出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

自分の足と舌で確かめ探し求めたマリアージュ、だから自信がある。

造り手たちの想い18.08.31
toukyoujitugyouboueki

常に価格以上の高品質ワインを届けることをポリシーとしている東京実業貿易の代表宮崎さん。試飲会では「なぜこの価格でこんなにクオリティの高いワインを提供できるのか?」と尋ねられることもしばしば。各産地のワインの味わいを自らの足で探し求め、実際に喉を通しセレクトするワインの美味しさと価格のギャップに多くの方が驚きます。そのギャップに隠された宮崎さんの想いや並々ならぬ努力などについてお話をお伺いしました。

 高品質でリーズナブル。それが貿易会社の勲章。

 なぜ東京実業貿易様では高品質でリーズナブルなワインを提供できるのでしょう?

 様々な産地の騎士団を取得しているので多くのコネクションがあります。高品質なものをリーズナブルに提供する。それが貿易会社として一番の勲章ですよ。高いものを高く売るのなんて誰でもできますよね?それなら東京実業貿易では、高品質のワインをリーズナブルな価格で販売しようと思いました。

 騎士団としてのコネクションがあるとのことでしたが、騎士団とはなんですか?

 フランス各産地のワインを普及し、貢献度が高かった人や、今後の普及活動に影響力のある人に騎士団という称号が与えられ、アンバサダーとしてさらなる普及活動に尽力してもらおうというものです。騎士団の称号をいただけるということは、ワインの輸入貿易をしている者からすると名誉あることですし大変嬉しいです。
特にボンタン騎士団は、数ある騎士団の中でも歴史が古く規模も大きいため、ワイン関係者にとってはあこがれの称号。その称号は、日本の著名な方々が授与されています。そして、私は8番目でした。

Sample detail

 8番目!?すごいです!宮崎さんはボンタン騎士団以外にも様々な騎士団の称号をお持ちですよね?

 そうですね。シャトーヌフ・デュ・パプ騎士団は日本人で1番目に私が授与されたと聞きました。この地区のワインはフランスの南の方でも高級なワインを作っていますよ。他にも、コート・デュ・ローヌ騎士団やブルゴーニュメルキュレイ騎士団などの称号をいただきました。地区によってワインの味わいも価格も違うので、その格の違いで称号のレベルも少しずつ変わってきます。

Sample detail

 

 命がけのマリアージュ

 東京実業貿易様が輸入してるワインのこだわりはなんでしょう?

 ただワインを輸入するだけではなくて、料理とワインのマリアージュを考えて輸入することにこだわっています。なぜならワインは、どんな料理を合わせて飲むのかということが一番大事だと思うからです。例えば、ヒラメが有名な地区があるとすると、その地区のワインはヒラメ料理に合うワインなんですよ。地産地消なんです。牛料理にはこんなワインが合うとか、獣臭がするような料理にはこういうワインが合うとかは決まっているんです。
すべてのワインの味わいは違うので、うちでは400種類くらいのワインを取り揃えています。その中の7〜8割はフランスワイン。フランスにはいろんな料理があるので、そのぶんワインと食事のマリアージュもたくさんあります。

 フランス料理は繊細で種類も多いので必然的にワインの種類も増えるのですね!

 我々は実際にフランスに行っていろんなフランス料理を食べます。フランス全土へ行きました。アルザスの3つ星レストランで食事もしますし、3つ星レストランだけではなく5ユーロくらいのランチや、鳥料理など何かに特化している料理も、幅広く食べます。現地の料理を実際に食べながら、そういった食事に合うワインを探してセレクトしています。なので自分たちが提供するワインに自信があります。

Sample detail

実際にその土地の料理を味わってセレクトしたワインはその土地の味にぐんと近づきそうですね。

 一番すごい時で、10日間で3,000kmを食べ歩きました。朝5時に起きて、食べて食べて飲んで夜は6時くらいからシャトーでパーティー。それから生産地に向かい、ホテルへ帰るのは1時頃。それからまた朝5時に起きてというのを10日間毎日続けていろんな料理を食べました。BSE問題の時に骨髄を食べたり、羊の脳みそや顔面も食べましたね。それが私たちの仕事なんです。ただワインを輸入するだけなら誰でもできます、私たちは現地に足を運びあらゆる食べ物とのマリアージュを探してきます。命がけですよね。

Sample detail

 

 「もう1本飲もうか?」そう気軽に言える喜びのために

 様々な食品を恐れずに食べワインをセレクトしているのは、宮崎さんがワインの輸入においてマリアージュが一番大事なことであると考えるからなんですね。
ですが、ワインというとビールなどのお酒に比べ飲まれている量は少ない印象です。

 飲食店さんは売り上げを作るうえでアルコール飲料が重要になってくると思います。だからお酒が高いお店が比較的多いですよね。でもそれはもったいないなと思いますね。私は、たとえ料理が高くてもお酒は安くしてあげるほうがいいのかなと思います。ビストロだとしても料理だけで5,000円〜6,000円くらいだとして、二人で10,000円。ワインが5,000円だったら1万5,000円です。そうすると最初スパークリングや白ワインを頼みたいけど、ボトルで頼むのも金額的に難しいから最後までグラスワインで終わってしまいます。お酒が安ければ、ボトルでワインを頼みやすくなりますし、さらに飲んでいるうちに陽気になってきて「もう1本飲もうか?」「もう一品頼もうか」っていう流れになりますよね。

 そうですね。お酒が安いという飲食店は少ないですね。飲食店でお酒が安いと嬉しいです!

 うちのワインだったら小売価格が安いので、必然的にレストランでお客様も安く飲めると思います。お客様としても嬉しいんじゃないかな?消費者が多いのは、敷居が高いレストランよりもビストロで飲むワインだと思います。うちでも高級ワインは取り扱っていますが、それでも一般的な市場に比べるとリーズナブルですよ。そうすることで高級ワインを飲む機会も人も増えて、そのワインの浸透が早くなると思うんです。うちが高品質なワインをリーズナブルに提供するのは、美味しいワインを多くの人に広めていきたいという想いもあるからです。

 高級ワインもリーズナブルだと今までよりも身近に感じることができます。飲んでみようかなという気持ちになりますね!

 あとは、うちのワインは知名度はないかもしれませんが、掛け率が高いのでワインを頼まれるお客様が増えれば利益は取れると思います。うちには400種類以上のワインの種類があるので、春と秋にメニュー変えをしやすいのではないでしょうか?いくらでも対応できると思います。

Sample detail

 お客様はもちろん飲食店様も嬉しいことだらけですね。また、ワイン王国でミシュラン3つ星のシェフソムリエから評価されたワインをKITCHEN BROTHERSにも掲載いただいていますよね。

 ビニャ・サン・ホセ ブリュットですね。このワインは、1本小売価格が1,200円〜1,300円くらいです。このワインはスペイン産で、ミネラルとイーストの風味そして熟したフルーツのニュアンスです。複雑でありながらクリーンで上品な印象。味わいのバランスがキープされエレガントな余韻が残ります。美味しいものは高いというのは当たり前。その当たり前を覆すのが東京実業貿易です。品質が良いものをリーズナブルに提供することは私たちのポリシーであり、理念なんです。そのためにワインの輸入をしています。

Sample detail

 

 ワインを輸入するだけの会社ではない

 東京実業貿易様でならいろんなワインに挑戦しやすくなります。日常生活の中でもワインについて考えられているのですか?

 いつでも考えています。例えば、午後の3時頃にはこのシャンパンとこれが合うなぁと考えたり、それが夜の10時には合わないとか。冬の午後2時にはこれとこれのマリアージュがいいかなとかですね。
季節と時間も自分なりに決めてみると、そのシュチュエーションがぴたっとハマる時があるんです。テーマのようなもの。これとこれの食べ合わせ自体は合うんだけれど、夏の食べ合わせじゃないということもあります。あとは食べるシチュエーションとかによっても変わってくるので面白いですよ。そういうことばかり考えています。

 宮崎さんがワインを純粋にお好きな気持ちがすごく伝わります。

 ワインの美味しさを知ってほしいですし、気づいてほしいんです。実際に喉に通して飲んでいただいたり、マリアージュとして料理とワインが口の中で合わさった時の味わいの変化なんかを広めていくことは、私の義務のようにも感じています。

 貿易会社としてのポリシーや、自分の足で現地に赴き、自分の舌で最高のマリアージュを探し求めるという騎士団の称号にふさわしい宮崎さんの活動を通して、東京実業貿易様の魅力を改めて知ることが出来ました。
それでは最後に飲食店様にメッセージをお願いします!

 私たちは、ただワインを輸入しているだけの会社ではないんです。実際にフランスやイタリアに行き、その土地の料理を食べてワインをセレクトしている経験を踏まえ、様々なマリアージュについて飲食店の皆様に少しでもお力になれることがあると思います。なので、ぜひご相談いただきたいです。
よく分からないまま知名度だけでワインを選んでしまうのはもったいないです。私たちは、味わいがある高品質でリーズナブルなワインを、皆様のお店の料理や価格帯に合わせご提案することができます!
1+1を3にも5にもするというのが我々の仕事です。

Sample detail

243754446 thumb 236 ddcb4d3d56

東京実業貿易

フランス・イタリア・スペインなどヨーロッパの主要ワインを中心に、味わう喜びをもたらす満足度の高いワインを輸入することを使命としております。 生産者と対話を重ね常に価格以上の高品質ワインをお届けすることを目指しています。

 この記事をシェア

  • Share fb@2
  • Share twitter@2
  • Share line@2