Icon alertGoogle ChromeのアップデートによるAndroid端末の不具合について

SERIES

いいお店ってなんですか? ピカソル 桧佐 幸希・野田 りや子

snap_picassol

 

 

 

信頼と愛情。

 

スタッフと信頼関係を築けているかどうか。そして、欠点も含めて商品に愛情を持てているかどうかが一番大事なところかなと思っています。

 

1人でやろうと肩に力が入りすぎて、成果が何も出ないどころか悪い方向にしか物事が進まなくなった時、スタッフに「もうちょっと周りに任せてもいいんじゃないの」と声をかけてもらったんです。それをきっかけに、それぞれの個性を生かしていくやり方を考えてスタッフにちょっとずつ仕事を任せていったら、自分だけでやるよりもはるかに結果が素晴らしくて。
いいお店にするのに一番大切なことは、お互いを高め合って信頼することなんだなと実感しました。

 

それに、ここではお客さまとして商品を食べてみて「美味しかったから働きたい!」っていう、商品が大好きな人たちしか製造に携わっていないんです。うちの商品は添加物が入っていないフレッシュなお菓子なので、賞味期限も短くて量産もできない。
だからこそ、美味しいものがどこでも買える今の時代には貴重で、すごく愛おしいお菓子だと思っています。

 

そうやってスタッフ同士が信頼し合って、「必ず美味しいものを作ろう」という愛情をみんなが持っているお店は、どれだけ大変でも商品のクオリティが守られているなって感じます。

 

 

 

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

 

 

 

あなたにとって、いいお店ってなんですか?

 

 

 

087416577 thumb 236 727c9e6cb5

ピカソル

ピカソルは1人の女性の毎日からうまれました。 野菜や果物、素材の味をしっかり感じられて 毎日食べ続けられる焼菓子はないだろうか? から。今まで。 今や30年の歴史を持つ焼菓子店は 代官山駅程近くの鎗ヶ崎交差点で 今日も素朴なお菓子を焼き続けています。 毎日食べても飽きがこないこと。 おやつにもなるし、食事にもなるもの。 まるでお母さんの手作りのように 一口食べるとほっとする焼き菓子のお店です。

ショップページへ