出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

SERIES

いいお店ってなんですか? Minimal -Bean to Bar Chocolate- 山下 貴嗣

snap_minimal

 

 

 

そこに行きたくなる明確な理由がある。

 

行きたいなって思える理由が明確にあるお店がいいお店だなと思っていて、その要素って2つかなと考えます。
1つは商品。いいものがあるっていうのはすごく大事で、例えば「美味しいコーヒーが飲みたいときはこの店に行こう」と思うくらい、美味しい商品や特徴的な商品があること。
もう1つはサービス。スタッフのサービスやお店の雰囲気も含めて心温まるというか、「この人に会いに行きたいな」っていうスタッフがいることだと思います。

 

うちのチョコレートはカカオ豆にこだわってつくっていて、その商品の良さをお客さんに“伝える”というより、“伝わる”ようにすることを大事にしています。
マニュアルとか決まったことより「私が食べたときこういう感じで美味しかったんですよ~」って言われた方がお客さんに伝わるのかなと思っていて。 そのために、スタッフがチョコレートを買ったり食べたりして自分の言葉でしゃべれるように工夫しています。
でも、どれだけスタッフから美味しいですよって言われても、やっぱり自分で食べて初めてわかるもの。お客さんがちゃんと自分の舌で味わって判断をするために、試食はいくらでも出すようにしていたいです。

 

僕らとしては商品の良さを想いと個性を持って情報提供して、最終的にお客さんに判断してもらうのが大事かなと思います。

 

 

 

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

Sample detail

 

 

 

あなたにとって、いいお店ってなんですか?