出店卸業者様の利用規約が新しくなりました。詳細はこちら×

サンクトガーレンより冬季限定「ウィンターフルーツタルトエール」が発売中

ピックアップ18.12.19
sanktgallen_20181213

HELLO BROTHERS! KITCHEN BROTHERS編集部がピックアップしたニュースをお届け!

神奈川県厚木市のサンクトガーレンが、冬季限定のいちじくタルトのような味わいのビール「ウィンターフルーツタルトエール」を発売。

▲冬季限定ウィンターフルーツタルトエール

ウィンターフルーツタルトエールは、神奈川県足柄の完熟いちじくをメインに、りんご、ジンジャー、シナモンを使用したフレーバービール。完熟いちじくならではのジャムのような濃厚な甘さにりんごの爽やかな酸味をプラス。更に、カラメル麦芽を特徴的に使った琥珀色のビールにはジンジャー、シナモンが効いており、ジンジャーブレッドのようなスパイシーなタルト感を味わえます。

▲樹上完熟の"あしがらいちじく

今回使われている「あしがらいちじく」の生産地、神奈川県足柄地区は、サンクトガーレンが春夏限定で製造しているオレンジのフルーツビール「湘南ゴールド」の産地のひとつ。そのつながりから、このウィンターフルーツタルトエールは生まれました。本来、いちじくの果実は傷みやすいため完熟状態での流通が難しく、若い状態で流通していることもしばしば。一方で、神奈川県は消費地に近く流通中に果実が傷むリスクが低いため、樹上で完熟した朝採り果実をその日に出荷することが出来ます。このウィンターフルーツタルトエールには、そんな完熟したあしがらいちじくのはねだし品110kgが活用されています。

2018年11月28日から樽生の先行発売がスタートし12月6日よりボトルが発売中。2019年1月頃までの限定商品となっていますので、お問い合わせはお早めに!

562426061 thumb 236 1cee70cc7e

サンクトガーレン

サンクトガーレンが米国でクラフトビールの美味しさに感銘を受け日本でビール造りを志したとき、 日本では小規模ビール醸造が認められていませんでした。だからうちは1993年、米でビール造りを開始。 それが日本メディアで話題に。世論の盛り上がりを受け、翌94年地ビール解禁。 サンクトガーレンがクラフトビールの幕を開けました。

この卸の詳しい情報はこちら