いいお店ってなんですか?KiKi 千住東の家 高木 正太郎・木皿 千智 | KITCHEN BROTHERS(キッチンブラザーズ)
  • ホーム
  • スナップ
  • いいお店ってなんですか?KiKi 千住東の家 高木 正太郎・木皿 千智
snap_kiki

SERIES

いいお店ってなんですか?
KiKi 千住東の家 高木 正太郎・木皿 千智

 

 

 

その人らしさが滲み出ているお店。

 

空間や置いてあるモノから店主の人柄や好みが垣間見える、極めて個人的なお店がいいですね。

 

究極におもしろい空間は、“家”だと思っています。
誰かに見せるために集めたわけではない、日常的に使っている道具、服や本などからひとりの人間を感じとれるので、家のようなお店が理想ですね。

 

大規模な施設開発に携わった経験があるのですが、大きな組織によるお店づくりは、どうしてもいろいろな面で最適化された空間になってしまうと感じていました。
ひとりの個人から発せられたムラやクセみたいなものが滲み出た、ある種バランスの悪い店の方が、おもしろみがあって記憶に残っていることが多いです。

 

私たちの茶寮も、変にかっこよく見せたりするのではなく、あくまでも自然体で心地よいと思える空間、接客を心がけています。
それに、人と人のつながりによってお店はよりおもしろくなると思うので、お客さんとして来てくれた作家さんに展示会をしてもらうなど、自分たちがいいと思ったモノに共感してくれる人と、その場限りで終わらない関係性を築くようにも意識しています。

 

 

 

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

 

 

 

あなたにとって、いいお店ってなんですか?