられる仕上げを採用。アンティークやビンテージの素材、さらには千葉県香取市にある酒蔵『寺田本家』を解体した蔵の古材を切り出し床材などに使用。焙煎機同様に新しいものと古くからあるものの調和させた今のコーヒーシーンのテクノロジーとアナログの二面性がリンクされた店舗となっています。

〒152-0023
東京都目黒区八雲4-10-20
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休
アクセス:東急東横線 都立大学駅より徒歩15分
     東急田園都市線 駒澤大学駅より徒歩20分

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

 

 

 

420657375 thumb 236 23b07aa626

ONIBUS COFFEE 八雲店(焙煎所)

ONIBUS COFFEEは現地の農園まで足を運び、選び抜いた豆を最大限に活かす焙煎・抽出をしています。 いろいろな国の人たちと関わりから得られる情報量の多さはONIBUS COFFEEならでは。 コーヒーの持つストーリーやクオリティの高さを感じてもらえると嬉しいです。

ショップページへ